EVENT COVERAGE

グランプリ・京都2017

観戦記事

準々決勝:Jon Finkel(アメリカ) vs. Qi, Wentao(中国)

by Masashi Koyama


ジョン・フィンケル(写真左)vs. チー・ウェンタオ(中国)

「デッキが強いので、勝ちたいです」

 と試合前に力強く語ったチー・ウェンタオ(中国)。言葉通り彼のデッキは《栄光をもたらすもの》《霰炎の責め苦》《木端+微塵》と3枚ものレアが詰め込まれた豪華なデッキだ。

 グランプリ・静岡2017春グランプリ・マニラ2017に続き、なんと今年3度目のグランプリトップ8入賞というチー。両グランプリでともに決勝という優勝トロフィーまであと一歩のところまで届きながら、王者の座を逃しているのだ。今度こそ、今度こそあの輝くチャンピオンの証を手にしたい。

 ......が、準々決勝で立ちはだかったのは今大会のグランプリで何度もご紹介したレジェンド、「ジョニー・マジック」ジョン・フィンケルだ。

 チーが「プレッシャーを感じますよ......」とこぼしたように、相対するだけで対戦相手を萎縮させてしまうほどに、彼の存在は大きすぎる。

 事実、試合後チーは緊張から開放されたかのようにフィンケルと感想戦に興じた。

 誰もが羨むグランプリトップ8の舞台で、誰もが羨むフィンケルとの戦いに、チーは身を投じた。


ゲーム1

 フィンケルの《希望守り》、チーの《オナガトカゲ》からゲームがスタート。フィンケルは《しなやかな打撃者》を加える序盤の攻防。

 4マナオープンで返すチーに対し、フィンケルは2体でアタック。チーは《しなやかな打撃者》に対し《毒の責め苦》でクロックを捌く。

 返すターン、フィンケルが瞬速で送り込んだ《エイヴンの葦原忍び》は《オナガトカゲ》をブロックした際に《かすむ刀剣》で一方的に討ち取り、《ケンラの永遠衆》で攻勢に出る。

 クリーチャーを展開せず、常に3マナ以上を立てて動くフィンケルに対し、チーは攻撃を躊躇する。結果、《希望守り》を《発射》で除去し、攻撃。フィンケルはターンエンドに《至高の意志》で手札を整える。


フィンケルは「らしい」頭を抱える仕草を見せる

 フィンケルは《しなやかな打撃者》を「永遠」で蘇らせ、《エイヴンの修練者》、《侵略ナーガ》と次々とクリーチャーを送り出す。

 チーは《ケンラの永遠衆》くらいしか後続を用意できていないのだが、それもフィンケルの《活力のカルトーシュ》で失い、チーのライフは一気に危険水域へ。

 《栄光をもたらすもの》か《霰炎の責め苦》があれば......。チーは震える手で祈るようにライブラリートップからドローする。

 ......がそこに求めていた姿はなく、チーは「OK」と答え、震える手で土地を畳んだ。

フィンケル 1-0 チー


ゲーム2

 先手のチーがマリガン。フィンケルが《川ヤツガシラ》、チーが《彫像の忌まわしき者》からのスタートを切る。

 フィンケルは《楽園の贈り物》でマナを伸ばし、チーは砂漠をコントロールしていないながらも《砂かけ獣》を投入し、横へ戦線を伸ばす。

 フィンケルが《エイヴンの修練者》《シェフェトのオオトカゲ》を追加し、空と地上の両面で優位を築き始めると、チーはダメージレースを仕掛けるしかなく《砂かけ獣》で攻撃、この怪しげなアタックをフィンケルがスルーするとチーは《金色のセロドン》を追加。クリーチャーの数でフィンケルを押し潰しにかかる。


フィンケルに挑むチー

 続くターン、チーは全軍アタック。《砂かけ獣》を《シェフェトのオオトカゲ》でブロックし、フィンケルのライフは10。クリーチャーを失いながらもフィンケルのダメージを削っていく......が、マナフラッド気味なチーはクリーチャーを追加することができない。

 返すターン、フィンケルは全軍アタック。《シェフェトのオオトカゲ》に《かすむ刀剣》でフィンケルのライフは8。一方のチーは5まで落ち込む。

 盤面に《彫像の忌まわしき者》《金色のセロドン》と7点分のクロックしかないチーは、なんとか最後の1点を埋めるべく《熱烈の砂漠》をサイクリングしドローに賭けるのだが、少し考えると残念そうにフィンケルを祝福したのだった。

フィンケル 2-0 チー

ジョン・フィンケル wins!
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
15 15
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST