EVENT COVERAGE

プロツアー『指輪物語』

観戦記事

プロツアー・指輪物語 決勝戦

Corbin Hosler

2023年7月31日

 

(編訳注:埋め込み動画は英語実況のものです。)

 プロツアー・指輪物語の決勝戦は『指輪物語:中つ国の伝承』ドラフトで埋め尽くされた週末の集大成であり、手に汗握るモダンフォーマットのトップ8最終戦は完璧な締めくくりになった。片方に座するは、究極の愛されキャラであり、トーナメントのグラインダーであるクリスティアン・カルカノ/Christian Calcanoだ。バルセロナで開催されるプロツアーへの出場権を手にしたのは、ありえないようなハプニングの連続の末のことだった。もう一方のジェイク・ビアズリー/Jake Beardsleyは、初のプロツアーで夢のようなパフォーマンスで駆け抜けようとしていた。

 彼らのデッキは今大会、そして「中つ国の伝承」の縮図だった。「トロン」側の《一つの指輪》に相対するは「ラクドス想起」の《オークの弓使い》。これら2枚のカードは各々のデッキを会場で最も人気のある傑物へと押し上げた。そして今、決勝戦で再びまみえることになった。

Christian Calcano - 「Mono-Green Tron」
プロツアー・指輪物語 / モダン (2023年7月28~30日)[MO] [ARENA]
1 《宝石の洞窟
4 《ウルザの鉱山
4 《ウルザの魔力炉
4 《ウルザの塔
2 《耐え抜くもの、母聖樹
3 《
-土地(18)-

2 《絶え間ない飢餓、ウラモグ
2 《ワームとぐろエンジン
-クリーチャー(4)-
1 《精霊龍、ウギン
2 《解放された者、カーン
4 《大いなる創造者、カーン
4 《森の占術
4 《古きものの活性
2 《歪める嘆き
3 《一つの指輪
3 《忘却石
3 《大祖始の遺産
4 《探検の地図
4 《彩色の星
4 《彩色の宝球
-呪文(38)-
1 《街並みの地ならし屋
1 《隔離するタイタン
1 《湧き出る源、ジェガンサ
2 《機能不全ダニ
1 《歩行バリスタ
1 《一つの指輪
1 《罠の橋
1 《忘却石
1 《液鋼の塗膜
1 《石の脳
1 《黄鉄の呪文爆弾
1 《トーモッドの墓所
1 《仕組まれた爆薬
1 《虚空の杯
-サイドボード(15)-

湧き出る源、ジェガンサ
-相棒 -
Jake Beardsley - 「Rakdos Evoke」
プロツアー・指輪物語 / モダン (2023年7月28~30日)[MO] [ARENA]
2 《新緑の地下墓地
2 《湿地の干潟
2 《血染めのぬかるみ
3 《汚染された三角州
1 《見捨てられたぬかるみ、竹沼
3 《黒割れの崖
4 《血の墓所
3 《
-土地(20)-

4 《激情
4 《悲嘆
4 《オークの弓使い
1 《死の飢えのタイタン、クロクサ
4 《ダウスィーの虚空歩き
4 《敏捷なこそ泥、ラガバン
-クリーチャー(21)-
4 《鏡割りの寓話
4 《思考囲い
2 《終止
3 《不死なる悪意
3 《フェイン・デス
2 《致命的な一押し
1 《血染めの月
-呪文(19)-
2 《黙示録、シェオルドレッド
1 《死の飢えのタイタン、クロクサ
1 《終止
2 《稲妻
1 《真髄の針
1 《虚無の呪文爆弾
3 《虚空の杯
2 《仕組まれた爆薬
2 《血染めの月
-サイドボード(15)-

 全ゲーム、見慣れた展開をたどることになった。ビアズリーはゲーム序盤にカルカノの手札をボロボロにしようと試み、他方カルカノは妨害をかいくぐりながら《ウルザの魔力炉》《ウルザの鉱山》《ウルザの塔》のトリオを完成させ、その大量のマナをもって様々なライブラリーを掘り下げるカードの効果で勝利条件を引き込むことを試みた。

 第1ゲームは「トロン」の最新の追加戦力がその力を見せつけた。つまり、《一つの指輪》だ。プロツアー・指輪物語全体での最多使用カードであり、この強力なアーティファクトが決勝戦の輪郭を示すのは当然のことだ。最初のゲームでリソースの交換が行われる中、盤面の主導権を握ったのは4ターン目の《一つの指輪》だった。

 第2ゲーム、カルカノは完璧なオープニングハンドを見せた。つまり、素引きでトロンランド3種をすべて揃え、《絶え間ない飢餓、ウラモグ》を4ターン目に降臨させる。このプレイはゲームを実質的にその場で終わらせるものになっただろう。が、ビアズリーに希望は残っていた。

 実際、彼は完全に主導権を握っていた。彼は2ターン目に《ダウスィーの虚空歩き》をプレイした。一見すると脅威としては遅いもののように見えたが、実際のところ、この週末に見られた多くの不思議な盤面の鍵なのだ。対戦相手からカードを盗み、無料で唱えることができる能力は最初の数ターンで「ラクドス想起」デッキに高い到達点を与えてくれる。

 さて、殴り倒したのは誰だ?どういうわけか、「4ターン目ウラモグ」ではなかった。「3ターン目ウラモグ」。ビアズリーは《ダウスィーの虚空歩き》に続いて《思考囲い》を繰り出し、《ダウスィーの虚空歩き》の能力を起動し、カルカノのウラモグを唱えた。これがみんなのモダンであり、ビアズリーにとって星を五分に戻す2ゲーム目の勝利だった。

 第3ゲームは両者ともに素晴らしいスタートを切った。ビアズリーは1ターン目に《激情》をプレイし戦場に戻すことで、カルカノに速いクロックを突き付けることができた。一方、「3ターン目トロン」がカルカノの引きだった。ゲームを短時間で奪い返すのに必要なものは彼の手札にすべてそろっていた。

 だが、ビアズリーはその短時間を与えようとはしなかった。攻撃し、さらに強力なカードで追い打ちをかけた。4ターン目に世界中のマナを集めても、それまでに死んでしまっては意味がない。ビアズリーはまさにそれをやってのけた。カルカノの《ワームとぐろエンジン》が立ちはだかる前に、致命打を叩き込んだのだ。

 ジェイク・ビアズリーは初めてのプロツアーで、初めてのプロツアー決勝まで進出し、そしてあと1勝でプロツアーを一気に制覇するチャンスだった。ビアズリーがプレッシャーを感じていたとしても、落ち着いて《敏捷なこそ泥、ラガバン》で口火を切り、猿・海賊を機能させた。その後《悲嘆》が続き、ビートダウンが始まった。一方でカルカノの「トロン」の重い手札には、切り返すための《精霊龍、ウギン》が《一つの指輪》と《忘却石》とともにあった。

 しかし、それらの対抗策はビアズリーの3ターン目《血染めの月》によって立ち止まらざるを得なかった。モダン創設以来の「トロン」へのヘイトカードの代表格であり、このゲームにおいて、8~10マナを1ターンのうちに《忘却石》起動のために使用するというカルカノの目標にとって絶対的な重荷となった。

 カルカノはライブラリーを掘り進み、ビアズリーは攻撃に向かう。カルカノが《忘却石》を爆破し戦場を(《一つの指輪》を《機能不全ダニ》で追放して)一掃する準備ができた時には、彼のライフは僅か5まで落ち込んでいた。そして、彼のあずかり知らぬところで、ビアズリーは《稲妻》を握っていたのだ。

 しかし、5点は0ではない。カルカノはついに《忘却石》を爆発させ、差し当たって盤面を空にした。けれどもその状態は長くは続かない。ビアズリーの《フェイン・デス》が《悲嘆》を引き戻し、《精霊龍、ウギン》をカルカノの手からもぎ取ったのだ。

 しかし、カルカノは代わりとなる別のプレインズウォーカーを手にしていた。《解放された者、カーン》は《罠の橋》をもたらしたのだ。ビアズリーが解答策を見つけることができず、急に全く異なるゲーム展開を目の当たりにすることになった。

 そして、その試合はこれまでプロツアーで見た試合の中でも、最高クラスのものだった。盤面を空にし、何ターンも前に自身の《一つの指輪》を取り除くというカルカノの決断は功を奏し、彼はテーブルをひっくり返し、攻勢に出ることを視野に入れた。

 一方、ビアズリーとしては《稲妻》で全てを終わらせる方法を見出そうとしていた。そして《死の飢えのタイタン、クロクサ》を引いた時、彼は最後の5点を削る道を見つけたと考えた。カルカノは盤面をコントロールこそしていたものの、ほとんど手札を使い切っていたのだ。カルカノがたった1枚の手札でターンを返した時、彼は好機と見た。つまり、《稲妻》をターン終了時に、アンタップするや否や勝利を感じさせる《死の飢えのタイタン、クロクサ》を唱えたのだ。

 カルカノの最後の手札が土地であれば、ビアズリーがプロツアーを制する。彼がクロクサを唱えると、カルカノは最後の手札を捨てた。

 つまり、彼はクロクサによってライフを失うことなく、アンタップして引いたばかりの《機能不全ダニ》で自身の《罠の橋》を壊しながら決定的な2点のライフを得ることができたのだ。プロツアーの決勝戦史上、最高級のプレイによってライフ総量を確保し、カルカノは盤面を解放し、ビアズリーはプロツアー史に残るゲームを投了することになった。

 つまるところ、全ては決勝戦最終ゲームにかかり、勝者がプロツアー・指輪物語の王座を戴冠するのだ。

 試合は古典的な1ターン目《悲嘆》からの《不死なる悪意》で幕を開け、カルカノの手札から《ワームとぐろエンジン》と《一つの指輪》っを奪い去った。そして、ビアズリーにとっては状況が好転した。彼は後続となる《血染めの月》を持っており、カルカノから緑マナをも取り去ったのだ。

 そして、それでおしまい。《悲嘆》が何度も攻撃している間、カルカノはドローステップを無駄にした。4ゲーム目は史上最高傑作だったが、5ゲーム目と結末は「ラクドス想起」における最高級だった。カルカノの最後のドローステップが空振りに終わると、2度のトップフィニッシュ経験者である彼は手を伸ばし、初めてのプロツアーで全てを勝ち取ったビアズリーを祝福した。

 改めておめでとう、ジェイク・ビアズリー。君がプロツアー・指輪物語王者だ!

プロツアー・指輪物語王者、ジェイク・ビアズリーおめでとう!

ビアズリーは強力なモダンのデッキと、素晴らしいプレイヤーたちによる戦場を突き抜け、記憶に残る「ラクドス想起」デッキを手にタイトルを勝ち取った。

ジェイク、改めておめでとう!

  • この記事をシェアする

サイト内検索