EVENT COVERAGE

グランプリ・神戸2015

観戦記事

第13回戦:松本 悠希(東京) vs. 高平 俊輔(愛知)

By Sugiki, Takafumi

 第13回戦を迎え、土のついてないプレイヤーはついに2人のみとなった。その2人、1分けの松本 悠希(東京)と全勝の高平 俊輔(愛知)の対戦をお送りしよう。松本はグランプリ・千葉2015優勝の松本 友樹(東京)とは同姓同名の別のプレイヤーであるが、こちらも関東では強豪として注目を集めている。一方の高平は名古屋を中心に「SO COOL」というチームを組み活動しているとのことだ。

r13_matsumoto_takahira.jpg
ゲーム1

 ゲーム開始前のデッキシャッフル時、ジャッジが2人に「デッキチェックです」と声を掛ける。グランプリのように競技レベル以上の大会では、大会の公平性を保つ意味でも、不正なデッキリストでのプレイをしていないかを大会のいろいろなタイミングでチェックすることがある。ジャッジがデッキチェックを行う間、松本と高平はトップ8ラインについてなど談笑する。

 10分ほどしてジャッジが戻ってきて、松本に声をかける。松本はデッキリストの書き間違いがあったとのことで、マジック違反処置指針の「3.5.イベント上の誤りーデッキ/リストの問題」に従い、【ゲームの敗北】が与えられた。

松本 0-1 高平

 ジャッジはさらに、説明を続ける。松本のゲームの敗北に伴い、ゲーム2は松本に先手後手を決める権利があること、ならびにゲーム2においてはサイドボードの使用ができないこと、デッキチェックに要した12分の延長時間が与えられること等。一通りの説明を聞いた後、2人のプレイヤーは黙々とシャッフルを行い、2ゲーム目が始まった。

ゲーム2

 ゲーム2も松本の不運は続く。ダブルマリガンに見舞われ、5枚の手札をキープする。対する高平もマリガンを。

 松本はすぐに土地をプレイしかけるも、高平に促されマリガンによる占術を行い、トップのカードをライブラリーの底に。高平もライブラリーの底に送り、ゲームがスタートする。

 高平がプレイした《搭載歩行機械》は、松本が《絹包み》。高平の3ターン目の変異クリーチャーに対して、《破滅の道》をプレイしたい松本であるが、《大草原の川》、《》、《大草原の川》につづいて4ターン目にプレイした土地は《窪み渓谷》がタップイン。松本は《破滅の道》をプレイすることができない。高平の変異はおそらく《棲み家の防御者》であり、ダメージを受けることと、カードアドバンテージのチャンスを許してしまう。

 高平の攻め手は止まらない。まずは変異クリーチャーで攻撃を行った後に、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》で[0]能力を使い、2/2の騎士・同盟者・クリーチャー・トークンを戦場に。

 松本は《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》が与える影響を最小限に留めるため、《完全なる終わり》を《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》に対してメインでプレイする。そして5枚目の土地となる《乱脈な気孔》をプレイしてターン終了。松本の手札には《龍王シルムガル》が控えており、6枚目の土地を引き込めれば一気に逆転ということも考えられる。

 高平にターンが戻り、まずは2/2トークンと変異で攻撃。これで松本のライフは12。高平の手札には《包囲サイ》、《始まりの木の管理人》などがあり、《命運の核心》をプレイされることもケアしながらこのターンのマナの使い方を考える。選んだ選択肢は《始まりの木の管理人》をプレイし最初の能力を使うというものであった。

 松本の引いたカードは6枚目の土地ではなく、《ヴリンの神童、ジェイス》。これをプレイしつつ、《破滅の道》で《棲み家の防御者》を除去する。

 高平はここからは詰将棋。《究極の価格》で《ヴリンの神童、ジェイス》を除去し、《乱脈な気孔》を起動して2/2トークン、3/3の《始まりの木の管理人》とともに攻撃し、これで松本のライフは残り5。

 松本は《龍王オジュタイ》をプレイしてターンを返すのみで、高平は2/2トークンと3/3の《始まりの木の管理人》で再度攻撃し《始まりの木の管理人》が《龍王オジュタイ》にブロックされて、松本のライフは残り3。

 《包囲サイ》がぴったりそのライフを削りきった。

松本 0-2 高平

 高平が全勝を堅持。2戦を残してほぼトップ8を確定させた。

  • この記事をシェアする