READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

スゥルタイ巻きつき蛇(スタンダード)

岩SHOW

 君のデッキに必殺技はあるか? いやまあ、何をもって必殺技というかは人それぞれだけれども……個人的には、カード数枚の組み合わせでドカンと一撃で大きく勝利に詰め寄れるアクションのことをこう呼びたい。

 そしてそういったものを備えているデッキが好きだ。劣勢から気が付けば、あれ、勝ってる……という状況に持っていけるコンボ的なものがデッキにあると安心感が違うのだ。コンボデッキになると、それを通すためにいろいろと努力しなければならないが、あくまでそれを勝ち手段の1つにしただけでメインは普通にクリーチャーで殴り勝つ、そういうコンセプトで作られたデッキは最高だ。対戦していても、真面目一本気のデッキよりもこうした必殺技を持ったデッキの方が警戒しなくちゃいけないので面倒なことこの上ない。

 今日紹介するデッキは、現環境でもトップクラスのパワフルな必殺技持ちだ! ドカンと決めるぜ「スゥルタイ巻きつき蛇」!

Slater Claudel - 「スゥルタイ巻きつき蛇」
グランプリ・シアトル2018(スタンダード) 6位 / スタンダード (2018年4月7~8日)[MO]
3 《
1 《
4 《花盛りの湿地
2 《穢れた果樹園
4 《植物の聖域
3 《異臭の池
4 《霊気拠点
2 《ハシェプのオアシス
1 《イフニルの死界
-土地(24)-

4 《光袖会の収集者
4 《導路の召使い
4 《巻きつき蛇
3 《ピーマの改革派、リシュカー
4 《逆毛ハイドラ
3 《新緑の機械巨人
4 《歩行バリスタ
-クリーチャー(26)-
2 《顕在的防御
2 《致命的な一押し
3 《ハダーナの登臨
3 《ヴラスカの侮辱
-呪文(10)-
3 《打ち壊すブロントドン
3 《強迫
2 《致命的な一押し
2 《本質の散乱
1 《アルゲールの断血
1 《否認
2 《野望のカルトーシュ
1 《ヴラスカの侮辱
-サイドボード(15)-
 

 すっかりおなじみの存在となった《巻きつき蛇》デッキ。『霊気紛争』発売から1年と少しの期間を経て、新戦力を得たり環境の変遷によって立ち位置が変わったりしながら、今でも強いデッキの1つとして存在し続けている。しぶといね!

 まさしく蛇という感じの息の長いアーキタイプだが、最近のトレンドとも言えるのがこの必殺技装備型のスゥルタイ(黒緑青)カラー。スゥルタイといっても青いカードは多数採用されているわけではなく、全部で合計6枚、メインデッキでは《ハダーナの登臨》のみが採用されている。そして、このカードこそがそこまでする価値のある必殺技なのだ。

クリックで変身します

 《巻きつき蛇》はプレイヤーやクリーチャーが得るカウンターの数を1個増やす。これにより、エネルギーを得るカードや+1/+1カウンターを置くカードの価値が大幅に上昇し、《光袖会の収集者》《ピーマの改革派、リシュカー》が額面以上の働きを見せる、というのが○○巻きつき蛇デッキのウリ。

 盤面をジワジワと強くしていくのが基本戦略なのだが、《ハダーナの登臨》の登場により突然ゲームエンドという選択肢を得た。このエンチャントは戦闘開始時にクリーチャー1体に+1/+1カウンターを1個置くことができ、言うまでもなく《巻きつき蛇》との相性は良いのだが……問題はその第2面である。

 登臨でカウンターを置いた際に、そのクリーチャーの上に置かれたカウンターが合計3個以上であればこのカードは《オラーズカの翼神殿》へと変身する。こちらは5色土地であると同時に、クリーチャー1体に飛行と、それ自身のパワーに等しい+X/+X修整を与えるという起動型能力を持つ。簡単に言うと、いきなりクリーチャーが倍のサイズになって飛んでくるということだ。

 これ単体であれば、同じクリーチャーを3ターン維持しながら育ててようやく条件クリアとなるのだが、巻きつき蛇デッキであれば出したターンの間にすぐさま変身させるなんて容易いこと。{G}{G}{U}{U}含む6マナとすでにカウンターが1個以上置かれているクリーチャーと《巻きつき蛇》、これだけあれば一撃必殺ENDなんてことも可能なのだ! 恐ろしい。

 《オラーズカの翼神殿》はその効果が凄まじく、簡単に勝利をもたらしてくれる可能性があるが……対戦相手が毎度毎度それを許してくれるわけもない。土地をフルタップした返しに狙えれば安全だが、そうでない場合は常に除去の恐怖が付きまとう。

 だったらそもそも除去されないクリーチャーを使えば良いじゃないか、というわけでこのデッキでは一時期緑とエネルギー絡みのデッキに多く採用されスタンダードを我が物顔でのし歩いていた《逆毛ハイドラ》が4枚投入されている。

 久しくその姿を見ていないプレイヤーも多いかもしれないが、このカードのプレッシャーは健在だ。能力で呪禁を得られるので《ヴラスカの侮辱》のような単体除去も怖くなく、+1/+1カウンターを得られるので《ハダーナの登臨》の変身条件も満たしやすい。どれだけ追い詰められてもハダーナ&ハイドラコンボが決まれば勝てる……そういう希望がデッキ内にはあるのは良いことだ。

 このデッキはグランプリ・シアトル2018(スタンダード)にてトップ8に勝ち上がっているのだが、おそらくは消耗戦の末にこの希望に満ちたコンボを決めて勝ったゲームがあるはずだ。長丁場になればなるほど、必殺技のありがたみは増すってもんだ。

 もちろん、2色のデッキに比べると事故の危険性は増している。それでも、見返りが大きければこういう構築はありってことだ。そして……『ドミナリア』では《森林の墓地》《内陸の湾港》ら『イニストラード』の2色土地サイクルが帰ってくる! これでこのデッキの運用も今よりも楽になることだろう。次期環境も蛇はまだまだ怖い存在かもね!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER