EVENT COVERAGE

グランプリ・台北2016

観戦記事

第12回戦:市川 ユウキ(神奈川) vs. 高橋 優太(東京)

By Masashi Koyama

 互いに名手。

 第12回戦の3番卓で相見えることとなった市川と高橋は、ともに「バント・カンパニー」をこのグランプリに携え、ここまで1敗と順調に勝ち続けている。

 ここで勝利すればトップ8の座がグッと近づく。対戦相手が誰であろうとただ勝ち星を積み重ねるのみだ。

 市川が席についたところで英語版のカバレージライター、シム・チャップマン/Sim, Chapmanが声をかける。

「ハンバーガー買ってくるから、勝った方にあげるよ!」

 どうやら、この試合には決勝ラウンドに向けた貴重な勝利だけでなく、過酷なトーナメントの飢えを満たす食料までもがかかってくるようだ。

r12_ichikawa_takahashi_food.jpg

 達人同士の好試合に期待しよう。


市川(写真左)vs高橋(写真右)。達人同士の一戦が始まる。
ゲーム1

 互いに「グッドラック」と声をかけて、《ヴリンの神童、ジェイス》の鏡打ちでゲームが始まる。

 続く戦力は市川が《巨森の予見者、ニッサ》、高橋が《変位エルドラージ》だが、これに先手の市川が《反射魔道士》でまずはイニシアチブを取る。

高橋「やはり先手だな」

市川「そりゃそうだ。マジックは先手が有利」

 高橋も《ヴリンの神童、ジェイス》を《反射魔道士》でバウンスするのだが、市川がキャストしたのは《集合した中隊》!

 そしてめくれるのは《不屈の追跡者》と、キーとなる《変位エルドラージ》!

 思わず高橋は「これは厳しい」と漏らす。

 高橋は《変位エルドラージ》から《ドロモカの命令》で市川の《変位エルドラージ》を除去するのだが、市川の手からも《ドロモカの命令》が。

 これで高橋の《変位エルドラージ》を除去し、盤面の上では優位を築いたかに見えた。

 だが、高橋も《集合した中隊》。

 これで《反射魔道士》と《森の代言者》を呼び出すと、市川の《森の代言者》をバウンス、さらに《束縛なきテレパス、ジェイス》の能力で《ドロモカの命令》を「フラッシュバック」し、《不屈の追跡者》を墓地へと送りまたも天秤を傾ける。

 市川は《反射魔道士》で高橋の《森の代言者》を戻し、土地を置いて《巨森の予見者、ニッサ》が《精霊信者の賢人、ニッサ》に変身し、これがアドバンテージを生み始める。

 高橋も1ターン遅れで《巨森の予見者、ニッサ》を召喚、変身となるのだが、ここでターンが市川に返る。

 市川は《束縛なきテレパス、ジェイス》の能力で《ドロモカの命令》を対象とし、《森の代言者》をダブルブロックした《薄暮見の徴募兵》と《反射魔道士》を討ち取ると、盤面は市川に傾く。

 高橋の《束縛なきテレパス、ジェイス》が討ち取られ、2枚目の《ヴリンの神童、ジェイス》も《ドロモカの命令》で葬り高橋の追撃を許さない。

 食らいつきたい高橋は《不屈の追跡者》から攻撃、ブロック指定後に《ドロモカの命令》で《不屈の追跡者》と《ヴリンの神童、ジェイス》を格闘させようとするが、ここで市川がニヤリ。

r12_board.jpg

高橋「完璧なブロックだ......(《ドロモカの命令》を)持ってる?」

市川「イエス」

 これで高橋の戦場は壊滅状態になり、市川の《精霊信者の賢人、ニッサ》は奥義が目前に。

 高橋は続く自身のターンで少し考えると「次のゲーム行った方が良いな」とサイドボードに手を伸ばしたのだった。

市川 1-0 高橋


まずは先勝の市川
ゲーム2

 またも鏡打ち。両者《森の代言者》からゲームを開始。3ターン目のアクションはともにゲームを決めうる《不屈の追跡者》と《巨森の予見者、ニッサ》。

 高橋はマナがオープンのままアタック。これが5点のダメージを与え、そのままターンを終了。そして市川のターンエンドに高橋の《集合した中隊》。

 これでめくれたのは《変位エルドラージ》と《反射魔道士》。

 この《反射魔道士》で《森の代言者》が戻されたところで市川も《集合した中隊》を唱えるが、墓地送りになってしまう2枚目の《巨森の予見者、ニッサ》と《不屈の追跡者》と、高橋ほど盤面を変えうる材料を集めることができない。

 これで高橋は全軍で攻撃し、またもマナをフルオープンのままターンエンド。

 高橋のさらなる攻勢を悟った市川はドローを見ると、すぐに3ゲーム目へと移るのだった。

市川 1-1 高橋


すぐさま星を取り返す高橋
ゲーム3

 みたび2ターン目の動きが鏡打ちとなる。互いの初動は《森の代言者》。これに市川が《ドロモカの命令》で先んじるが高橋は《石の宣告》で応じる。

 ここで互いに《集合した中隊》を唱え、市川からは《ヴリンの神童、ジェイス》と《森の代言者》が、高橋からは《不屈の追跡者》と《変位エルドラージ》が戦場に送り出される。

 市川はさらに《巨森の予見者、ニッサ》を呼び出すと、高橋は《反射魔道士》で《森の代言者》を手札に返し、果敢にアタック。まずは市川にダメージを与え始める。

 市川は手掛かり・トークンを生け贄にドロー。《巨森の予見者、ニッサ》を《不屈の追跡者》のブロックに回し、高橋が手掛かりを生け贄に捧げることでチャンプブロックとなる。ここにどんな意図が見えるか。

 高橋をフルタップとさせた市川は《ヴリンの神童、ジェイス》を変身させると墓地の《ドロモカの命令》を再利用し、高橋の《変位エルドラージ》を葬る。例え高橋が手札に《ドロモカの命令》を抱えていようとも、フルタップではどうしようもない。

 だが、攻勢を続ける高橋はこの《変位エルドラージ》を《石の宣告》し、《束縛なきテレパス、ジェイス》を葬りつつ市川のライフを9まで落とし込む。

 市川は《反射魔道士》から《巨森の予見者、ニッサ》。これがすぐさま《精霊信者の賢人、ニッサ》に変身し、「目覚めし世界、アシャヤ」を生み出し市川の盾となる。

 高橋は《精霊信者の賢人、ニッサ》を攻めるが、伝説のエレメンタル・トークンと《反射魔道士》に守られ、これを落とすことができない。

 市川は《精霊信者の賢人、ニッサ》でアドバンテージを取りつつ、《反射魔道士》で6/5の《不屈の追跡者》を戻し、こちらも《不屈の追跡者》を追加。

 高橋は残された巨大な追跡者でアタック。これが《不屈の追跡者》《反射魔道士》、エレメンタル・トークンでフルブロックされたところで《集合した中隊》。

 これは《薄暮見の徴募兵》と《精霊信者の賢人、ニッサ》をめくるのみで劇的な展開は訪れず。

 高橋は先ほど手札に戻された《変位エルドラージ》を再召喚し、盤面の再構築にとりかかる。

 市川は《不屈の追跡者》で《精霊信者の賢人、ニッサ》を落とし、自らも《変位エルドラージ》を召喚。なんとか決め手を掴み、時間内の勝利を目指したいところだ。

 だが、ここで無情にも試合時間終了のアナウンス。

 市川は高橋が《変位エルドラージ》で《反射魔道士》を「ブリンク」した隙にこれを《ドロモカの命令》で打ち倒すが、高橋の手札からはさらなる《変位エルドラージ》が。

 結局、互いに延長5ターン以内で勝負を決め切ることはできず、記録用紙には引き分けが記入されることになったのだった。

市川 1-1-1 高橋

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST