EVENT COVERAGE

『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド

トピック

『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(2月)観戦ガイド

Wizards of the Coast

2021年2月24日

 

 2020-21シーズン、そして「『カルドハイム』チャンピオンシップ」(リンク先は英語)へ向けたリーグ所属選手たちの戦いは、「『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(2月)」へと続いていきます。MPL(マジック・プロリーグ)およびマジック・ライバルズ・リーグの選手たちはともに、本年2回目となるリーグ・ウィークエンドにてリーグ内での対戦に臨みます。

Kaldheim-League-Weekend-Logo.png

 MPLとライバルズ・リーグ、総勢70名の選手たちが競い合うリーグ戦は、MTGアリーナを用いてオンラインで行われます。皆さんの応援している選手がシーズン賞金総額400,000ドルとポストシーズン進出を懸けた戦いに挑む姿をご覧いただけます。リーグ・ウィークエンドについての詳細や現在のプレイオフ進出レースの状況をご確認いただき、生放送で紡がれる物語をお楽しみください。

イベントはどこで観戦できる?

 『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(2月)の模様は、2月27~28日(PST)にtwitch.tv/magicにて生放送でお送りします。放送は各日の午前8時(PST)(日本時間28日午前1時・3月1日午前1時)に開始いたします。総当たり戦の対戦組み合わせはすでに決定しており、中でも注目の試合をフィーチャーマッチとして放送で取りあげる予定です。今週末におけるフィーチャーマッチは以下の通りです。ライバルズ・リーグからご紹介しましょう。(各ラウンドの開始時間はおおよその目安となります。表記はPSTです。)

ライバルズ・リーグ――2月27日(PST)
開始時間 現在の順位 プレイヤー名 保有ポイント vs. 現在の順位 プレイヤー名 保有ポイント
8:10 a.m. 10 石村 信太朗 20 vs. 8 ルカ・マーニ/Luca Magni 21
9:20 a.m. 10 マイク・シグリスト/Mike Sigrist 20 vs. 2 ザカリー・キューネ/Zachary Kiihne 23
10:30 a.m. 8 コーリー・バークハート/Corey Burkhart 21 vs. 2 マット・スパーリング/Matt Sperling 23
11:40 a.m. 19 ヤクブ・トート/Jakub Tóth 18 vs. 19 アレクサンダー・ヘイン/Alexander Hayne 18
12:50 p.m. 5 ルイス・スコット=ヴァーガス/Luis Scott-Vargas 22 vs. 10 イヴァン・フロック/Ivan Floch 20
2:00 p.m. 2 イーライ・カシス/Eli Kassis 23 vs. 1 スタニスラフ・ツィフカ/Stanislav Cifka 24

 ライバルズ・リーグの首位を僅差で追うプレイヤーの密集した一団は、今週末の決戦を通じて集団から抜け出し、首位を追いかけようとしています。石村信太朗選手とルカ・マーニ選手はともに、最近の成功で足場を固め、ランキングの頂点へ駆け上がり続けることを狙っています。

 2位タイのザカリー・キューネ選手は元プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのマイク・シグリスト選手を倒して上位に残ることを目指し、同順位のマット・スパーリング選手はプレイヤーズツアー・フェニックス2020の王者コーリー・バークハート選手との上位決戦に臨みます。

 ヤクブ・トート選手は『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(1月)での奮闘により集団に追いつき、彼の旅はプロツアー『アヴァシンの帰還』王者であり今週末も好成績をうかがうアレクサンダー・ヘイン選手との決戦につながります。

 そして、傑出した4人の選手によるライバルズ・リーグのフィーチャー・マッチが土曜日を締めくくります。殿堂顕彰者ルイス・スコット=ヴァーガス選手はプロツアー『マジック2015』王者のイヴァン・フロック選手との決戦を制して上位維持を目論み、最後にランキング1位と2位に位置するスタニスラフ・ツィフカ選手とイーライ・カシス選手が順位を再び決定づけるマッチによって土曜日が終わります。

MPL――2月28日(PST)
開始時間 現在の順位 プレイヤー名 保有ポイント vs. 現在の順位 プレイヤー名 保有ポイント
8:10 a.m. 8 アンドレア・メングッチ/Andrea Mengucci 21 vs. 11 佐藤 レイ 20
9:20 a.m. 7 ジャン=エマニュエル・ドゥプラ/Jean-Emmanuel Depraz 22 vs. 5 オンドレイ・ストラスキー/Ondřej Stráský 23
10:30 a.m. 14 ブライアン・ブラウン=デュイン/Brian Braun-Duin 16 vs. 8 リード・デューク/Reid Duke 21
11:40 a.m. 3 ブラッド・ネルソン/Brad Nelson 24 vs. 5 マーティン・ジュザ/Martin Jůza 23
12:50 p.m. 3 セス・マンフィールド/Seth Manfield 24 vs. 13 ハビエル・ドミンゲス/Javier Dominguez 18
2:00 p.m. 1 パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ/Paulo Vitor Damo da Rosa 28 vs. 2 ガブリエル・ナシフ/Gabriel Nassif 27

 日曜日に行われるMPLのフィーチャーマッチでは、この舞台がいかに過酷であるかが示されます。上位に位置する選手も例外ではありません。

  • ミシックインビテーショナル王者のアンドレア・メングッチ選手は、前回のリーグ・ウィークエンド首位の佐藤レイ選手と相見え、ともに上位の足場固めを狙います。
  • ジャン=エマニュエル・ドゥプラ選手とオンドレイ・ストラスキー選手はともに第3位と明確な差がありますが、これらのヨーロッパの王者たちは連続となるマジック世界選手権への出場に向けて走ります。
  • 殿堂顕彰者リード・デューク選手もまた上位をうかがう1人ですが、リーグ・ウィークエンド(1月)での激戦を経て、世界選手権2016王者のブライアン・ブラウン=デュイン選手が勢いに乗じて立ちふさがる選手を破るかもしれません。
  • 順位表の上位ではブラッド・ネルソン選手とマーティン・ジュザ選手が接戦を演じ、殿堂顕彰者セス・マンフィールド選手は頂点への返り咲きを狙う2016年の世界王者ハビエル・ドミンゲス選手の阻止を狙います。
  • 最後に、現世界王者のパウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ選手が同じく殿堂顕彰者であるガブリエル・ナシフ選手との1位・2位の大物直接対決でリーグ・ウィークエンド(2月)を締めくくります。

 12試合(ライバルズ・リーグ6試合とMPL6試合)のフィーチャーマッチに加えて、選手たちがそれぞれ自身の配信チャンネルで試合の様子を配信する予定です。70選手、合計374マッチが行われるこの週末は、お気に入りのプレイヤーたちの戦いを存分にお楽しみいただけるのです。

 各選手のデッキリストは、リーグ・ウィークエンドの開始に先がけて2月27日(PST)にMagic.gg(英語)にて公開予定です(編訳注:日本語版も追って公開予定です)。さらに、@MagicEsportsのTwitterアカウント(英語)や#MTGLeagueWeekendのハッシュタグでは、Twitterならではのコンテンツをお届けします。

 また配信中やリーグ・ウィークエンド終了時に、@MagicEsportsのTwitterアカウント(英語)にて暫定的な順位もお伝えする予定です。リーグ・ウィークエンドの結果と順位の確定情報リーグのまとめ、リーグ全体の振り返りはMagic.gg(英語)にて3月2日(火)(PST)までに更新予定です。

日本語版注:日本語での情報は、以下のメディアからお届けします。

  • Twitter @mtgjp (マジック日本公式アカウント)
  • Twitter @MTGArenaJP (MTGアリーナ日本公式アカウント)
『ゼンディカーの夜明け』リーグ・ウィークエンド 放送ページ・放送日程(日本時間)
 
放送日 放送時間 ミラー担当(Twitch) 放送ページ
2月27日(土) 深夜25:00~ ブルナー実久 英語版Twitchチャンネル
・ミラー担当者のTwitchチャンネル
・各選手の個人配信チャンネル
2月28日(日) 深夜25:00~ 市川ユウキ

 日本からの参加選手と、各選手の配信先は以下のとおりです。(※各選手の配信にはディレイ処理が義務付けられています。)

デッキリストの公開はいつ?

 2月27日(土)の午前7時30分(PST)ごろに、Magic.ggにてデッキリストを公開予定です(編訳注:日本語版も追って公開予定です)。

デッキリストは公開制?

 すべてのプレイヤーはリーグ・ウィークエンド期間中に、対戦相手のデッキリストを確認することができます。

英語生放送の配信チームは?

誰が戦うの?

 リーグ・ウィークエンドでは、マジック・プロリーグ所属選手24名とマジック・ライバルズ・リーグ所属選手46名の計70名がそれぞれのリーグで競い合います。各リーグとも総当たり戦で行われ、選手たちはシーズン内の順位を決めるポイントを懸けて戦います。

 『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(2月)の対戦組み合わせ一覧は、リーグ情報のページをご確認ください(リンク先は英語)。

 リーグ・ウィークエンドについての詳細は、こちらをご確認ください。

賞金は?

 賞金総額400,000ドルが、3つのスプリット(『ゼンディカーの夜明け』スプリット、『カルドハイム』スプリット、『ストリクスヘイヴン』スプリット)に分配されます。各スプリットとも、プロリーグ、ライバルズ・リーグそれぞれに50,000ドルずつ分配され、さらに50,000ドルずつがシーズン閉幕時のボーナスに充てられます。選手に授与される賞金額は、各スプリットの終了時の順位にもとづいて決められます。

 リーグごとの賞金額は以下の通りです。

MPL順位 賞金
1~4位 $3,500
5~12位 $2,500
13~20位 $1,500
21~24位 $1,000
$50,000
 
ライバルズ・リーグ順位 賞金
1~4位 $2,250
5~12位 $1,500
13~24位 $1,250
25~36位 $750
37~44位 $500
45~46位 $250
$49,500

 『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(2月)は、『カルドハイム』スプリットに行われる2つのリーグ・ウィークエンドの後半です。『カルドハイム』スプリットは、3月26~28日に開催される「『カルドハイム』チャンピオンシップ」(リンク先は英語)をもって終了します。

日程 イベント フォーマット
2021年1月16~17日 『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(1月) ヒストリック
2021年2月27~28日 『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(2月) スタンダード
2020年3月26~28日 『カルドハイム』チャンピオンシップ スタンダード
およびヒストリック

フォーマットは?

 『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(2月)では、スタンダード構築戦が採用されます。

  • 各試合はサイドボードを使用する「マッチ・スタンダード(BO3)」で行われます。
  • 各マッチにおいて、プレイヤーそれぞれに30分の制限時間が設けられます。
  • 各ラウンドにおいて、60分の制限時間が設けられます。

 MPLの各選手は、初日5試合と2日目6試合の合計11試合プレイします。ライバルズ・リーグの各選手は、初日6試合と2日目5試合の合計11試合プレイします。

 1マッチ勝利するごとに、所属リーグ内の順位(リンク先は英語)に影響するポイントを1点獲得します。

 各選手は、シーズンを通して所属するリーグ内で総当たり戦を行い、同一リーグに所属する他のすべてのプレイヤーと対戦します。シーズンは3つのスプリットに分けられ、最初の2つのスプリット(『ゼンディカーの夜明け』スプリットおよび『カルドハイム』スプリット)ではそれぞれ2つのリーグ・ウィークエンドが開催されます。つまり2つのスプリット期間内に、MPL所属プレイヤーは総当たり戦を2回、合計46マッチを行います。ライバルズ・リーグ所属プレイヤーは総当たり戦を1回、合計45マッチを行います。

配信スケジュール

2月27日:午前8時(PST)/翌28日午前1時(日本時間)~
  • ライバルズ・リーグのフィーチャーマッチ6試合をお送りします。
2月28日:午前8時(PST)/翌3月1日午前1時(日本時間)~
  • MPLのフィーチャーマッチ6試合をお送りします。

 twitch.tv/magicでは、『カルドハイム』リーグ・ウィークエンド(2月)に行われる試合のうち、2日間合計で12試合の厳選されたフィーチャーマッチをお届けします。

 推しプレイヤーの動向を追いたい方は、リーグ情報のページ内の「Player Streams」にて各プレイヤーの配信状況をご確認いただけますので、ご利用ください(リンク先は英語)。

ミラー配信は許可されていますか?

 「Twitchコンテンツの共有に関するガイドライン」に従った上で、「OBS」または「XSplit」をご利用いただくことで、リーグ・ウィークエンドの twitch.tv/magic 公式配信をミラー配信できます。これによって、Twitchをご利用の皆さまがそれぞれのコミュニティでこのイベントの観戦をお楽しみいただけます。ただし、ミラー配信はウィザーズ社が後援するものではありません。また、ミラー配信を行う方はウィザーズの「ファンコンテンツ・ポリシー」を遵守していただきますようお願い申し上げます。

MPLやライバルズ・リーグに参加するにはどうすればいいですか?

 MPLやライバルズ・リーグへの道は、MTGアリーナから始まります。現在は2021年2月のランク戦シーズンが進行中です(参考ページ:英語)。シーズン終了時にミシック・ランキング1,200位以内に入れば、3月に開催される「『ストリクスヘイヴン』予選ウィークエンド」への参加権利が手に入ります(参考ページ:英語)。

 2021年6月に開催予定の「『ストリクスヘイヴン』チャンピオンシップ」の舞台に上がり、MPLやライバルズ・リーグへ続く道となる「チャレンジャー」を目指してください!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST