マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

Magic Story -未踏世界の物語-

author_pic_kimberly_kreines.jpg

エムラクール、来たる

Kimberly J. Kreines / Tr. Mayuko Wakatsuki / TSV Yohei Mori

2016年6月20日

原文はこちら

 前回の物語:石と血と

 イニストラードの狂気は山場を迎えていた。ジェイスとタミヨウの二人はソリンとアヴァシンとの対峙を、そしてその吸血鬼が天使を破壊する様を目撃した。アヴァシンの最期とともに、イニストラードの全てが震えた。今やこの次元は庇護者を失い、世界そのものと彼方よりの脅威の両方にさらされている、ナヒリが望んだように。何かの鳴動が全土で感じられ、そしてそれは狂気に対抗しようとする僅かな心をも震わせる。


セルホフの断崖にて

 ナヒリは多くの仕事を成し遂げた。

 彼女はバーラ・ゲドの塵の中で立てたあの誓いを守った。指の爪と衣服の奥深くには今もその塵があった。あの風景を思い出させるために残していた。ゼンディカーを離れて以来すっと、彼女は怒りに焚き付けられるがままに、一日も一時も休むことなく昼夜を突き進んできた。力を振り絞り、久遠の闇に手を伸ばしてはうねる霊気に指先を焼かれ、石に汗し、これまでにあえて振るおうとした以上の強力な、そして記憶よりも十倍も困難な魔法で石に勤しんだ。だが一度たりとて不平を言わず、つまずきもせず、休息すらしなかった。そして今、ついに、報われようとしている。仕事が報われる時が来るのだ。そして、ソリンにもまた。

 イニストラードの最後の防壁は崩れ去った。ナヒリはその最後の一片が払われるのを感じた、まるで戦闘の後に兵士が重い板金鎧を脱ぐように。この世界は裸で無防備となった。だが今回ばかりは、戦いは終わっていない。始まったのだ。

「ゼンディカーが血を流したように、イニストラードもそうなるでしょう」 ナヒリは固唾を飲んだ。足元の地面が揺らいだ。次元は脈動を開始し、振動が広がった。まるで爆発の連鎖反応が地下深くで音を立て、夜へと響き渡るように。ソリンも感じているだろう、その考えにナヒリは大いなる満足感を得た。「来なさい!」 彼女は空へと叫んだ。「私のもとへ。イニストラードへ!」


《ねじれ地帯/Warped Landscape(SOI)》 アート:Cliff Childs

 そして彼女は感じた。一つの存在を。

 大気は熱を帯びて黙り、ナヒリはそれを深呼吸した。そう。この匂いはとてもよく知っていた。この数世紀の間感じていなかった激しい興奮が押し寄せた。彼女は崖の先端へと駆けた。両脚はよろめき、心は心臓の高鳴りと弾む足取りを抑えきれなかった。

 彼女は水面を見た。その神のために建造した寺院を。それはもはや無人ではなかった。目の端に涙が浮かび、だが彼女はそれを拭った。今はまだ泣く時ではなかった。「私が嘆いたように、ソリンも嘆くことでしょう」

 水面下の姿が膨張し、波が立ち、そして水面が破られようとした。ついに。時が来た。

ガヴォニーの荒野にて

 時が来た。祈る時が。

 大天使アヴァシン様。お母さんは言っていました、もし怖い時には祈りなさいと。怖いんです。


アート:Dan Scott

 ぎらつく刃と堅固な鋼の鎧の聖戦士に挟まれながらも、メイリは怯えていた。孤独を感じた。

 あの日、恐ろしい天使が村に飛んできて炎の雨を放ち、逃げ出してからずっと一人だった。彼は母親が告げたように森の中へと逃げ、村へは戻らなかった。戻りたいとは百度も思った。だが何があっても戻らないようにと母は言っていた、そしてその両目は彼が見たこともないほどに深刻だった。その言葉通りにするのが良いと彼は考えた。だが今、彼はそうしなければよかったと思っていた。家に帰りたかった。

 彼は灰色の髪のとある老女がくれた兎のぬいぐるみを抱きしめた。その人は森の中で彼を見つけ、菓子と古いパンの匂いのする家へと連れて行った。サディー婦人と呼ぶようにと、そして好きなだけここにいても良いとその老女は言った。だが彼は決してそれを求めてはいなかった。

 大天使アヴァシン様。おうちへ帰りたいです。お願いです。おうちへ帰れますか?

 返答はなかった。代わりに、のたうつ太い腕が聖戦士の剣の隙間へと伸ばされた。あの夜、夕食をとっていた時にサディー婦人の胸から弾け出たそれと同じ、のたうつ腕だった。あの時、メイリは自分の椅子が震えているのを感じ、開いた雨戸から甘すぎる飲み物のような匂いとともに突風が吹き抜けた。サディー夫人の胸が割れて開いた時、彼は匙を口に含んで口一杯の薄いシチューを飲み込もうとした所だった。そのほとんどが鼻から噴き出し、頭と目の奥が焼け付くようだった。彼は叫んだ。サディー婦人の多すぎる腕が迫ると、涙が頬を流れ落ちた。

「下がれ!」 聖戦士達は丈の高い草の中で動き、腕を一本また一本と切り裂いた。一本がメイリの足元に落ちた。それを見下ろすと、彼の内がよじれて身悶えした。本物の腕、メイリはそう確信できた。あの老女が着ていた黄色い上着の切れ端が、そしてもっと向こうには、あの人の大きな茶色の、毛むくじゃらのモグラが彼へと目を見開いていた。

 涙が頬を伝い、メイリは兎のぬいぐるみに顔をうずめた。『アヴァシン様、お願いです』 かつて一度、その天使が来てくれた事があった、助けてくれた事があった。迷子になり、怯えていた時に。助けて欲しいと強く祈ったから、アヴァシン様が無視できないほどに強く祈ったから来て下さった、母はそう言っていた。他よりも強く祈ることがどれほど難しいのかは、メイリはわからなかった。アヴァシンが無視できないほどに強く祈るにはどうすればいいかわからなかった。だが試してみなければいけないとは知っていた。彼は祈りの言葉を叫んだ。声の限りに大きく、湿ってもつれた兎のぬいぐるみの毛皮へと、声の限りに。「お願いです、アヴァシン様! 助けて下さい!」

「アヴァシンはいない!」 その声はメイリの胃袋を冷たく突き刺した。そして氷のような恐怖が漏れ出し、脊髄から首の後ろへと染み出ていった。まるで冷たい指のようにそれは頭蓋の下に届き、頭を掴んで両目を空へと向けさせた。

 天使がいた。


《天使の粛清/Angelic Purge(SOI)》 アート:Zezhou Chen

 束の間の一瞬、希望がメイリの心臓に跳ねた。希望、だが嘘の希望だとわかっていた。頭上の天使はアヴァシンではなかった。

「あの御方はここに」 その天使は言って、メイリの目をまっすぐに見つめた。「あの御方が来られるのです! 来られるのです!」 その天使は首をのけぞらせ、空に満ちる鋭い笑い声を上げた。そして唐突に笑いを止め、まるで宙で凍り付いたように静止した。「我は――我はエムラクール!」 天使は急降下し、前方へと剣を振るった。メイリは目を固く閉じた。『お願いです』

ネファリアの沿岸にて

『どうか。どうか私をお選び下さい』 エディスは濡れた滑らかな岩に足指をかけ、足がかりを確かなものとした。彼女は今、近づける限りの場所にいた。到来まで、相応しい時にまで近づける限りの場所にいた。それでも、もっと近づきたかった。

『どうか、私をお選び下さい』 自分は敬虔な存在、そう示してきた。最も敬虔な存在だと。「最も敬虔なる者を」

『私をお選び下さい』 フードの下から彼女は両脇を盗み見した。よし。隣の岩に他の信者はいなかった。自分の方が高くに立っていた。誇らしく。自分の場所には他に誰もいなかった。これほど近づいている者は誰もいなかった。自分が最も近かった。「最も近い者を」 更に近づきたかった。

「私を! 私をお選び下さい! 私を、エムラクール」 彼女は両腕を高く掲げ、空へと広げ、来たる存在へ向けて自身を開放した。

 波が彼女へと弾けた。感じられた。時が来た。


アート:Joseph Meehan

「エムラクール!」 水のうねりとともにその名が、力が、充足が彼女の内に広がった。「エムラクール!」 その存在の完全さが彼女を抱擁し、絡まり、彼女となった。海は空高くへと持ち上がった。「私をお選び下さい、エムラクール。お連れ下さい。エムラクール」

 他の声が背後から上がった。彼女とともに詠唱し、同時に赤紫色の輝きが水面下に脈動した。「お選び下さい、我がエムラクール。お連れ下さい、エムラクール。我はエムラクール」

 その輝きは次第に強まり、明るさと力を増し、そして確固として揺らぐことのない光と化した。足指で足がかりを探し、エディスは岩の上でにじり寄った。彼女が最前列だった。一番近く。もっと近く。それでも近く。

 周囲では、よじれた巨石の柱が夜の中に火花を発していた。紫色の力の稲妻がその尖った先端から放たれ、一つから隣へ、そして更に隣へと飛んだ。女神の力。この全てが女神の力。全てが女神。もっと近く。もっと。


アート:Jaime Jones

 盛り上がった水面が砕け散っては跳ね返る波を送り出した。もはや海と陸に違いはなかった。エディスは更に近寄った。一番になった事などなかった。最高などなかった。一度もなかった。だがそれは重要でもなかった。重要なのは今、そして自分は今。何よりも。最も近く。最も高く。「我はエムラクール!」

 海から、大爆発とともに何かが空へと放たれた。太い石柱のようなものが空へ、震えながら昇って行き、震えながら、崩れながら同時に成長し、混沌が動き、そして時が止まったかのように凍り付いた。まるで、岩山の断崖が空に浮かんでいるかのようだった。その下から、鳴動が起こった。

 エムラクールが現れた。


アート:Tyler Jacobson

 エディスは胸から弾け出るむせび泣きを抑えきれなかった。彼女の声は女神の力の波動とともに膨れ、そして女神を取り巻く共鳴へと、完全に溶けた。

 エムラクールは目の前のエディスを見た。女神はエディスを一つの巨大な、赤紫色に輝く瞳で見下ろした。

 そしてエディスもエムラクールを見た。彼女は見つめ、その輝きの中に立ちすくみ、女神の存在の中へ、深く深くへと落ちていった。見るものは、至るものはあまりに多すぎた。自分は選ばれたのだ。「我はエムラクール」

 彼女は更に近寄った。

ウルヴェンワルドの奥深くにて

 彼女は更に近寄り、背中をアレイナのそれに押しつけた。二人は背中合わせで囲まれていた。ハルは諦めたいと、地面に屈したいという衝動に駆られた。だがそうではなく、彼女はアレイナの逞しい腕が放つ熱に、病的に冷たい自身の皮膚に感じるそれに集中した。そして彼女はこの世界が崩壊の瀬戸際になどないかのように振る舞った。「どこから始めようか?」 彼女は肩越しに、何気ない口調で問いかけた。

 一歩また一歩と二人はその場で旋回し、目の前にある仕事を見積もった。彼女らはウルヴェンワルドの木立の中にいたが、そのウルヴェンワルドは二人が知る森ではなかった。全てがよじれ、おぞましいものと化していた。木々には長く細い腕が生え、伸ばされてハルの髪を引き抜こうとした。茨には口が生えてわめき叫び、苔には脚が生え、駆け回る鼠のように自ら移動した。そして今や町民すらも、森に属さない者も威圧的な力に屈し、ハルがかつて知る最悪の怪物よりも遥かに悪いものと化してしまっていた。

「あの町人からがいいんじゃない?」 アレイナが言った。

 ハルは頷いた。

 そこに三人がいた。あまりの変貌に、人間としての姿はかろうじて認識できる程度に過ぎなかった。

「来たれエムラクール。エムラクールであれ」 彼らは声を上げた。

 ハルは彼らの言葉に引き寄せられるものを感じた。ハルを唆す呼び声に彼らは屈服したのだ。彼らは地面に倒れ、もはや相手をする必要はなかった。

「エムラクールとなれ。我らエムラクール」

 ハルの両耳が鳴り、自身の内に這う感覚があった。とても簡単なことだろう、こうして――『駄目!』 アレイナの安定した心拍が、否と言っていた。

「私はあの跳ねてるのを。あなたはあの太ったのを」 アレイナの言葉は流暢だった、変わることなく。

 ハルは喉の圧迫感と脳内の緊張を無視しようと努めた。「いい考えね」 試そう。戦おう。彼女は剣を掴み、不明瞭な詠唱から心を閉ざした。太ったのを。彼女はその太った町民人へと集中し――そして唖然とした。

「アレイナ、アレイナ、あれ――」ハルは言い終えることができなかった。

 アレイナは一瞥した。「コルマン長老。天使よ、あの人を救い給え」


アート:Dan Scott

 ハルは眩暈に襲われた。視界がぼやけた。ありえない。

「エムラクールとなれ」 その老いた忌まわしきものはよろめき進み出た。ハルはかろうじて剣を振り回し、その枝分かれした太い腕を防ぐことしかできなかった。

「来たれエムラクール。エムラクールであれ」 コルマン長老の言葉がハルの動転する心に転がった。一体どうしてこのような怪物に? 彼女がかつて知る姿とは似ても似つかなかった。

 彼は木の幹のような腕を彼女へと振り回した。ハルはよろめいて後ずさり、心がぐらついた。

「エムラクールとなれ。エムラクールであれ」 その言葉は彼女を幾重にも包み、覆い尽くした。考えなくていい、心配しなくていい、ただ屈すればいい、そう言っていた。エムラクールであれ。我はエムラクール。

「ハル?」 アレイナの声。「ハル! あの腕。右を見て!」

 その言葉が聞こえたが、その意味はわからなかった。突然、銀色の閃光とともに長老の太い腕が裂けた。アレイナの剣。ハルは自分も剣を振るう時だとわかっていた。だが重過ぎた。剣が、振るわれることを望んでいなかった。

 エムラクールであれ。エムラクールは一つ。身体が浮かび上がるように感じた。

「ハル!」アレイナの声は狼狽していた。だが彼女は遠くにいた。とても遠くにいた。

 エムラクールであれ。

「ハル、私の近くに」

 エムラクールとなれ。

「あなたが必要なの」

 我はエムラクー......

「お願い!」

 それはアレイナの接触だった、汗ばんだ指先がハルの手首を掴み、息詰まる抱擁から引き抜いた。彼女は愛する女性を見上げた。

「ハル? ああ、よかった、ハル」

 彼女はアレイナに狼狽して欲しくはなかった。離れて欲しくはなかった。そしてアレイナを一人にしたくはなかった。

 戦わなければ。それは困難なことだった。かつての何よりも困難に思えた。だが、戦わねばならなかった。彼女は心から緊張を押しやり、剣を持ち上げる力を自身の内に見つけた。「私は大丈夫、アレイナ。大丈夫」

「当たり前よね」 アレイナに助けられて立ち上がりながら、ハルは彼女の身体から緊張が抜けるのを感じた。

「エムラクールであれ」 長老の口がまくし立てた。

 ハルは彼を睨みつけた――違う、あれは彼ではない、コルマン長老ではない。怪物。ハルをこの頼もしい女性の傍から引き離そうとした怪物。それを許すことはできなかった。

「同時に行くべきね」 アレイナは怪物を顎で示した。

「ええ、それが一番良さそう」

 二人は隣り合い、肩を押し付けて立った。アレイナは息を吸い込んだ。「せえの――」

 アレイナの合図は必要なかった。彼女はアレイナの筋肉の動きを感じ、直感的に反応した。両方向から迫りながらも常に中央で繋がる、共に二人は双頭の斧のように動いた。アレイナが怪物の左肩を切り裂くと、ハルの刃は右を叩き切った。その悶える肢が足元に落ち、だがその忌まわしきものに気付いた様子はなかった。それは二人に迫った。「我らエムラクール!」

 ハルは再び刃を振るい、かつては信心深かったその男の首を落とした。それでも彼は詠唱を続けた。「我はエムラクール、エムラクールとなれ、エムラクール!」

 その言葉をこれ以上聞くのは我慢ならなかった。「黙りなさい!」ハルは刃をかざすと力の限りに振り下ろし、長老の頭部を真二つに割った。その中に詰め込まれていたかのように、格子状の根が大量に弾け出た。

 詠唱は止まった。終わったのだ。

 ハルが手を伸ばすと、アレイナの手がそこにあった。その速さと、絡められた指が告げていた、アレイナは常にそこにいると。彼女は静かに同じ約束を返した。

「我らエムラクール」 背後から別の町人の声がした。「エムラクールであれ」

 ハルは叫びたかった。だが次の瞬間、それを見た。倒れた長老の先に、この恐怖の木立からの脱出口があった。「来て!」 彼女はアレイナの手を引いた。「こっち!」

 伸ばされる肢ともだえる塊を抜け、アレイナはハルに続いた。木々を抜けて、腐肉の悪臭のしない場所まで。茨が根を張り続け、苔が走らない場所を目指して病的な斑模様の地面を駆けた。

 二人はもはやその詠唱が聞こえなくなるまで、互いの手の感覚が無くなるまで駆けた。そして更に遠くへ、筋肉が参り、肺が悲鳴を上げるまで駆けた。二人は崖の端で立ち止まり、重なり合うように倒れ込んだ。額と額をつけ、手が肩を掴み、吐息が混ざり合い、唇の距離が縮まった。

「ハル」

「アレイナ」

 決して放さない。もう二度と離れない。

イニストラードを覆う空にて

 決して行かせはしない、決して。自分達は光を見て、力を感じたのだ。真実に抱かれたのだ。自分達を成した真実に。

 ブルーナはもはや存在しなかった。

 ギセラはもはやギセラではなかった。

 その代わりに、二人は生まれ変わった。女神へと。一体へと。エムラクールへと。

 エムラクールの天使は四枚の翼を広げ、二本の腕を伸ばし、二つの声から弾け出た一つの叫びを放った。「我らはエムラクール!」


アート:Clint Cearley

 二人は女神の映し身、終わりのない真実の映し身、そして二人の声は女神のものだった。「我らはエムラクール!」

 二人の呼び声は他者をも引き寄せた。「我らはエムラクール!」 眼下の世界から幾つもの声が上がり、一つの音へと、一つの真実へと溶け合った。「エムラクールは一つ、エムラクールであれ、我らエムラクール!」

 輝かしかった。全てだった。女神そのものだった。

 女神の煌びやかな姿を追いながら、エムラクールの天使は眼下の全てを導いた。かつての暗黒は今や女神の光に浸され、それは彼方へと、更に彼方へと広がっていった。晴れやかな日の出が、まもなく世界の隅々にまで触れようとしていた。「全てはエムラクール! 我らエムラクール!」

スレイベンへと続く、曲がりくねった街道にて

 我らエムラクール。全てはエムラ――「があッ! 止めろ!」 ジェイスは心に渦を巻くその言葉を固い意志で押しやった。「入って来るな!」

 彼はエムラクールの狂気の接触と戦う方法をタミヨウから教わっていた。だが精神的防壁を保つことは空民がそうするよりもずっと難しかった。問題だった。彼の計画にとって大きな問題だった。

 そのエルドラージ以外の何かにある程度集中する度に、女神の汚れた格子構造がまたも脳内に忍び寄り、彼の防御を腐らせて心の最深部へと穴をあけるのだった。

 この時ジェイスの気を散らしたのは、頭上の空に舞う歪んだ天使の姿だった。彼は視線をタミヨウの背中に、意識は岩場を渡る足取りに集中すべく努めていた。ジェイスはタミヨウを追い、彼女が合流点と呼ぶそこを目指していた。だがその天使の存在は無視するには大きすぎた。ありえない程に異様なその姿に、ジェイスの好奇心が自制に勝った。彼は頭上を一瞥し、直ちに引き寄せられながらも、自分が何を目撃したのかを判断するのは困難だった。当初、彼はそれを悪魔だと思った。だがそれよりも遥かに悪いものだった。複数の翼、複数の頭部を繋ぐ格子状の結合組織、溶け合い響き合う声。それを認めると彼は我を忘れた。許しがたいことだった。これからやろうとしている事のためには、自身の心を信頼する必要があった。自分は本当にやろうとしているのだろうか? 皆をここに連れてくることは、この狂気に襲わせることは本当に正しいのだろうか?

 その疑問は胃袋の底に落ち、吐き気の波となって持ち上がった。それが正しいことだと考えていた。そうだろうか? そうだ、それこそがただ一つの解決策だという結論に達していた。確信していた――ほとんど。確信に近かった。「があッ!」 ジェイスは腕を振り上げた。

「シーッ!」 タミヨウは肩越しに厳しい一瞥を投げかけた。

「すみません」 ジェイスは身を守るように両手を挙げた。

 タミヨウは苦い顔をし、だが再び前を向くとその先へ、彼女が持つ魔法のランタンと柔らかな足取りへと集中した。言うべきだった。ここで待つようにと、手助けを呼んでくると。これは二人の手には余りすぎた。対処できるよりも遥かに巨大だった。実のところ、問題は狂気の天使アヴァシンだけだと思われた時ですらそうだった。あの大聖堂で、ソリンがいなければ――そう、ソリン。ジェイスはその古の吸血鬼を呪った。彼はイニストラードを破壊の瀬戸際へと導き、始末をジェイスに任せてただ退散したのだった。

 だがエルドラージの巨人は一人で始末できるものではなかった。決して一人でやろうなどと思うものでもなかった。ギデオンですら言っていた、もし巨人の知らせを耳にしたならゼンディカーへ戻るようにと。そう、ジェイスはそれ以上のことを成し遂げた――あの女神を見つけたのだ。ギデオンはとても喜ぶことだろう。

 タミヨウが前方の海岸で立ち止まり、ランタンを高く掲げた。ジェイスは魔法で強化された光の紐を追い、視線を空へ向けた。そして瞬時にその行動を後悔した。

 彼は初めて、その姿を実際に目撃した。巨人、エムラクールを。


アート:Jason A. Engle

 ジェイスは立ちすくんだ。

 誓って言えた、エムラクールはもう二体の巨人よりも大きいと。そしてその力は、遥かに強大だった。この世界に到着して間もないながら、既にその多くを手にしているように感じられた。イニストラードの全てが追い立てられ、従っていた。信者はそれに似た姿へと歪み、岩の上に身体を引き上げ、かつての人生の全てを捧げていた。動物も怪物も同じように、大地で、空で、海で、その背後に群れを成した。木も、苔も、茨も、藻すら水から這い出て歪みを放つエムラクールの存在へと近づこうとしていた。

 ジェイスもまた、そのもとへ行きたいという衝動を感じた。俺はエムラクール。

 違う。

 自身を揺すぶりたかった。心を澄まさなければ。考えなければ。その思い通りにはさせられなかった。彼はタミヨウが教えてくれたことを今一度模倣し、意識して拳を握りしめた。脳内の錯乱を確実に一掃する手順は、脳内の蜘蛛の巣を掃除するものとは違った。その蜘蛛の巣は分厚い格子状、そびえるエルドラージの怪物からにじみ出て、この世界のあらゆる生物の心を貪欲に貪っているのだ。ジェイスは震えた。

 これこそ、皆にしてやるべき事なのかもしれなかった。ギデオンとチャンドラとニッサに。自分と全員の心を防護する必要があるだろう。連れてきたとしても、あれに貪らせるわけにはいかない。そのつもりはない。だとしたら問題は――自分にそれができるのだろうか? 彼は百度にも思えるほどそれを自問していた。そして未だ答えを得ていなかった。

「彼らはあれをエムラクールと呼んでいる、と?」 タミヨウの興味深そうな声がジェイスを物思いから引き寄せた。ジェイスは彼女を一瞥した。その顔は平静で落ち着いていた。まるで心を狂気から遠ざけておくことなど、呼吸ほど難しくもないように。

「そうです。あれの名前の一つです」

「あれほどの存在が名を持つという事自体、驚くべきことです」 タミヨウは腰帯から望遠鏡を取り上げて目を当てた。「そう名乗っているということなのでしょうか」

 ジェイスはその質問をしたことがなかった。問いかけに値するのかと考えたことすらなかった。この空民は自分とはかなり違うように物事を見ている。彼は前方のエムラクールの巨体を見つめ、タミヨウのように見ようとした。その巨大な赤紫色の瞳を覗き込むと、それは暖かく招いていた。あの中へ行ったなら何が見つかるのだろう? 彼は崖の端で後ずさった。『君の名は? 』 彼は尋ねた。『自分を何て呼んでいるんだ?』

 幾つもの言葉の大洪水が心の隅々からこだました。

 永遠にして無限――この世界は我がもの。

 絶対の存在――全ては我がもの。

 その始まり――我は全となる。

 その存在――全てはエムラクール。

 終末を。

 終末を。

 終末を。

 ジェイスは後ずさり、喘いだ。これは終末ではない。終末にはさせない。彼にとっても、イニストラードにとっても。疑うことを、躊躇を止める必要があった。自身の心を信じる必要があった。彼は静かなタミヨウを再び見た。この人にできるなら、自分にもできる、皆にもできる。そう、今こそゲートウォッチをイニストラードへ連れて来る時だった。彼は咳払いをした。「タミヨウさん、俺は行かないといけません」

「え?」 タミヨウは振り返り、薄紫色の目を見開いた。

「もう三人いるんです、プレインズウォーカーが。頼もしくて、最高で、力になってくれる仲間です。彼らを連れてきます。別の世界で、俺達はあれの同類二体を殺しました」 ジェイスはエムラクールを顎で示した、実際に見ることはせずに。

 タミヨウは信じがたいようだった。「二体を?」

「全員の全力が要りましたが、倒しました」

 タミヨウは首をかしげ、目を狭めた。ジェイスは目をそむけたいと思った――彼女に凝視されると罪悪感を覚えた、とはいえ何故かはわからなかった。そして不意に、彼女は微笑んだ。「そうなのですね。貴方がたは本当に成し遂げた、偽りなく。私としては、聞かねばならない物語ができました」 そして溜息をついた。「ですがそれは後です。もしこの世界の物語が暗黒以外の終幕を望んでいるのなら、私達はそれぞれの役割を果たさねばなりません」

「一緒に来ますか?」

「いえ、ジェイスさん。それは私の役割ではありません」

「戻ってきた時、ここにいてくれますか?」

「私達共に、相応しい時に相応しい場所に」

 ジェイスは説得しようと口を開きかけ、だが鎮めるような接触を心に感じた。タミヨウ。もはや正気を保つために苦しむ必要はなかった。ここまで気を張りつめていたことに気付いてすらいなかった。まるで酷い頭痛がようやく治まったかのようだった。安堵。彼はその中に力を緩めた。

「あなたの心を守ります。次元を渡って下さい」 タミヨウは言った。「お行きなさい」

 その瞬間、ジェイスは何よりも彼女の言う通りにしたかった。行きたかった。この世界から離れたかった、巨人から離れたかった。かつて救った世界へ戻りたかった。ゼンディカー。海門。マーフォークもコーも吸血鬼も共に働くあの場所へ。ニッサはそこにいるだろう、あの緑の瞳を輝かせて。そしてギデオンも、幅広い肩と頼もしい笑みで。そして――

「さーて、来てあげたわよ。ねえギデオン、こっち!」

 ――チャンドラ。

「いい頃合じゃないか!」 ジェイスの耳に靴音の響きが届き、頭上にそびえるエムラクールの残像は友の笑顔に取って代わられた。


『異界月』 物語アーカイブ

『イニストラードを覆う影』 物語アーカイブ

プレインズウォーカー略歴:ジェイス・ベレレン

プレインズウォーカー略歴:石術師、ナヒリ

プレインズウォーカー略歴:タミヨウ

次元概略:イニストラード

前の記事: 石と血と | Magic Story -未踏世界の物語-一覧に戻る | 次の記事: イニストラード最後の希望

トピックス