READING

戦略記事

Daily Deck -今日のデッキ-

僧院の導師(ヴィンテージ)

Melissa_DeTora.jpg

僧院の導師(ヴィンテージ)

Melissa DeTora

2015年4月30日


 ヴィンテージのデッキを組み上げるのは大変なことです。このフォーマットのプレイヤーでなければ、なおのことでしょう。多くの方には、ヴィンテージのデッキはほとんど同じものに見えていると思います。強力な制限カードを1枚ずつ入れてから、特定の戦略のカードを詰め込むというものです。ルイス・スコット=ヴァーガス/Luis Scott-Vargasのデッキもそう違いはありません。各種「Mox」、《Black Lotus》、《Ancestral Recall》、《Time Walk》、《宝船の巡航》など、定番カードのほとんどを見ることができます。また、彼は史上最高級に強力な、マナ・コストのいらない打ち消し呪文である《Force of Will》と《精神的つまづき》をプレイしています。

 ルイスのデッキで際立って見えたのは、その勝ち手段の選択です。ヴィンテージのデッキで《僧院の導師》を見るとは、私はまったく思いもしませんでしたが、ここにあるのです。私が初めて《僧院の導師》を目にしたのは、近くのゲーム店に立ち寄ったときに行なわれていたヴィンテージのフライデー・ナイト・マジックでした。スタンダード級のカードをエターナル・フォーマットでプレイするなんて、本当に素敵だと思いました。そして部屋を見渡してみると、私は多くのプレイヤーが《僧院の導師》を軸としたヴィンテージ・デッキを持っていることに気づいたのです。

 これは筋が通っています。《若き紅蓮術士》はヴィンテージとレガシーの両方でトップクラスに位置し、マジック史上でも最も効率的な赤のクリーチャーのひとつです。《若き紅蓮術士》が戦場にいれば、唱える呪文すべてが脅威を生成するのです。1/1のクリーチャーを脅威と呼ぶなんて馬鹿げているとお思いかもしれません。ですが、強力なドロー呪文、効率的なマナ加速、打ち消し呪文で定義されているヴィンテージ・フォーマットにおいては、実のところトークンをうまく処理する方法がないのです。《僧院の導師》は《若き紅蓮術士》の良いアップグレード版です。それほど多くの呪文を唱える必要はなく、呪文を唱えるたびにトークンが大きくなることによって、《僧院の導師》はより早くゲームを決めてしまうことができるのです。

 また、私はこのデッキの《概念泥棒》も大好きです。ほとんどの場合において、ヴィンテージのゲームはカードを引く呪文を解決できるかどうかに帰着します。そこでこのクリーチャーは、状況をまったくの有利に変えてしまえるのです。こうしたクリーチャーがヴィンテージでもっと多く見られるようになるのは、素晴らしいことだと思います。

Luis Scott-Vargas - 「ヴィンテージ・メンター」
ヴィンテージ[MO]
1 《
3 《Tundra
2 《Underground Sea
4 《溢れかえる岸辺
3 《沸騰する小湖
1 《Library of Alexandria
1 《露天鉱床

-土地(15)-

3 《僧院の導師
2 《概念泥棒

-クリーチャー(5)-
1 《Black Lotus
1 《Mana Crypt
1 《Mox Emerald
1 《Mox Jet
1 《Mox Pearl
1 《Mox Ruby
1 《Mox Sapphire
1 《太陽の指輪
3 《精神的つまづき
2 《ギタクシア派の調査
1 《Ancestral Recall
3 《定業
1 《思案
1 《渦まく知識
3 《Mystic Remora
2 《陰謀団式療法
1 《師範の占い独楽
1 《剣を鍬に
1 《Demonic Tutor
1 《Time Walk
4 《Force of Will
1 《噴出
3 《時を越えた探索
1 《宝船の巡航
2 《撤廃
1 《精神を刻む者、ジェイス

-呪文(40)-
2 《封じ込める僧侶
1 《エーテル宣誓会の法学者
1 《戦争の報い、禍汰奇
2 《墓掘りの檻
2 《剣を鍬に
1 《狼狽の嵐
1 《真髄の針
2 《静寂
1 《解呪
1 《安らかなる眠り
1 《魔力流出

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER