マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

お知らせ

2012年9月20日 DCI制限禁止リスト告知

2012年9月20日 DCI制限禁止リスト告知

2012年9月20日

原文はこちら

告知日:2012年9月20日

発効日:2012年10月1日

スタンダード、エクステンデッド、レガシー

 変更なし

モダン

《溶鉄の尖峰、ヴァラクート/Valakut, the Molten Pinnacle》[ZEN] 禁止解除

ヴィンテージ

《燃え立つ願い/Burning Wish》[JUD] 制限解除

 マジック・オンライン独自のフォーマットへの変更は、マジック・オンライン・コミュニティ・グループ・ブログで月例告知されている。

 制限禁止カードのフォーマットごとの一覧は、以下の通り

2012年9月20日の制限禁止の変更に関する声明

Erik Lauer

 最近のモダンのイベントには多様性があり、どのデッキもメタゲームを支配してはいない。モダンはローテーションのないフォーマットなので、禁止カードはローテーションによって消えることはない。DCIは、カードを解禁することがフォーマットにどんな影響を及ぼすのか見るために解禁する。プロツアー・フィラデルフィアに向けて定められた最初の禁止リストに記されていたカードを確認し、既存の上位デッキに簡単に刺さることのないようなカードで、現在の上位デッキと異なるプレイ・パターンのデッキを存在させたいと思った。選択肢を検討した結果、《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》が解禁されるカードとして選ばれることになった。

 ヴィンテージのイベントもまた充分な多様性があるが、コンボ・デッキが不足していた。《燃え立つ願い》はコンボをかなり強化するカードである。このカードは2002年5月、ジャッジメントで最初に作られ、2004年1月に制限リスト入りした。当時、瞬殺コンボ・デッキが支配的であった。それ以来、DCIはヴィンテージのカードを色々と制限解除し、現在の制限リストは2000年以降のいつよりも短くなっている。この長期的傾向に則り、《燃え立つ願い》の制限は解除された。

さらなる進化を!

 今後、制限禁止の更新はセットの発売と合わせて行われる。ギルド門侵犯以降の各セットごとに、プレリリースの後の月曜日が告知日となり、セットの発売日が発効日となる。

 これにはいくつもの利点がある。まず、これによって覚えておかなければならない日付がなくなる。2つめに、デッキの管理がより簡単になる。ほとんどのプレイヤーはセットの発売日に合わせてデッキを更新するものである。最後に、福数日にわたるイベントの間に更新日が来た場合にどうするのかという奇妙な質問への答えとなる。


 上記の制限禁止リスト告知に加え、マジック・イベント規定やマジック・違反処置指針にも更新が加えられた。

 競技マジック・プレイヤーに影響する変更点の重要なところについては、レベル5マジック・ジャッジのトビー・エリオット/Toby Elliottのブログ(リンク先は英語)を参照のこと。

店舗・イベント検索

トピックス