READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

ナヤ果敢(スタンダード)

Melissa_DeTora.jpg

ナヤ果敢(スタンダード)

Melissa DeTora

2015年12月8日


 『タルキール覇王譚』で登場した果敢は、のちに常磐木能力へ昇格するのみならず、複数のフォーマットにまたがって多くのデッキを支えるものになっています。《僧院の速槍》はモダンで主役の一角を担い、《僧院の導師》にいたってはヴィンテージでも人気を集めています! エターナル・フォーマットではクリーチャーでない呪文が重視されるため、それと噛み合うようなクリーチャーが大きな力を発揮するわけですね。

 本日ご紹介するデッキは、そんな果敢メカニズムをこれでもかと言うほど活かしたものです。このデッキを使用したKinkadeは、Magic Onlineのスタンダード・リーグで5戦全勝を果たしました。このデッキに採用されているクリーチャーは、そのすべてが果敢を持っています。そして果敢を持つクリーチャーは、クリーチャーでない呪文を愛します。とりわけコンバット・トリックはこのデッキのクリーチャーたちの大好物であり、それが大量に採用されていますね。大抵のコンバット・トリックはリミテッドで使われるものだと認識されており、構築フォーマットで見かけることはあまり多くありません。ですが、コンバット・トリックを唱えるたびにクリーチャーがさらに強化されるのであれば、話は変わるのです。

 Kinkadeのリストには、1マナで唱えることができる強化呪文が11枚採用されています。《果敢な一撃》や《タイタンの力》はカードを1枚もたらしたり次のドローを改善したりと、このデッキでは素晴らしい活躍を見せてくれます。《強大化》は6マナという重いコストを持っていますが、「フェッチ・ランド」や1マナで唱えられる呪文でいっぱいのこのデッキでは、「探査」を用いることでこのカード自体も1マナで唱えることができるでしょう。またこのデッキでは《ドロモカの命令》もコンバット・トリックとして機能し、ときにはそれ以上の働きも見せてくれます。

 中でもこのデッキの爆発力を担うのが、《ティムールの激闘》です。果敢を持つクリーチャーや1マナ呪文と組み合わせることで、《ティムールの激闘》は大きな力を発揮するのです。例えば、《僧院の速槍》に《タイタンの力》と《果敢な一撃》、そして《ティムールの激闘》を唱えれば、1体の攻撃で16点ものトランプル付きダメージを与えることができるのです!

 そしてこのデッキにはもうひとつ、クールなカードが採用されています。それは《神話実現》です。これはエンチャントでありながら、実は果敢を持ったクリーチャーとして運用できます。《神話実現》が戦場にある状態でクリーチャーでない呪文を唱えると、そのたびに「伝承カウンター」が置かれ、その後に能力を起動することでクリーチャーとして機能するのです。《神話実現》は、全体除去やソーサリー・タイミングでの単体除去をかわすことができるという素晴らしい利点を備えています。また他にすることがないターンには、「伝承カウンター」を追加してサイズを上げることもできるのです。

Kinkade - 「ナヤ果敢」
スタンダード[MO] [ARENA]
4 《平地
3 《
1 《梢の眺望
1 《燃えがらの林間地
4 《吹きさらしの荒野
4 《樹木茂る山麓
1 《溢れかえる岸辺
1 《血染めのぬかるみ
4 《戦場の鍛冶場

-土地(23)-

4 《僧院の速槍
4 《ケラル砦の修道院長
4 《道の探求者
1 《僧院の導師

-クリーチャー(13)-
4 《果敢な一撃
4 《神話実現
4 《タイタンの力
4 《ティムールの激闘
1 《ドロモカの命令
2 《停滞の罠
3 《強大化
2 《ゼンディカーの同盟者、ギデオン

-呪文(24)-
1 《フェリダーの仔
2 《焦熱の衝動
2 《引き裂く流弾
1 《消去
1 《ドロモカの命令
2 《絹包み
2 《正義のうねり
1 《勇敢な姿勢
3 《光輝の炎

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER