EVENT COVERAGE

グランプリ・上海2015

観戦記事

準決勝:市川 ユウキ(神奈川) vs. ナム・サンオク(韓国)

By 小山 和志

 市川ユウキvsナム・サンオク。互いにプロツアー・サンデー経験者という、願わくば決勝で実現してほしかった豪華な組み合わせで準決勝が始まる。

 ともに異国の地、中国は上海でここまで勝ち上がってきたプロ同士。その目に見据えているのは準決勝の先の決勝、そして優勝トロフィーだけだ。

 今、両雄が、決勝への切符をかけて相対する。


市川(写真左)vsナム(同右)。プロプレイヤー同士が火花を散らす
ゲーム1

 ナムが先手でスタート。お互いにタップインランドを置きあい、それぞれが2ターン目に《荒野の後継者》、《棲み家の防御者》という立ち上がり。これが相打った後、ナムはさらなる《荒野の後継者》、《先頭に立つもの、アナフェンザ》と連続展開する。

 市川は《先頭に立つもの、アナフェンザ》を《英雄の破滅》で除去し、《クルフィックスの狩猟者》でアドバンテージとライフの両方で優位を築こうとする。だが、ナムは《真面目な訪問者、ソリン》を唱え、《荒野の後継者》での攻撃を積極的に通していく。

 市川は《棲み家の防御者》を匂わせる変異を召喚し、ナムは《ラクシャーサの死与え》を呼び出し、《真面目な訪問者、ソリン》の能力を使いながら積極的に市川にダメージを与えていき早期での決着を狙う。

 市川は6マナに到達すると、先ほど《クルフィックスの狩猟者》で公開していた《太陽の勇者、エルズペス》を召喚し、一気に盤面を堅固なものにする。

 ナムは《真面目な訪問者、ソリン》でトークンを生みながら《太陽の勇者、エルズペス》を《英雄の破滅》で葬り去るが、市川の変異はやはり《棲み家の防御者》で、これが《太陽の勇者、エルズペス》を黄泉から回収し、ナムを思わず顔をしかめる。

 ナムは強襲した《風番いのロック》と鳥・トークンで市川のライフを空から削りきろうとするが、市川はこれを《アブザンの魔除け》でそれぞれにカウンターを乗せ、《太陽の勇者、エルズペス》の能力で処理するナイスプレイを見せ、《棲み家の防御者》で墓地の《棲み家の防御者》を回収し続けるシステムを作り上げる。


プロプレイヤーたちのカードが戦場を彩る

 ナムにとって頼みの吸血鬼・トークンも《英雄の破滅》で撃墜され、市川から再びの《太陽の勇者、エルズペス》が戦場に降り立ち、兵士たちの壁を突破する術がないことを悟ると、ナムは頷きながら土地を片付けたのだった。

市川 1-0 ナム


市川は熱闘の最中にも笑顔を見せる
ゲーム2

「Good luck!」と市川が声をかけ、ゲームがスタートする。ナムの《羊毛鬣のライオン》から、市川は《サテュロスの道探し》の立ち上がり。このライオンは《アブザンの魔除け》で追放されるが、ナムはさらに《荒野の後継者》、《先頭に立つもの、アナフェンザ》と展開し、攻勢を強める。

 市川は《アブザンの魔除け》から《黄金牙、タシグル》で戦場をストップしようとするが、ナムはこれを除去しながら《包囲サイ》を追加していき、まずはダメージレースで先行する。

 市川が対処手段を持っていないはずはなく、再びの《アブザンの魔除け》でいったんは戦場がまっさらになるが、ナムが再び《羊毛鬣のライオン》から怪物化と動き、対処しづらいクロックを突きつける。

 市川は《サテュロスの道探し》で《砂草原の城塞》を手にするが、《太陽の勇者、エルズペス》が落ちてしまう。だが、続くターンに市川が祈るようにドローするとそこには《太陽の勇者、エルズペス》。これには思わず、ナムそしてギャラリーがため息をこぼす。

 このまま負けるわけにはいかないナムは、数でダメなら質で勝負だとばかりに《包囲サイ》、《羊毛鬣のライオン》とどんどんプレッシャーをかけていく。そして、サイズで押しているナムはついに《ドロモカの命令》から《太陽の勇者、エルズペス》を葬り去ることに成功し、市川のライフを一気に6まで落とし込む。

 《クルフィックスの狩猟者》の能力で何度もライブラリーから土地をセットしていた市川は、《太陽の勇者、エルズペス》を再び見つけることはできたものの、それをドローしキャストするだけの時間は残されていなかった。

ナム 1-1 市川


ナムの表情にも笑顔が浮かぶ
ゲーム3

 両者がっぷり四つで最終ゲームが始まる。まずは先手の市川が《サテュロスの道探し》から《死霧の猛禽》を墓地へと送る立ち上がり。

 ナムのファーストアクション、《思考囲い》で露わになった市川手札は《ラノワールの荒原》と《包囲サイ》が2枚ずつに、《思考囲い》、《棲み家の防御者》という非常に強力なもの。ナムは仕方なく、《棲み家の防御者》を落とし、返す市川の《思考囲い》でナムの手札も丸裸になる。

 市川はこの中から《英雄の破滅》を落とし、《包囲サイ》連打への道を開ける。そして、ナムの《先頭に立つもの、アナフェンザ》の返しに、《包囲サイ》が予告どおり登場する。

 ナムは《強迫》を唱えてみると、市川が引いていたカードは《棲み家の防御者》! これにはナムが思わず天を仰ぐ。

 ナムは強襲で《風番いのロック》を唱え、市川は《棲み家の防御者》で《棲み家の防御者》を回収、《死霧の猛禽》が裏向きで戦場へと舞い戻り、一気にアドバンテージと戦場での優位を築き上げる。

 だが、ナムも歴戦の勇士、ここから驚異的な粘りを見せる。まず《風番いのロック》と鳥・トークンでアタックし、市川のライフを7まで落とし込む。そして2体目の《風番いのロック》を唱え、ブロッカーと続くターンのアタッカーを確保し、次ターンに市川のライフを削り取るプランを作り上げる。

 だが、ダメージレースを制したのは市川だった。度重なる《包囲サイ》と《死霧の猛禽》の攻撃でナムのライフも7。ふたたび市川が攻撃し、《死霧の猛禽》は鳥・トークンでブロックするものの、市川の手札から先ほどから出番を待っていた。《包囲サイ》が。

 これでナムのライフはぴったり0となり、熱戦に幕が下りることとなったのだった。

市川 2-1 ナム

市川 Wins! 市川ユウキが決勝進出!

  • この記事をシェアする