READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

屈葬の贈り物(モダン)

Melissa_DeTora.jpg

屈葬の贈り物(モダン)

Melissa DeTora

2015年11月12日


 本日は、Magic Onlineのデイリー・イベントで3勝1敗の成績を収めたORSによる面白いモダン・デッキをご紹介しましょう。このデッキは、モダンで最も柔軟に使えるサーチ・カード《けちな贈り物》を中心に組まれたものです。《けちな贈り物》を使ったデッキは私も好きです。それは両方のプレイヤーに慎重な選択を迫ってくるからです。《けちな贈り物》の持つ力は、対戦相手の選ぶ手によって大きく変わります。相手が選択に失敗すれば、それだけで有利を取れるのです。

 とはいえ、《けちな贈り物》の使い方として最もありふれているのは、4枚ではなく2枚だけ探してくる方法です。探せるのは「最大」4枚までであるため、4枚探す義務はないのです。《けちな贈り物》で2枚だけ探してきた場合、対戦相手の取れる選択肢はそれら2枚を墓地に置くことだけです。そこで、《堀葬の儀式》とそれでリアニメイトしたいクリーチャー、というように墓地へ落としたいカードを2枚サーチするのが常套手段になっているのです。このデッキは、ほとんどのデッキにとって敗北に直結する《大修道士、エリシュ・ノーン》や《エメリアの盾、イオナ》といったカードを、早ければ5ターン目に墓地から繰り出すことができ、ゲームの幕を素早く降ろすことが可能なのです。

 《けちな贈り物》はまた、大きなアドバンテージ獲得手段としても使えます。このデッキには、墓地から唱えることができたり、墓地とシナジーを持っていたりするものが多く採用されているのです。例えば、除去呪文3枚と《瞬唱の魔道士》を持ってくれば、確実に2回は対戦相手のクリーチャーに向けて除去を撃ち込むことができます。コントロール・デッキに対しては、《ヴェールのリリアナ》、《思考囲い》、《コジレックの審問》、《瞬唱の魔道士》と持ってきてやりましょう。この組み合わせなら相手の手札を引き裂くことができ、相手はかなり難しい選択を迫られるはずです。状況によっては、呪文2枚と《瞬唱の魔道士》、それから《ヴリンの神童、ジェイス》を探し出すのも極めて有効でしょう。

ORS - 「屈葬の贈り物」
モダン[MO]
1 《平地
1 《
2 《
1 《神聖なる泉
1 《神無き祭殿
2 《湿った墓
4 《溢れかえる岸辺
4 《汚染された三角州
4 《湿地の干潟
4 《幽霊街

-土地(24)-

4 《ヴリンの神童、ジェイス
3 《瞬唱の魔道士
1 《大修道士、エリシュ・ノーン
1 《テラストドン
1 《エメリアの盾、イオナ

-クリーチャー(10)-
4 《コジレックの審問
2 《思考囲い
4 《流刑への道
2 《呪文嵌め
4 《差し戻し
1 《未練ある魂
4 《けちな贈り物
1 《堀葬の儀式
4 《ヴェールのリリアナ

-呪文(26)-
2 《払拭
2 《思考囲い
3 《石のような静寂
2 《天界の粛清
4 《涙の雨
1 《機を見た援軍
1 《スフィンクスの啓示

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER