EVENT COVERAGE

グランプリ・神戸2017

戦略記事

「フェアリーマスター」高橋 優太の選択は?

By Sugiki, Takafumi

(本記事はグランプリ本戦1日目に取材した内容をもとに作成しています)

「情が理に負けました。」

 こう語るのは、日本人初の偉業となる、グランプリ・静岡2008、グランプリ・神戸2008と国内グランプリ2連覇を果たした高橋 優太。しかも、いずれもそのシーズンで最強を誇っていた「フェアリー」を巧みに操り、見事栄冠を勝ち取っている。

 そんな「フェアリーマスター」高橋優太は、現在は晴れる屋のプロチーム「Hareruya Pros」に所属し、プラチナレベル・プロとして今シーズンを送っている。しかし、現在のところ、プロポイントは20点と奮っておらず、来季のゴールド以上を確保するために、少しでもグランプリで上位入賞を重ねたいところである。


高橋 優太

情より理。フェアリーをあきらめ、青黒コントロールへ。

 モダンは、レガシーと同様にカードが禁止カード制定以外では使えなくなることはないため、ひとつのデッキを使い込むプレイヤーが多い。そんなレギュレーションであることをもって、モダンは「情」と呼ぶ人も多い。

 2011年にモダンが制定されて以来、「フェアリー」のキーパーツである《苦花》は、そのスタンダード時代での活躍ぶりから、ずっと禁止カードに制定されていた。それが、他のデッキパワーが強化されたことに伴い、禁止解除されたのが2014年。以降、ずっと「フェアリー」をモダンで使用する機会を伺ってきた高橋。

 そんな高橋が一言目に発したのが、

「情が理に負けました。フェアリーはあきらめです。今日はフェアリー崩れの青黒コントロールを使っています。」

 なんということだろうか。あの、フェアリーマスターが、グランプリの戴冠を二度共にしたデッキを諦めるとは。その理由を高橋に聞いてみた。

「最初はやっぱり、フェアリー好きだし、フェアリーで勝った神戸という地だしということで、フェアリー使ってたんですよ。
 ただ、やっているうちに、カードパワーの高いモダン環境では、《ヴェンディリオン三人衆》で相手の手札のいちばん強いカードを抜いても、それでドローされるカードが強いし、《霧縛りの徒党》は《沸騰する小湖》のようなフェッチランドを起動してからの《致命的な一押し》の格好の的になるので。」

もはやモダンのカードパワーには太刀打ちすることができないフェアリーたち

「そうなると、必然的にそのあたりのフェアリーパーツが抜けていき、最終的には、青黒コントロールのような形になりました。」

 そう語る高橋が今回使用しているデッキは、下記のような形となっている。

高橋 優太 - 「青黒コントロール」
グランプリ・神戸2017 / モダン (2017年5月27~28日)[MO]
3 《
1 《
2 《湿った墓
4 《汚染された三角州
1 《溢れかえる岸辺
1 《沸騰する小湖
4 《闇滑りの岸
4 《忍び寄るタール坑
4 《変わり谷

-土地(24)-

4 《瞬唱の魔道士
3 《呪文づまりのスプライト
1 《黄金牙、タシグル

-クリーチャー(8)-
4 《祖先の幻視
4 《致命的な一押し
4 《コジレックの審問
4 《苦花
4 《差し戻し
4 《謎めいた命令
4 《ヴェールのリリアナ

-呪文(28)-
1 《ワームとぐろエンジン
4 《儀礼的拒否
2 《集団的蛮行
2 《滅び
4 《虚空の力線
2 《地盤の際

-サイドボード(15)-

 フェアリーパーツが抜け、フェアリーは3枚の《呪文づまりのスプライト》と《苦花》4枚だけ。代わりに、《ヴェールのリリアナ》が4枚入っているのが特徴的である。

盤面のコントロール力に定評があるリリアナ

 この形には1か月ほど前に落ち着き、Magic Onlineリーグでは、5-0はできないものの、安定して4-1を続けており、高い勝率を保つことができているとのことだ。

 このデッキで、高橋は先ほどの話にもあったとおり、除去と1対1交換してしまうようなカードは極力デッキから排除し、構造として1対2を取り続けられる構成を目指している。

 また、中速より遅めのデッキは、土地を多く引きすぎる、いわゆる「フラッド」という現象にどう対処するかが鍵となるのだが、《忍び寄るタール坑》、《変わり谷》が4枚ずつ入っており、フラッドに対する受けもきちんとできている。

8枚の「ミシュラランド」が貴重なフィニッシャー

苦手なデッキを明確に意識したサイドボード構築

 サイドボードに目を移すと、このデッキは何が苦手であるのかが明確に判る。《儀礼的拒否》はエルドラージを対策している。《虚空の力線》は発掘などの墓地を活用するデッキ対策だ。高橋いわく、発掘は逆立ちしても勝てないため、この《虚空の力線》は4枚固定のパーツであるとのことだ。

 その他は、赤バーン対策の《集団的蛮行》、《地盤の際》はエルドラージ、青白コントロールなどの土地が強いデッキ相手にサイドインする。《ワームとぐろエンジン》は消耗戦になる緑黒系のデッキなど全般に入れ、エルドラージ相手では、《精霊龍、ウギン》で除去されない盤面を制圧するに足るカードである。


フィーチャー席で奮闘する高橋 優太

 また、サイドボードを含めて《思考囲い》が1枚も入っていないのは特徴的である。これについて高橋は、ライフの水準を少しでも高く保つことが青黒コントロールではカギとなり、それを意識した結果、手札破壊はすべて《コジレックの審問》にしたとのことだ。

 来季のゴールドレベルを確保するためには、このグランプリ・神戸2017での加点が少しでも欲しい高橋。本グランプリでの活躍に期待したい。

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST