• HOME
  • >
  • EVENT COVERAGE
  • >
  • The Finals 2019
  • >
  • クイック・インタビュー:タイトル・ホルダーたちの今年と来年 ~「アショク・オア・エルズペス?」~

EVENT COVERAGE

The Finals 2019

インタビュー

クイック・インタビュー:タイトル・ホルダーたちの今年と来年 ~「アショク・オア・エルズペス?」~

Moriyasu Genki

 2019年、マジック:ザ・ギャザリングとそれを取り巻く競技環境において、激動の一年であったことは間違いない。そのなかでも個人の環境を大きく変えたものがいる。「タイトルを獲得したプレイヤー」たちに今年の振り返りと来年の抱負を伺った。

 そして年明けに発売予定の新セット『テーロス還魂記』より先行発表された2人のプレインズウォーカー、《悪夢の詩神、アショク》と《太陽の宿敵、エルズペス》のどちらが「好き」なのかも聞いた。

//

 《悪夢の詩神、アショク》は「青黒」らしいバウンスと手札破壊能力と、これまでの「アショク」に共通するライブラリーを削る能力を兼ね備えている。トークン生成は自身初の能力となるが、その評価やいかに。

 対する《太陽の宿敵、エルズペス》は忠誠型能力でいえば実に「エルズペス」らしい能力が並んでいる。トークン生成、パワー/タフネス修整、ライフ回復。さらに加えて新メカニズムの「脱出」も兼ね備えた。

 アショク、エルズペスともに「自分らしい能力」に「初の挙動」が加えられた形だ。

渡邊 崇憲 - The Finals 2018優勝

interview_watanabe.jpg

 昨年のThe Finals(The Finals 2018)優勝者である渡邊は、今年も競技シーンに爪痕を遺している。

今年の振り返り

「今年はそこそこ、大会出ましたね。海外もいくつか出たけれど、あまり勝てませんでした。ただ日本選手権トップ8になれたのは良かったです。前回The Finals優勝のあとにはBig MagicさんからBIGsとしてスポンサードもしてもらえて、上向きな一年だったと思います」

来年の抱負

「PTQを抜けることができたので、プレイヤーズツアー頑張りたいです。来年しょっぱなの名古屋で、このThe Finalsが終わったら開催フォーマットであるパイオニアにもさわっていきたいですね。どこかで1回、トップ8に入りたいです」

悪夢の詩神、アショク》と《太陽の宿敵、エルズペス》どちらが好き?

「ビートダウンが好きなので、エルズペスですね。相性良いカードが欲しいです。前の『テーロス』のときにはスタンダードをやっていたので、エピソードに関しても『胸アツ』で期待しています」

 MTGアリーナのイベントでまだ数枚が発表されたばかりの『テーロス還魂記』。

 収録されるカードプールに期待しつつ渡邊は年を越すようだ。

小林 崇人 - グランプリ・横浜2019優勝

interview_kobayashi.jpg

 4月の中旬、グランプリ・横浜2019にてモダンを制した小林。

今年の振り返り

「関東に戻ってきて、グランプリは全部出よう、ミシックチャンピオンシップにも出ていきたいと決めたところで優勝できたので、『出来すぎ』の一年でしたね。優勝したからといってそんなに大きくは変化はないんですが、グランプリには出続けようと思ってます」

来年の抱負

「やっぱりグランプリには欠かさず出場して、プレイヤーズツアーの権利はとれたらラッキーくらいで続けられたら良いかな。PTQを積極的に回ったりとかはしない予定です」

悪夢の詩神、アショク》と《太陽の宿敵、エルズペス》どちらが好き?

「エルズペスは見た目弱そうなんだけど、墓地から戻ってくるのは強く使えるのかもと思ってる。というかプレインズウォーカーがあまり好きじゃなくて、アショクはそういう意味では『テンプレ的なプレインズウォーカー』だなってところで。他の使い方を考えられるエルズペス、かなあ」

中道 大輔 - グランプリ・千葉2019優勝

interview_nakamichi.jpg

 8月の盛夏、無冠の王者と呼ばれ続けた中道はついにグランプリ・千葉2019で戴冠した。その喜びをストレートに爆発させている。

今年の振り返り

「グランプリ優勝したからサイコーッ!です。優勝以上のことってないですよ。サイコーッ!です」

来年の抱負

「優勝はサイコーなので、来年も優勝したいですね! と言いますが、実際のところはどこかでトップ8に入りたいですね。ひとつ目のプレイヤーズツアーファイナルの権利はもらえましたが、それ以降のプレイヤーズツアーに関しては『挑戦するイベント』として、出られたら良いですね」

悪夢の詩神、アショク》と《太陽の宿敵、エルズペス》どちらが好き?

「好きな色はエルズペスなんですが……強いのはアショクだと思う。もちろん、他のカード次第でエルズペスを強く使えることも、アショクの使い道がないかもしれないこともあるかもしれないけど」

熊谷 陸 - グランプリ・名古屋2019優勝

interview_kumagai.jpg

 そして記憶にも新しいオーコの秋。11月のグランプリ・名古屋2019を「シミック・食物」で制した熊谷。

今年の振り返り

「日本選手権(2019)準優勝、そしてグランプリ・名古屋優勝ということで一番良い年でした。感慨深いですね。
 グランプリ優勝して具体的になにか環境が変わったということはないんですが、副賞の『日清カレーメシ』では大分食費が助かっています(笑)」

来年の抱負

「グランプリ優勝でプレイヤーズツアーファイナルの権利も得られたので、今年以上の結果を出したいと思っています」

悪夢の詩神、アショク》と《太陽の宿敵、エルズペス》どちらが好き?

「アショク! 青黒というカラーリングのプレインズウォーカーに、これまでのスタンダードでは重いフィニッシャーがいなかったので、これを軸にした新しいデッキに期待したいです。」

まとめ

 タイトルホルダーの面々は今年の戦績に関しては「望外」というような表現も多かったが、来年に関しては地に足をつけた形で「これまで通り」という意識でもってマジックに挑もうとする姿があった。

 「勝って兜の緒を締めよ」ではないが、冷静な目線と熱い想いを両立させる彼らはきっと来年も活躍の年とするだろう。

 もちろん新しいタイトルプレイヤーの誕生もあるだろう。今日のThe Finals 2019を勝ち抜くプレイヤー、そして『テーロス還魂記』から始まる新環境を制覇するプレイヤーは、誰だ。

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST