EVENT COVERAGE

日本選手権2019

戦略記事

日本王者、森山 真秀のドラフトピック ~赤緑ビビアン完成に至る道のり~

森安 元希

 前回大会の「日本選手権2018」王者として華々しく競技シーンに登場した森山 真秀。

 3年目という短いマジック歴ながら他タイトルの経験なども活かし、瞬く間に強豪プレイヤーの1人として数えられるようになった。テーブルトップ・マジック、そしてMagic Onlineの大会にも精力的に参戦を続け、MCQ(ミシックチャンピオンシップ予選)や大型の大会で上位入賞を続けている。

 だがしかし、優勝までが遠いことを嘆いてもいた。この数か月でMCQのトップ8入賞(決勝トーナメント進出)を5回決め、しかしながら5回とも1戦目で敗れているという。

 MCQ同様、「ミシックチャンピオンシップの参加権利」がかかっているという意味であれば、この日本選手権2019もその1つであり、正念場だ。一昨年、昨年と日本選手権におけるスタンダード・ラウンドでは「無敗」の戦績を誇る森山の今年ここまでの成績は、スタンダード・ラウンド5戦全勝。

 実に「3年でスタンダード21連勝」という破竹の勢いに乗って、『基本セット2020』で行われるドラフト・ラウンドに突入した。

draft1_moriyamaA.jpg
 
1パック目
draft1_moriyama1-1.jpg
1パック目ピックまとめ

 1-1で登場したのは『基本セット2020』きっての軽量級ボムカード、《夜群れの伏兵》。緑を嫌った場合に対抗となりそうカードはコモンであり、これはストレートな選択といった形だ。1-2でも《枝葉族のドルイド》を獲得できて「緑」軸の気配が濃厚になったが、1-4《森林の勇者》、1-8《貪爪》以外はなかなかデッキのキーになるような緑のカード(《シルバーバックの巫師》など)にたどり着けない。

 代わりに1-3《炎の一掃》からの1-6《燃えさし運び》で赤の火力呪文への渡りをつけたところで1-9《灰と化す》が戻ってきて、「赤緑ミッドレンジ」というアーキタイプの輪郭が強まった。

2パック目
draft1_moriyama2-1.jpg
2パック目ピックまとめ

 2パック目の2-1も《超克》から入ったことで攻撃を仕掛けるクリーチャーを主体にしたミッドレンジ色が強まっていく。ただし2-2が本当にプレイアブルと言えるカードが少ないパックであり、唯一の緑のカードである《菅草の蠍》をピックする。

 2-3では明確に「黒」のシグナルである《殺害》が流れてきたが、「赤緑」の道を突き進むことに決めている。《超克》というゴールを得たことでクリーチャーを主体的にピックしていく。2-5に使いやすいレア・クリーチャーである《光り角の海賊》が流れてきたことで、「赤」側の席も空いていることが見えてきた。この「赤緑」路線が凶とでるか吉と出るかの結果は、3パック目で示される。

3パック目
draft1_moriyama3-1.jpg
3パック目ピックまとめ

 3-1、森山のもとに訪れたのは《アーク弓のレインジャー、ビビアン》!

 神話レアの風格に恥じない、れっきとした強カードの1枚であり、「緑」へのアプローチを続けてきた森山にとってはご褒美となる1枚だ。ここから一気にデッキを引き締めていきたい……が、3-2で早速、緑も赤もクリーチャーがいないパックに当たってしまう。それでも持ち直して3-4からは赤いクリーチャーを主体的にピックしていく。特に3-9で《ケルドの略奪者》が戻ってきたことで中盤も補強できたところが大きいだろうか。

デッキリスト
森山 真秀
日本選手権2019 1stドラフト /『基本セット2020』ブースタードラフト (2019年9月7日)[MO]
10 《
8 《

-土地(18)-

2 《菅草の蠍
1 《燃えさし運び
1 《枝葉族のドルイド
1 《解き放たれた狂戦士
1 《森林の勇者
2 《破壊的穴掘り
1 《光り角の海賊
1 《輝き森の追跡者
1 《短剣帆の飛空士
1 《夜群れの伏兵
1 《鱗剥ぎの捕食者
1 《貪爪

-クリーチャー(14)-
2 《残忍な発動
2 《炎の一掃
3 《灰と化す
1 《アーク弓のレインジャー、ビビアン

-呪文(8)-
1 《
1 《
1 《大群の力
1 《送還
1 《鋤引きの雄牛
1 《心臓貫きの弓
1 《狂った怒り
1 《害悪な掌握
1 《垂直落下
1 《龍火の薬瓶
1 《反逆の行動
1 《男爵領の吸血鬼
1 《光の篭手
1 《自然な最期
1 《網投げ蜘蛛
1 《要塞ガニ
1 《ケルドの略奪者
1 《地盤の裂け目
2 《狼族の絆
1 《超克
1 《石のゴーレム
1 《鱗剥ぎの捕食者

-サイドボード(23)-

森山「3パック目のビビアンの後に緑のクリーチャーが続かなかったのは、厳しかったですね。失敗寄りだと思います」

draft1_moriyamaD.jpg

 ピックを振り返り、森山が反省を口にする。《光り角の海賊》、《夜群れの伏兵》、《アーク弓のレインジャー、ビビアン》。「勝てる」カードが入っていないわけでは決してない中で、森山はより良い選択があったのでは、と考えている。

 実際、「これしか取るものがない」といったような偏ったパックはほとんどなかった。3パックの大半のピックを通して「同じ程度のパワーバランスの中で選択に迫られ続けた」ようにも見える。その中で自らのピックに「間違いはなかった」と断ずるのは難しいことだろう。

 自信のなさが必ずしもデッキの弱さにつながるわけではない。「失敗寄り」と語った森山だが、デッキのポテンシャルを引き出すためのゲーム展開に繋げられれば決して3戦全勝も遠くないだろう。

 日本選手権連覇、そして再びのミシックチャンピオンシップ参加に向けて、森山は次の一歩を踏み出した。構築時間が終わりを告げ、スイスラウンド第6回戦となるドラフト・ラウンド1戦目が、いよいよ始まる。

  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST