マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

お知らせ

チャレンジャーデッキと最後のデュエルデッキ

authorpic_BlakeRasmussen.jpg

チャレンジャーデッキと最後のデュエルデッキ

Blake Rasmussen

2017年12月18日

原文はこちら

 12月は終わりと始まりの月です。1年が終わればまた新たな1年が訪れ、新年に向けての新たな決意が生まれれば、旧年中の決意は完全に忘れ去られます。ジムは定期的に通うには遠すぎたので、仕方ないですよね。いや、ただ通うのが面倒だっただけです。

 そしてウィザーズ・オブ・ザ・コーストでも、少し寂しいお別れと新たな出会いがやって来ます。

『デュエルデッキ:エルフ vs発明者』

 まずは別れの方をお知らせします――2018年4月6日に、私たちは『デュエルデッキ』シリーズ最後の製品を発売します。最初に『Duel Decks: Elves vs. Goblins』が発売されたのは10年も前になりますね。それから10年を経た今、マジックの将来に目を向けた私たちは、『デュエルデッキ』シリーズの終了と新たな製品の発売を決心したのです。

 このシリーズの最後を華々しく飾る製品が、『デュエルデッキ:エルフ vs 発明者』です。最初のデュエルデッキで取り挙げられたエルフとゴブリンのうち、ゴブリンの方はすでに2度目の登場を果たしました。となれば、エルフにも2度目の機会を与えるべきでしょう。こうして、「自然を愛する誇り高きエルフが、まったく対照的な存在である機械と戦う」というテーマが生まれたのです。

 これまでのデュエルデッキと同様に、この製品には構築済みデッキ2個とトークン・カード10枚、デッキボックス2個、戦略ガイド、マジック早見表カード、スピンダウン・ライフカウンター2個が封入されています。英語版と日本語版が発売され、日本でのメーカー希望小売価格は2,000円(税別)です。

チャレンジャーデッキ

 「チャレンジャーデッキ」は、スタンダードの入門に最適な製品です。カード75枚入りの4種類の製品は、それぞれスタンダードに存在する強力な戦略をもとに作られています。きっとフライデー・ナイト・マジックでスタンダードを楽しむための第一歩となるでしょう。

 各チャレンジャーデッキはメインデッキ60枚とサイドボード15枚を備えており、箱から出してそのまま戦うことができます。収録されているカードはすべて、スタンダードで使える範囲のものです。加えて、この製品には以下のものが同梱されています。

  • スリーブに入れた75枚のカードを収納できるデッキボックス
  • スピンダウン・ライフカウンター
  • マジック早見表

 チャレンジャーデッキは2018年4月6日に発売され、メーカー希望小売価格は3,500円(税別)です。全世界で英語版が発売されますが、日本では日本語版も発売されます。

 デッキリストは2月に公開予定ですので、お楽しみに!


 みんなこんにちは! チャレンジャーデッキの製品開発を担当したガヴィン・ヴァーヘイ/Gavin Verheyだ。この製品は、みんなの行きつけの店舗にスタンダードの強力な戦略を届けることになるだろう。チャレンジャーデッキは、経験豊富な元プロ・プレイヤーたちで構成された「プレイ・デザイン」チームによって、プロツアーやグランプリで人気を集め、活躍したデッキをもとに作成された。作成にあたっては、手加減なしだ。少なくとも2枚の神話レアを含め、レア・カードを豊富に用いて強力なものに仕上げてある。

 これまで構築済みデッキの製品は発売日よりだいぶ前に開発されていたため、発売される頃にはその時プレイヤーたちが使っているデッキとかけ離れてしまうという問題があった。そこでチャレンジャーデッキでは作成プロセスを大きく見直し、発売日に可能な限り近い時期に開発を行うことができた。チャレンジャーデッキの中身を見たら、きっと大盛り上がりになるんじゃないかな。近いうちにもっと詳しく話すので、楽しみに待っていてくれ。

店舗・イベント検索

トピックス