READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

ストーム(レガシー)

Melissa_DeTora.jpg

ストーム(レガシー)

Melissa DeTora

2015年12月4日


 本日ご紹介するデッキは、以前から存在し今日に至るまで成功を続けるアーキタイプです。「ストーム」というメカニズムは、『スカージ』で登場しました。そしてその名を冠する「ストーム」デッキは数年前に姿を現し、それ以来新セットが登場するたびに進化を続け、現在でも強力なデッキであり続けています。

 動きとしては、《暗黒の儀式》や《陰謀団の儀式》といったマナを増やす呪文を大量に唱えるところから始まります。「儀式」をたくさん唱えたら、次に《炎の中の過去》を唱えて(あるいは《冥府の教示者》で《炎の中の過去》をサーチしたり)、またはそのまま決め手となる《苦悶の触手》を撃ち込みます。《炎の中の過去》は使用した「儀式」を再び唱えられるようにしてくれて、さらなるマナを生み出しながら「ストーム」の数を稼いでいくことができます。最終的には、《苦悶の触手》で止めが刺せるだけの「ストーム」が積み重なるでしょう。

 このデッキの鍵となるカードは、《ライオンの瞳のダイアモンド》です。能力を起動するために手札をすべて捨てる必要があるため、一見するとあまり役に立ちそうにないこのカードですが、実は《炎の中の過去》や《冥府の教示者》と驚くほどのシナジーを持っています。《冥府の教示者》を唱えてからそれに対応して《ライオンの瞳のダイアモンド》を起動すると、《冥府の教示者》が解決される際に「暴勇」によりライブラリーから好きなカードを持ってくることができます。そして持ってきたそのカードを、《ライオンの瞳のダイアモンド》で生み出した3マナを用いて唱えることができるのです。そして、《炎の中の過去》でも同様の動きができます。《炎の中の過去》に対応して《ライオンの瞳のダイアモンド》を起動すれば、墓地を一気に肥やしてそこから呪文を唱えることができるのです。

 そんな「ストーム」デッキに、『マジック・オリジン』より新たに《闇の誓願》が加わりました。このデッキで「魔巧」を達成するのは実に容易なため、《闇の誓願》は追加の《冥府の教示者》として使えます。《Demonic Tutor》はレガシーで禁止指定を受けているため、《闇の誓願》はその素晴らしい代役となります。

 一か八かという印象を受けがちな「ストーム」デッキですが、実はとても粘り強く戦えます。《思案》や《渦まく知識》などのドロー呪文が完璧な手札を作り上げる助けとなり、そして《陰謀団式療法》が打ち消しなどのこちらのコンボを妨害するカードを取り去ってくれるのです。

Caleb Scherer - 「ストーム」
レガシー[MO]
2 《
1 《
2 《Underground Sea
1 《Volcanic Island
4 《汚染された三角州
3 《沸騰する小湖
1 《血染めのぬかるみ

-土地(14)-


-クリーチャー(0)-
4 《ライオンの瞳のダイアモンド
4 《水蓮の花びら
4 《渦まく知識
4 《暗黒の儀式
4 《ギタクシア派の調査
4 《思案
3 《陰謀団式療法
3 《強迫
2 《定業
1 《汚物の雨
4 《陰謀団の儀式
4 《冥府の教示者
1 《炎の中の過去
1 《苦悶の触手
2 《闇の誓願
1 《むかつき

-呪文(46)-
2 《ザンティッドの大群
2 《蒸気の連鎖
2 《見栄え損ない
1 《陰謀団式療法
4 《突然の衰微
1 《再建
2 《巣穴からの総出
1 《Tropical Island

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER