EVENT COVERAGE

2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)

トピック

マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019出場選手紹介

Wizards of the Coast

2019年12月8日

 

 今シーズン最大のマジックのイベントである「マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019」が、来年2月にホノルルにて開催されます。マジック史上最高額の優勝賞金300,000ドルを含め賞金総額100万ドルを懸けて行われるこの大会では、世界最強――すなわち「世界王者」を決するべく、今年最も優れた成績を収めたプレイヤーたちが競い合います。

World-Championship-XXVI-16-Players.jpg

 マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019に出場する16名の選手たちをご紹介しましょう。

ハビエル・ドミンゲス/Javier Dominguez

ハビエル・ドミンゲス

 ミシックチャンピオンシップ優勝、世界選手権準優勝、そして現在の「世界王者」。彼が成し遂げていないことがあるでしょうか? 彼は間違いなく現役のマジック・プレイヤーで最強の一角であり、過去に前例のない「世界選手権3大会連続決勝進出」はもちろん、2期連続で世界王者の座を射止めることが期待されています。

オータム・バーチェット/Autumn Burchett

オータム・バーチェット

 オータム・バーチェットは、初のミシックチャンピオンシップ王者です。2019ミシックチャンピオンシップⅠ(クリーブランド)で優勝し、MPL選手の一員になる前も、バーチェットはイギリスの国別選手権で2回の優勝経験を持っています。2019年シーズンを通してプロシーンで安定して結果を残してきたバーチェットは、ハワイの地でも代名詞となる「すべて異なるアートの基本土地を使う」プレイスタイルを披露することでしょう。

イーライ・ラヴマン/Eli Loveman

イーライ・ラヴマン

 ラヴマンは2019ミシックチャンピオンシップⅡ(ロンドン)で手に汗握る決勝戦を制し、「ミシックチャンピオンシップ王者」のタイトルを獲得しました。ですが彼は、普通の王者と異なり、世界選手権でプレイできることをボーナス・ステージであると考えています。カリフォルニア南部で商売を営んでいる家族を手伝う彼にとって、世界選手権の舞台は彼のマジックのプロ・キャリアにおける通過点といった大仰なものではありません。再びマジック界の偉人たちを倒して、トロフィーを掲げるチャンスというだけなのです。

マティアス・レヴェラット/Matias Leveratto

マティアス・レヴェラット

 2019ミシックチャンピオンシップⅢ(MTGアリーナ)におけるレヴェラットの下馬評を覆す勝利は、マジックの伝説に刻まれています。彼がプロツアー参加者であったのは過去の話で、ラスベガスの地で行われる2019ミシックチャンピオンシップⅢ(MTGアリーナ)の参加権利を得た彼は、その舞台をマジックとの最後の別れの地にするつもりでした。しかしレヴェラットは、決勝でMPL選手のブラッド・ネルソン/Brad Nelsonを下し優勝を果たしたのです。久しぶりの勝利とはいえ、彼の10年間にわたる経歴は見事な戦績で彩られており、大きなものが懸かるハワイでの大会にも恐れることなく立ち向かいます。

トラルフ・セヴラン/Thoralf Severin

トラルフ・セヴラン

 「Toffel」ことトラルフ・セヴランは、スポットライトが苦手な選手です。彼自身はカメラの外でマジックを楽しむ「Arena Boy」なのですが、しかしテーブルトップのマジックで行われた2019ミシックチャンピオンシップⅣ(バルセロナ)で優勝を成し遂げる快挙と、世界選手権2019への出場によって、彼がカメラから逃れるのは不可能になりました。大舞台で最高の相手を打ち負かせることをすでに証明している彼ですから、「2度目はない」などとは到底言えません。

ジャン=エマニュエル・ドゥプラ/Jean-Emmanuel Depraz

ジャン=エマニュエル・ドゥプラ

 世界選手権2019の出場選手たちの中で、最もユニークな道をたどって来たのはドゥプラで間違いないでしょう。他の選手たちはみなミシックチャンピオンシップで優勝したり、ポイント・レースで勝利したりして参加権利を掴みましたが、ドゥプラの場合は2019ミシックチャンピオンシップⅤ(MTGアリーナ)で現世界王者のハビエル・ドミンゲスが優勝したため権利の繰り下がりが発生し、「準優勝」で世界選手権の席を手にしたのです。だからといって、決して彼を侮ってはいけません。ドゥプラはMPLで常に好成績を残しており、あのとき逃した優勝トロフィーを世界選手権という大舞台で手にするチャンスをものにしようとしています。

オンドレイ・ストラスキー/Ondřej Stráský

オンドレイ・ストラスキー

 ストラスキーは引退を撤回し、世界選手権2019への参加を決めました。真面目な話、ストラスキーはわずか数年前に競技引退寸前のところから、2019年シーズンに再び大活躍を見せました。彼を含む「チェコの家」のメンバーは恐るべき力を持っており、常にスタンダード環境を打ち破るデッキを世に送り出してきました。この1年の集大成まで、あと一歩です。

ピオトル・グロゴウスキ/Piotr Głogowski

ピオトル・グロゴウスキ

 「Kanister」ことピオトル・グロゴウスキは、対峙した相手との対戦を楽しみながらも2019年シーズンのMPLで上位に登り詰め、世界選手権2019に挑むことになりました。2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)では、MPLエルドレイン・スプリットでのディビジョン優勝から全勝でトップ8入賞、そして優勝、とお手本のように完璧なパフォーマンスを見せてくれました。彼は1マッチも落とさずその名をマジックの歴史に刻み、マジック最高のタイトルを懸けた戦いへの参加権利を獲得したのです。

ラファエル・レヴィ/Raphaël Lévy

ラファエル・レヴィ

 レヴィは誰よりも長く競技の舞台に立ち続けています。この殿堂顕彰者はプロツアー連続出場回数の記録を有しており、その記録が途切れたのも、息子が生まれた日に重なった1回だけ「出場辞退」したのみです。彼は人生最大のトーナメントにプレッシャーを感じながらも、ハワイの地で、そしてマジック・プロリーグで、その才能を発揮することでしょう。

クリス・カヴァルテク/Chris Kvartek

クリス・カヴァルテク

 今シーズンの期待の新星たるカヴァルテクは、2019年に世界中を股にかけてテーブルトップとMTGアリーナの両方で安定したパフォーマンスを見せ、マジックのプロ・シーンへ爆発的に躍り出ました。彼は今年「2連続でMTGアリーナ予選を突破」という誰も真似できないような偉業を達成し、ミシックチャンピオンシップに2回出場しています。1年間を通した活躍で積み上げたミシック・ポイントにより、彼は「挑戦者」の上位4名の枠で世界選手権2019の舞台へ上がることになったのです。

セバスティアン・ポッツォ/Sebastian Pozzo

セバスティアン・ポッツォ

 アルゼンチン出身のポッツォは、すでに世界選手権の舞台を経験しています。長年にわたって構築最強プレイヤーの1人と評価されていた彼は、世界選手権2017に出場したのです。2019年に再び目覚ましい活躍を見せたポッツォは、獲得ミシック・ポイントにおける「挑戦者」の上位4名の枠で世界選手権出場を決めました。今年の彼は、2019ミシックチャンピオンシップⅤ(MTGアリーナ)2日目進出、2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド)ではトップ8入賞と、とりわけテーブルトップでの活躍が光ります。これらの好成績により、彼は再び世界選手権の舞台に立つことになったのです。

マルシオ・カルヴァリョ/Márcio Carvalho

マルシオ・カルヴァリョ

 再び力強くシーズンを突き進んだカルヴァリョが、世界選手権の舞台に戻ってきます。トップ8入賞9回はプロ・プレイヤーの中でも特に輝かしい戦績であり、今シーズンはテーブルトップとMTGアリーナの両方のミシックチャンピオンシップでその熟達した技術を見せつけました。彼は今年、獲得ミシック・ポイントにおけるマジック・プロリーグの上位4名の枠を勝ち取りました。名だたるプレイヤーたちを相手に成功を収めた彼は、来年に2月にホノルルで行われる世界選手権2019への切符を手に入れたのです。

ガブリエル・ナシフ/Gabriel Nassif

ガブリエル・ナシフ

 ナシフは、20年にわたるプロ人生を送り殿堂顕彰を受けた者として、マジック史上最も多くの物語を紡いできたプレイヤーの1人です。しかし彼は2019年にも、新世代のプレイヤーたちと渡り合えることを証明しました。彼はフルタイムの配信者となり、MTGアリーナのイベントで安定した好成績を重ねる見事なパフォーマンスを見せて、世界選手権への道を切り開いたのです。世界選手権2019出場の決め手となった、2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)2日目の快進撃とトップ16入りも、観る者を魅了しました。

セス・マンフィールド/Seth Manfiel

セス・マンフィールド

 かつて世界王者の座を獲得し、昨年殿堂顕彰も受けたマンフィールド。「マジック最高の栄誉を手にした者はその後ペースが落ちる」とよく言われますが、彼には当てはまらないようです。彼はそれからも、ミシックチャンピオンシップとMPLを股にかけて結果を残し続けています。2019年シーズンは2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)でトップ8入賞を記録し、2本目の世界選手権優勝トロフィーを掲げるチャンスを手にました。

アンドレア・メングッチ/Andrea Mengucci

アンドレア・メングッチ

 メングッチは「ミシックインビテーショナル」の優勝で2019年を滑り出し、当時史上最高額だった優勝賞金250,000ドルを手に「MTGアリーナの顔」としてプロ・マジックの新時代の到来を飾りました。そして今年最後の大会となる2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)でもトップ8入賞を達成し、世界選手権2019への参加権利を獲得。さらに更新された最高額の優勝賞金を手にするチャンスを求め、ハワイへ向かいます。

パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ/Paulo Vitor Damo da Rosa

パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ

 数か月前は、世界選手権2019の席をめぐるポイント・レースにこの殿堂顕彰者の名はありませんでした。また彼自身も、2020年も引き続きMPLに所属することを目標に戦っていました。そしてシーズン終盤、ダモ・ダ・ロサは2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド)で決勝まで進出すると、直後の2019ミシックチャンピオンシップⅦ(MTGアリーナ)でも再びトップ8入賞を記録します。こうして筋書きはひっくり返り、彼は自身が望んだMPL継続だけでなく、彼が唯一獲得できていないタイトルが懸かった最高の舞台――「マジック:ザ・ギャザリング世界選手権2019」への参加権利をも手にしたのです。

(Tr. Tetsuya Yabuki)

  • この記事をシェアする