READING

開発秘話

Latest Developments -デベロップ最先端-

Mファイル『アモンケット』編・パート2

authorpic_samstoddard.jpg

Mファイル『アモンケット』編・パート2

Sam Stoddard / Tr. Takuya Masuyama / TSV YONEMURA "Pao" Kaoru

2017年5月12日


Mfiles2016.jpg

 こんにちは、そして「Latest Developments」へようこそ! 先週は白から順に青、黒のマルチバースのコメントを見ていきました。今週は最後まで見ていきます! しかしコメントを見ていくその前に、こちらをクリックするとコメンテーターの一覧が表示されます。

 それではコメントを見ていきましょう!

血に飢えた振起者

MJJ: 私はファンだ。

 《モンスのゴブリン略奪隊》で有名なモンス・ジョンソンは、彼の名を冠したカードがより最近のセットで時代遅れになるととても幸せになります。


オナガトカゲ

DGH: より部分的な暴勇を試してみる。
DGH: +1/+2に変更。

 《熱烈の神ハゾレト》は我々がそれを「ちょい勇/heckbent」と呼ばれた能力を持った最初のカードであり、そして我々はこの能力が楽しいものであると発見したので、我々は最終的に単なるハゾレトの顕現の条件としてではなくテーマとして人々が実際にドラフトしたりデッキを組んだりできるようにこの能力を持つ追加のカードを何枚か探しました。


マグマのしぶき

BRYAN: 私が見つけた限り軽減に関するカードはこのセットに1枚しかなく、構築フォーマットであまり見かけるようになるとは思わない。
DGH: もっと効果的な追加のテキストをつける。これが構築フォーマットから不朽を締め出すのは正しくないかもしれない。
DGH: フューチャー・フューチャー・リーグで《火柱》から《マグマのしぶき》に。

 我々は最初かなりシンプルな対策カードとして《火柱》を入れていましたが、それは特にブロック後に機体に対策できないという店で、我々がスタンダードに求めているものよりも少し弱いことが分かりました。これの狙いは全てを解決することではありませんが、《屑鉄場のたかり屋》のような他では対処が非常に難しいカードに対する答えを作り出すことでした。


焼き尽くす熱情

EEF: 新カードです。カラーシフトした《不安定性突然変異》。
デザインのお気に入り: 「このカードはカラーシフトした《不安定性突然変異》として魅力的だ。どれかの数字を変更しなければならない場合、その魅力は大きく損なわれる。カラーシフトの《不安定性突然変異》は多くのファンを獲得するだろう。もしこれが弱くなった《不安定性突然変異》やそのバリエーションだった場合、このカードの要点の多くを失うと私は考えている。」
ID: 古き良きお気に入りだ。
KEN: クリーチャー除去としてこれ使った人いるかな? 《濃霧の層》に使ったよ。

 これは素晴らしい疑似再録です! 私は確かに《不安定性突然変異》のとても懐かしい思い出を持っていて、それは実際に+1/+1カウンターでは再現できないものです。+1/+1カウンターでは再現できないものを見つけ出すことは。間違いなく-1/-1カウンターをこのデザインで機能させるための大きな目標でした。


力ずく

AP: 会えて嬉しかったよ、『カラデシュ』。

 このカードは『カラデシュ』のデッキ全てを完全に破壊してしまうわけではありませんが、我々はいくつかの強力な回答が存在することを望みました。


栄光をもたらすもの

BH: すげえ!
SVE: このカードは素晴らしいが、ミラーではとても腹が立つ(後出ししたほうが勝つ)。私はこの問題を回避するためにこれのタフネスを5にするか、ダメージを3点だけにするか、飛行でないクリーチャーにだけ打てるようにするべきだと思う。
DGH: 3点ダメージ。
TJA: ゲームデープロモ。
DGH: 飛んでないやつに4点ダメージ?
DGH: 3点ダメージから4点に、飛行以外から非ドラゴンに。
JDR: アンタップ状態のクリーチャー1体にダメージというのも選択肢の1つだ(しかしながら明らかに弱くなる)。
TABAK: DHのリクエストで対戦相手のコントロールする非ドラゴンに制限します。

 《栄光をもたらすもの》はとても素敵なカードですが、スコットの言った理由によりミラーは悲惨です――最後にこれをプレイした人が勝ちます。我々はそのプレイパターンが起こらないように何度も試行錯誤し、そして最終的に優雅さとパワー・レベルの両方を重視した場合にそうするための最良の方法として「ドラゴンでないクリーチャー」に落ち着きました。


焼けつく双陽

MJJ: このカードはガチだな。
ID: FFLはこれのコスト/ダメージを上げて『破滅の刻』に3マナ3点を入れることに興味を持っています(これのコストを3にできず我々はこの効果を求めているので)。
DGH: 唱えるコストを1マナ軽くし、サイクリングのコストを{R}から{3}に。土地が起きない効果を削除。

 オリジナル・バージョンのこれは、

{2}{R}{R}
ソーサリー
[カード名]は各クリーチャーにそれぞれ3点のダメージを与える。各プレイヤーは次のアンタップ・ステップに2枚より多くの土地をアンタップできない。
サイクリング{R}({R}このカードを捨てる:カードを1枚引く。)

 これはクールなデザインですが、実際にFFLの《神々の憤怒》枠の赤い全体除去を求めていたという需要を満たしていませんでした。我々はこれを次のセットに回すことについて議論しましたが、今あることが重要であり、同じセットに似たような効果のカードが2枚ある価値はないと判断しました。


修練者の相棒

EEF: このカードはマナを浮かせて土地をアンタップさせ、大きなソーサリー速度の呪文を唱えられない変な空間にあります。クリーチャーをアンタップさせるだけで十分なのでは?
MJJ: 督励とうまく機能するので、このテキストをやるなら今がその時だ。

 このカードは少し奇妙ですが、督励ととてもうまく機能します。私はこのカードがこのままになったことに満足していますが、イーサンは大事なところを指摘しています。


飛びかかるチーター

DGH: 猫を増やすために《キング・チータ》をインフレさせた。
MJJ: チーターは速攻を持つべきだといつも思っているが、多分それは私だけだな。

 緑にはよくある能力ではありませんが、マジックに速攻を持っているチーターがいないのは変だというのはモンスが正しいです! 我々はそれを持たせる必要があるでしょう。


刻み角

DGH: 強化型《ウークタビー・オランウータン》。
TABAK: 2/2になって対戦相手のアーティファクトはタップ状態で戦場に出る能力がつきました。

 《刻み角》は最初{2}{G}3/2でした。このアーティファクトをタップ状態で出す追加のテキストは実際コピーキャットと戦うためではなく、《霊気池の驚異》に対する回答としてつけられました。《霊気池の驚異》をタップ状態で出させることで、うまく行けば人々はやりあうか圧倒するかのどちらかよりもより良い方法を手に入れます。


好戦的な巨口

TJA: 「強くて不思議なカバを表す」は私が解明できるカードのコンセプトの1つだ。

 そうですね。」笑い話:「I want a Hippopotamus for Christmas」は私のお気に入りのクリスマス・ソングです。


活力の試練

KEN: 《高山の灰色熊》ベルトコンベアー。

 トップダウンです。


名誉あるハイドラ

DGH: 我が《ワームの咆哮》。
DGH: 6マナで始めるために6/6に下げる。
KEN: 《ワームの咆哮》にトランプルがあったらなあ?!
TJA: このカードは構築フォーマットで驚くほど印象に残らなかった。前半分を唱えるのは(後で得をするとしても)とても効率が悪いし、何か余分な作業をしないとしても{3}{G}6/6トランプルがどれぐらい強いのかわからない。これは自分のライブラリーを削る戦略で役割を持ちそうに見える。

 《物静かな思索》はありませんが、《名誉あるハイドラ》は《ワームの咆哮》の魂を継ぐものです。しかし現在のクリーチャーの質は昔と大きく変わっています。我々は実際、《野生の雑種犬》と《ワームの咆哮》の動きを実質的にスタンダードで再現しましたが、それは2002年にあったようなクリーチャーのサイズの大きな飛躍ではありません。


収穫期

BRYAN: この「横並べ・アグロランプ」にたくさん支持者がいるかどうかは分からない。
DGH: レア投票で人々を興奮させるには十分に見える。
ID: どうしてタップ状態のクリーチャー限定なの? パワー・レベル?
DGH: これはタップ状態に限定しなければ魅力的でない量のマナがかかると思う。
MJJ: 私はこれをもっとデッキ構築の制約として見ている(マナ・エルフのようなタップ効果を持つクリーチャーを探すことになる)。
EEF: 大笑いしました@Bryan。私は賛成寄りになりました。このカードは深刻な緊張が続いています。
KEN: 《略奪の母、汁婆》でこれを共謀するよ!

 ブライアンは正しくて、これはそのデッキにはうまく配置されていませんが、できることがあります。このマナエルフの例はその最たるもので、このカードの目的は横並びのトークン型戦略よりも、システム・クリーチャーや督励などによって3枚以上の土地を得ることです。また、ケンが統率者のデッキを作るということはカードにとって良い兆候です。


徹頭+徹尾

JDR: これらの名前についていくつか幅広く調査をしたい。2つの異なる意味の「to」があるのは本当に変だと思う。我々は推移するもの「私はローマからパリへ行った」(Bad // Worse)と不定詞「私は走るのが好きだ」(Axe // Grind)の両方を使っている。
EEF: これは文法の知識が多すぎることは不幸につながる、という私の心の中の教訓を強くしますね。

 英語の学位を持っている者として、私はイーサンに同意できます。


先手+必勝

TJA: 《必勝》はソーサリーだと弱い。
DGH: 《必勝》に1マナ追加してインスタントに変更。
MJJ: 余波インスタントはどうかと思うが、少なくともこれはタフネスを上げない。
AP: 私はこの両面が同じもののように感じる。
KEN: 4倍ダメージ!
DGH: 《必勝》をインスタントからソーサリーに。

 少し弱そうに思えますが、この4倍ダメージというのは実際とても強力です。インスタント・バージョンほど強くないかもしれませんが、我々は突然死すると腹が立つと発見したので、これがソーサリーであることにより、そうなることを許しません。


毒物の侍臣、ハパチラ

DGH: クレオパトラのトップダウン枠。
DGH: 反応を見るために新しい書式を試す。これは4枚のカードに使われる。
MJJ: 私はこの新しい書式が気に入ったよ。このセットに合ってて突拍子のない抜け道もなさそうな感じだ。
DGH: 接死を削除。
TJA: これがあのアンコモンの黒のエンチャントと「似てるので間違いそうになる」可能性はある? どっちも-1/-1カウンターが乗ったときに1/1を出すけど、それぞれ違う種類を違う数出してる。
Bryan: FFLで3マナ3/3→2マナ2/2に。

 トップダウン要素はアスプに噛まれてしまったのでしょうか? 私はこの物語を完全には理解していませんが、この完成版のカードにはとても満足しています。


ルクサの恵み

EEF: トップダウンなのでコンセプト枠を見てください。
デザインのお気に入り: 「これはまさに楽しいゲームプレイであり、私が本当に好きな素晴らしいトップダウンのエジプトのデザインだ。繰り返す川の氾濫のフレイバーを表していて、そして私はターンごとにモードを変える必要のあるプレイパターンを本当に楽しんでいる。」
ID: 私はこれをかなり楽しんだよ。
GSV: 「すべてのカウンターを取り除く」なのはわざと? 『霊気紛争』のカウンターを追加するやつと関係する。
DGH: 《ほとばしる魔力》するのではなく一定量のマナを加えるようにした。
DGH: {G}{G}{U}{U}ではなく{1}{G}{U}を出したい。
TABAK: ではそうしましょう。{C}{U}{B}(CUB=子熊)をマナ・プールに加えるマナ熊を探すようになりました。そしてあなたの心に。

 これはローテーションの変更によってその過程のとても遅くにヒットしたカードの1枚でした。我々はこの《吠えたける鉱山》と《ほとばしる魔力》をターンごとに繰り返すのはとにかく《約束された終末、エムラクール》が早く出てくることを考えるとやりすぎであり、{G}{G}{U}{U}を加えるのがかなり妥当であるとすぐに発見しました。他のエルドラージが後6か月残ることが分かると、《霊気池の驚異》とこのカードの組み合わせはもう少し弱くする必要がありました。


自然に仕える者、ニッサ

TABAK: 5枚までの土地を2/2にする、から2枚までの土地を5/5にする、に変更です。
TABAK: DGHのリクエストでその土地に飛行がつきました。

 これはローテーションの変更でいくつかの重大な変更が行われたもう1つのカードです。2/2の飛行軍団を作り出す能力は《粗野な覚醒》のクールな再現で、ニッサが青緑になったことを助けましたが、我々はこの能力を《森の代言者》と組み合わせると10点のダメージが20点になることを心配しました。我々はこれを一度の攻撃で与えるダメージは同じで、しかし《森の代言者》がこれをやりすぎにするリスクのないものに変更しました。


灌漑農地

DGH: サイクリングのマナを無色に変更。ベンは自分の墓地にカードがなければアンタップで出てくるというのを提案してきた。墓地セットでこれは面白いがファストランドにかなり近く見える。
YS: 混成マナをサイクリングコストにできないか検討できないかな? これらのカードをモダンでエキサイティングにするためには必要不可欠だと思う。
DGH: モダンでの実用性は必ずしも目標であるとは考えていない。私は無色2マナがすでにこれらにとって寛大だと感じられていると信じている。
DGH: 関連する土地タイプを追加。サイクリングを色マナに戻した。
TABAK: エリックによってサイクリングが2マナになりました。

 カードが弱体化されたことについては少しお話ししましたが、ここではローテーションの変更によって少し強化されています! 我々はこれらの土地が『戦乱のゼンディカー』の土地がスタンダードに戻ってくる前に、そのクリーチャー土地と同じくスタンダードで使われると確信していました。スタンダードの土地をより助けるために、我々はこのサイクルを少し強くしてそれらが使われる支援をしました。1マナでサイクリングはやりすぎた感じがしましたが、これはよい中間点です。


 今週はここまでです! Mファイル『アモンケット』編をお楽しみいただけたなら幸いです。

 来週はマジックのデベロップについての他の話をしようと思います。

 それではまた来週お会いしましょう。

サムより (@samstod)

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER