READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

バーン(Pauper)

岩SHOW

 あえておっさんみたいな発言をしてみようと思う。最近でも「我慢大会」ネタってあるのかな?

 僕が子どもの時は、夏になるといろんなアニメで我慢大会が開催され、主人公たちがハッスルしていたものである。この我慢大会というのは、猛暑の中ストーブを焚いた部屋でこたつに入って鍋焼きうどんを食する、みたいなのがテンプレで……子ども心に「こんなん危なすぎるだろ」と思っていたものである。今や日本は赤道直下の国々と差がないほどの暑い国になってしまったので、こんなんシャレにならないのだろうか(笑)。今のキッズには無理せずに、空調が整えられた環境でマジックをプレイして快適な夏休みを送ってほしいね!

 熱さを体感するのはゲームの中だけで結構!というわけで、今日のデッキはバーンだ。Burrrrn!!

Patxi - 「バーン」
Magic Online Pauper Challenge #11529390 3位 / Pauper (2018年8月5日)[MO] [ARENA]
16 《
3 《忘れられた洞窟
-土地(19)-

4 《ギトゥの溶岩走り
4 《熱錬金術師
-クリーチャー(8)-
4 《稲妻
4 《稲妻の連鎖
4 《溶岩の撃ち込み
4 《針落とし
1 《欠片の飛来
4 《貫かれた心臓の呪い
4 《焼尽の猛火
4 《裂け目の稲妻
4 《火炎破
-呪文(33)-
1 《灰の殉教者
4 《ケルドの匪賊
2 《電謀
4 《粉々
1 《鋭い痛み
3 《溶鉄の雨
-サイドボード(15)-
 

 定期的に紹介しているPauperのバーンデッキだ。

 バーン=燃やすってことで、対戦相手に火や雷をバシバシ撃ち込んでライフを0にしてやろうという、アグレッシブなデッキである。あらゆる環境に存在するデッキであり、戦略的にもとても分かりやすい。そして、さほどレアカードを必要としない、コモンでデッキの大半が埋まるというのが特徴で、マジック初心者にもオススメしやすいデッキである。シンプルに見えてそれなりに駆け引き要素もあるので、マジックの醍醐味を味わいやすいのも良い点だ。

 上述のようにコモンでデッキが組める、ということはコモン限定構築のPauperではレガシーなどとそれほど遜色ない強さのデッキを用いることができるってわけで……この環境の人気デッキの1つとして、ずーーーっと存在し続けている。Twitterなんかを見ていると、マジックを始めてみた!という方がPauperのバーンから入って、コツコツとパーツを集めてモダンやレガシー仕様にしたり、またはその逆のルートをたどったりしている姿を見ることがある。マジック普及に貢献しているという点でも、褒めてやりたいGoodデッキだ!

 最近のPauperバーンでは《熱錬金術師》は不動の地位を築いているようだ。

 タフネス3で最低限の壁としての仕事をしながら、タップ能力で1点→《稲妻》唱えてアンタップでさらに1点……と、安定して打点を叩き出してくれる仕事人っぷりが素敵だ。

 彼と並行して採用されるクリーチャー枠に『ドミナリア』から飛び込んだのが《ギトゥの溶岩走り》。スタンダードの赤単でも絶賛活躍中の1枚だ。

 墓地にインスタント or ソーサリーが2枚以上あれば2/2速攻になる1マナクリーチャー……この火力陣ならそんな条件を満たすのは楽勝! 早いと2ターン目からビュンビュンと駆け抜けてくれる頼もしさだ。

 バーンデッキは手札を消費してダメージを与えるという動きを取るので、簡単に手札がなくなりやすい。相手のクリーチャーを除去したりするとなおのことで、ライフを削る手段が少なくなってしまう。1枚で何度もダメージを与えてくれるクリーチャーの存在は、結構重要なのだ。

 1枚で複数回削ってくれるという点で見れば、《貫かれた心臓の呪い》も貴重な存在だ。

 たった1点、されど1点。毎ターンコツコツと相手のライフを削ってくれる貴重なエンチャントだ。エンチャントなのでメインでは対処されにくく、2ターン目にバンッと貼ってしまえば打ち消し呪文などで妨害してくるタイプのデッキ相手にもある程度のダメージを計算しながら立ち回れる。これら継続してダメージを与える発生源(通称クロック)と、手札から投げ捨てる火力呪文のバランス。これがバーンデッキの肝なので、これからデッキ構築する人はその辺を意識しながらやってみてほしい。

 もちろん対策はされやすいデッキなのだが、いつだって相手がバーン対策を万全にしているわけでもない。それに対策手段を用意されても、ちょっと土地を上手く引けないとかでもたついている間にさっさとゲームを終わらせてしまえるので……ネガティブにならず、何度もトライしてほしいね。

 この夏マジックデビューするならバーン、Pauperデビューするならなおさらバーン! 皆で熱く燃え上がってほしいもんだ。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER