マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

お知らせ

プロツアー『カラデシュ』、組織化プレイに関する発表

author_pic_helene-bergeot_0.jpg

プロツアー『カラデシュ』、組織化プレイに関する発表

Helene Bergeot

2016年10月6日

原文はこちら

 ホノルルで開催されるプロツアー『カラデシュ』を来週に控えた今、組織化プレイよりいくつかの更新をお伝えいたします。

プロツアー『カラデシュ』のトーナメント進行における新たな施策

 シドニーで開催されたプロツアー『異界月』にて、私たちはトーナメント進行における3つの新たな施策をテストしました。

1. デッキリストのオンライン提出

 プロツアー『異界月』で初めて、私たちはデッキリストのオンライン提出を実施しました。最初の提出期限は現地時間19時まででしたが、プロツアー参加者たちから受けたフィードバックをもとに23時59分までに変更しました。

 その後もプレイヤーの皆さまからは多くのご意見をいただきました。提出後もデッキリストを確認できるようにする点などを中心に、私たちは今後もプロセスの改善を続けてまいります。ひとまず、プロツアー『カラデシュ』では前回と同様に、現地時間23時59分までデッキリストのオンライン提出を受け付けます。

2.「偵察」の対策:会場でのペアリング

 ここ数年、「偵察」行為が爆発的に増え、プロツアーでの体験にネガティブな影響が広がっています。ターンを重ねるにつれて判明する対戦相手のデッキへの対応や、戦略を見直す技術もまた「マジックのゲーム」であり、試合が始まる前に相手のデッキを把握する手段を持つのはその外にあることなのです。

 数ヵ月前にプロ・グループを集めてともにいくつかの選択肢を検討した結果、これまでとは異なるペアリング掲示をテストすることにしました。その概要は以下の通りです。

  • ペアリングは会場内に掲示されますが、対戦相手の名前は表示されません。
  • ペアリングの掲示がアナウンスされた時点からそのラウンドが終了するまで、プレイヤーたちは電子機器を使用することができません。
  • ペアリングはウィザーズ・オブ・ザ・コーストの公式ウェブサイトにも掲載されますが、そのラウンドが開始され、プレイヤーたちがプレイを始めてからの掲載となります。

 このテストは非常に生産的な議論を呼びました。私たちが「偵察」を推奨しないということを、多くのプロ・プレイヤーが知らなかったのです。上記の変更は前向きに受け止められたため、私たちは今後のプロツアーでもこのシステムを継続する予定です。なお、この施策はグランプリにおいては適用されません。

3. 譲歩を減らすための施策:第15回戦および第16回戦における特別なペアリング

 これはすべてのイベントにおいても言えますが、中でも特にプロツアーについては、各試合がマジックのゲームによって自然に決着するトーナメントになることを私たちは目指しています。そのために、私たちはプロツアー『異界月』の予選ラウンド最終2回戦(第15回戦および第16回戦)において、ペアリングの方式を変えました。お互いに戦う意味がない相手と当たった場合に起こる勝敗の譲歩を減らすためです。

 簡潔に言いますと、私たちはプロツアー『異界月』にてプレイヤーたちに「戦う意味」を持たせる(例えば「ここで勝てば国内王者」や「ここで勝てばトップ8入賞」という状況にする)ため、所持マッチ・ポイント帯ごとにランダムにペアリングしました。

 この施策によって譲歩の数は減りましたが、しかしそれは私たちの理想とはかけ離れていました。まず、これによって大会の進行が15分ほど止まりました。予選ラウンド最終局面での15分はプレイヤーたちの体験を大きく損ねるという意見が寄せられたのです。また、この施策に対する私たちの意図が、プレイヤーたちには理解されませんでした。中には単に「プラチナ」レベルの人数を減らしたいだけだ、と感じる方もいました。

 この施策は利点より欠点の方が目立つものだったため、私たちは異なるアプローチを試すことにしました。「プロツアー」における私たちの方針として、勝敗の譲歩は多くの方が感動を共有する「観戦」の体験を損ねると考えています。そのため私たちは、勝負において譲歩することが「正しいプレイ」であり積極的にそうしていくという風習を変え、そういったことが減るようなルールやトーナメント進行を探し求めているのです。この方針を進め、プレイヤーの皆さまが試合を最後までプレイし通せるよう、私たちは引き続き皆さまとともに、さまざまな施策に取り組んでまいります。ペアリングされたプレイヤーたちの間に、勝負への温度差が見受けられることがあるのは認識しています。それでもきっと、プロツアー『異界月』での施策と現状を鑑みたバランスの良い方法はあると、私たちは信じています。

 風習を変えるための道のりは長く、その影響も限られたものになるかもしれないことは承知しています。それでも私たちは挑戦を続けるつもりです。しかしながら、今後も現状が変わらない場合は、単純に勝敗の譲歩自体を禁止することも含めて施策を検討してまいります。

 また、プロツアー『異界月』に先がけて発表された、決勝ラウンドにおける新しい対戦組み合わせにつきましては、予定通りプロツアー『カラデシュ』にて実施されます。この施策が予選ラウンドにおける勝敗の譲歩を減らすことを期待しています。

NEWS20160802_Bracket.jpg

プロツアー・プレイヤーズ・クラブの条件改訂

 私たちはプロ・シーズンがひとつ終了するたびに、プロ・プレイヤーズ・クラブの各レベル達成の条件を再評価しています。その評価基準は主に、各レベルに属するプレイヤーの人数です。

 近年における基準として、私たちは新シーズンの開幕時点で「プラチナ」レベルのプレイヤーを約30人、「ゴールド」レベルのプレイヤーを約60人、そして「シルバー」レベルのプレイヤーを80~120人ほど輩出することを目指しています。条件達成の難易度や達成したときの名声、それを目指す熱意といった要素のバランスを取れるがこの数字だと私たちは考えています。

 しかしこの目標を達成するために他の方法、例えば獲得プロ・ポイントが50点に達したプレイヤーに先着30名まで「プラチナ」レベルのステータスを授与する、という手段を取ると、プレイヤーの体験を損なうポイント・レースに終始してしまいます。そのため条件を調整する方が、プレイヤーの皆さまにとっても良いことなのです。

 昨シーズンを評価した結果、私たちが設定した条件は緩すぎたことが判明しました。グランプリ2日目進出のラインが3敗まで引き下げられたことで、プレイヤーのグランプリでの平均獲得プロ・ポイント量は以前と比較しておよそ2倍になったのです。

 そこで、2016-2017年シーズンにおけるプロ・プレイヤーズ・クラブの各レベル達成の条件を以下のように改訂いたします。

  • プラチナ:52点(以前は50点)
  • ゴールド:35点(以前は33点)
  • シルバー:20点(以前は18点)

 この変更はただちに実施され、2016-2017年シーズンを通して適用されます。

グランプリの調整

 本日は、2017年のグランプリ・スケジュールについても、いくつかの変更を発表いたします。ですがその前に......

スーパーサンデーシリーズの終了

 まずは2017年のスーパーサンデーシリーズ・チャンピオンシップについてお知らせいたします。本イベントは2017年1月6~7日にウィザーズ・オブ・ザ・コースト本社にて行われますが、これをもって「スーパーサンデーシリーズ」プログラムを終了いたします。

 数年前にスーパーサンデーシリーズを発足して以来、このイベントは世界中のグランプリのサイド・イベントを盛り上げてきました。毎年、1年を通して各グランプリで「予選」が行われ、次の年明けにウィザーズ・オブ・ザ・コースト本社にて「スーパーサンデーシリーズ・チャンピオンシップ」が開催されてきました。

 このプログラムは与えられた目的をきちんと果たしていましたが、同時にいくつかの難題を生み出しました。その難題を解決するためにさまざまな取り組みを行ってきたものの、やはりスーパーサンデーシリーズは毎回、日曜日の夜遅くまでかかってしまうのです。これはプレイヤーやスタッフ、ジャッジにとってあまりに辛い体験となります。会場の熱気はすっかり冷め、友人たちが車で待っている中で、果たしてマジックを楽しめる人がいるでしょうか?

 また、グランプリ主催者の方にとっても「スーパーサンデーシリーズの開催」という制約がなくなることで、日曜日のプログラムを自由に考え、プレイヤーの皆さまの体験をより良いものにし続けることができるでしょう。なお、スーパーサンデーシリーズは今年いっぱいまでは開催されます(12月のグランプリ・ミルウォーキー2016が、このサイドイベントを行う最後のグランプリとなるでしょう)。

2017年のグランプリについての変更

 2017年のグランプリ・スケジュールを発表した時点では、ひとつのグランプリが「アジアにて開催予定(開催国ならびに会場は未定)」となっていました。本日最後のひとつを発表できることを嬉しく思います。未定となっていたグランプリは「グランプリ・香港2017」で、会場は「九龍湾国際トレード&エキシビション・センター/Kowloon International Trade and Exhibition Centre」と決定いたしました。また、フォーマットはリミテッドで行われます。

 加えて、ふたつのグランプリの変更をお知らせいたします。

  • グランプリ・リール2017(2017年8月25~27日開催):2年続けて開催してきたグランプリ会場の空調システムに看過できない問題があるため、夏開催のグランプリには適していないと判断しました。そこで、来年のグランプリでは開催地をメッスに移し、会場は「メッス・エキスポ/Metz-Expo」となります。日程およびフォーマットについては変更ありません。
  • グランプリ・シドニー2017(2017年6月23~25日開催):当初は「シドニー・オリンピック・パーク/Sydney Olympic Park」での開催を予定していましたが、トーナメント主催者が会場の変更を決定しました。プレイヤーの体験をより良いものにするため、大規模改修したばかりの「シドニー国際コンベンション・センター/ICC Sydney」を使用するとのことです。

 最後に、2017年6月12日よりラスベガスで開催される3大会連続グランプリにつきましても、フォーマットの変更があります。以前はレガシー、スタンダード、モダンとお知らせしていましたが、マジック・コミュニティからのフィードバックを受けて、トーナメント主催者がフォーマットの変更を決定しました。この3つのグランプリの各フォーマットは、レガシー、リミテッド、モダンとなります。

プロツアー・チームシリーズ

 プロツアー『異界月』に先がけて、エキサイティングな新プログラムも発表いたしました。「プロツアー・チームシリーズ」の発足です

 これまでも、「チーム」はプロツアーの体験を向上させる要素のひとつでした。しかしこれまでのチームは非常に流動的で、各プロツアーの間にメンバーが大きく入れ替わることもありました。

 「プロツアー・チームシリーズ」は、プロ・プレイヤーの皆さまにより強固な「プロ・チーム」の結成を促す企画です。そしてマジック・ファンの皆さまにも、プロ・プレイヤーがシーズン全体を通して紡ぐ物語をお楽しみいただけます。

 しかしプレイヤーの皆さま、とりわけアジア太平洋地域の方から、チーム結成に必要な人数(9人)につきましてご意見をいただきました。プレイヤー数の少ない地域では、9人という必要人数がチーム結成の妨げになると。私たちは世界中のプレイヤーに「プロツアー・チームシリーズ」へ参加していただきたいと考えており、このご意見を真摯に受け止めました。

 そこで先ほど述べたプロ・グループと議論を重ねた結果、私たちは「プロツアー・チームシリーズ」におけるチームの人数を「6人」へ変更することを決定しました。

 加えて、チームの全員がプロツアーへ参加できないケースを考慮し、「チーム・スコア」の集計方法も以下のように変更いたします。

  • 2016-2017年シーズン(ソフト・ローンチ期間):プロツアー『霊気紛争』およびプロツアー『アモンケット』では、メンバーの中で上位5名の獲得プロ・ポイントが「チーム・スコア」として加算されます。プロツアー『アモンケット』が終了した時点で「トップ4・チーム」が決定し、その各メンバーにはプロツアー『破滅の刻』への参加権利が授与されます。そしてプロツアー『破滅の刻』では、メンバーである6人全員の獲得プロ・ポイントが「チーム・スコア」として加算されます。
  • シーズン終了時再びトップ4・チームが決定し、その各メンバーには、来シーズン最初のプロツアー(2017#4/アルバカーキ)への参加権利が授与されます。上位2チームはさらに、世界選手権2017の舞台で「プロツアー・チームシリーズ決勝」を行います。

 ソフト・ローンチにおける「プロツアー・チームシリーズ決勝」の賞金も以下のように変更されます。

順位1人あたり1チームあたり
1$6,000$36,000
2$2,400$14,400
合計 $50,400
  • 2017-2018年シーズン:シーズン1回目~3回目のプロツアーでは、メンバーの中で上位5名の獲得プロ・ポイントが「チーム・スコア」として加算されます。シーズン3回目のプロツアーが終了した時点で「トップ8・チーム」が決定し、その各メンバーにはシーズン4回目のプロツアーの参加権利が授与されます。そしてシーズン4回目のプロツアーでは、メンバーである6人全員の獲得プロ・ポイントが「チーム・スコア」として加算されます。
  • シーズン終了時再びトップ8・チームが決定し、その各メンバーには、来シーズン最初のプロツアーへの参加権利が授与されます。上位2チームはさらに、世界選手権2018の舞台で「プロツアー・チームシリーズ決勝」を行います。

 上位4チームの賞金配分も以下のように変更されます。

順位1人あたり1チームあたり
1$17,000$102,000
2$8,500$51,000
3$4,000$24,000
4$4,000$24,000
合計 $201,000

 そして最後になりましたが、世界選手権2017の日程および会場を発表いたします! 世界選手権2017は、マサチューセッツ州ボストンの「キャッスル・アット・パーク・プラザ/Castle at Park Plaza」にて、2017年10月5~8日の日程で開催されます。世界最高のプロ・プレイヤーたちによる競演を皆さまにお届けするのが楽しみです。

 最後までお読みいただき、ありがとうございました。いつものようにご意見・ご質問等ございましたら、ぜひお聞かせください!

店舗・イベント検索

トピックス