EVENT COVERAGE

エターナル・ウィークエンド・アジア2019

観戦記事

ヴィンテージ第5回戦:上原 航(長野) vs. 佐渡 海(東京)~かんたんストーム教室~

Hiroshi Okubo

 白熱するヴィンテージ選手権も第5回戦を迎えた。ここでは、上原 航佐渡 海の対戦をお届けしよう。

 上原は仲間に誘われたことをきっかけにヴィンテージを始め、いつの間にかどっぷりと沼にハマってしまったというヴィンテージ愛にあふれたプレイヤーだ。「レガシーで《死儀礼のシャーマン》が禁止されてしまったので」と、かのクリーチャーの凶悪な性能を余すことなく振るうことができるヴィンテージのフィールドで「墓荒らし」デッキを操る。

 そんな「墓荒らし」は『灯争大戦』で《覆いを割く者、ナーセット》、『モダンホライゾン』で《レンと六番》といった強力なカードを得たことで注目が集まっているアーキタイプで、ヴィンテージでは珍しい(?)フェアなコントロールデッキだ。

 対する佐渡は東京・水道橋に店舗を構えるカードショップ「東京MTG」の広告塔であり、レガシーやヴィンテージといったエターナル・フォーマットに精通する強豪プレイヤーとして、関東のエターナルプレイヤーからは知られた存在だ。なおかつその甘い顔立ちや、勝っても負けても爽やかに対応する姿から、男女を問わず佐渡のファンは多い。

 そして、佐渡の代名詞とも言えるデッキが「ストーム」だ。何しろ10年近くレガシーで「ストーム」デッキを使い続けており、母国であるドイツやチェコ共和国・プラハで開催された大規模トーナメントでの入賞経験もある。誇張抜きに、彼以上の「ストーム」使いは世界でもほとんどいないだろう。固定パーツが多いというデッキの性質上、新セットから受ける恩恵は少ないが、彼にとっては大した問題ではない。

 注目の最新デッキリストと、往年の強力デッキ。そのどちらが勝ることとなるのか、注目の一戦だ。

 
上原 航 vs. 佐渡 海
ゲーム1

 1ターン目を《新緑の地下墓地》を置くのみで終える上原に対し、佐渡は《Mox Jet》から《思考囲い》。これには上原も《精神的つまづき》で応じるが、佐渡は意に介さずじっと手札を見つめて、ゆっくりと《Underground Sea》をプレイする。

 続くターンも上原は《Tropical Island》のみでターンを終えるが、佐渡はターン終了時に《神秘の教示者》。上原が対応して《渦まく知識》を唱えるも、特にそれ以上のレスポンスはなかったようで、佐渡の《神秘の教示者》が解決され、ライブラリートップに《Timetwister》が置かれる。

 上原が深く息をつき、佐渡は一気に仕掛ける。《Black Lotus》、《ライオンの瞳のダイアモンド》、《水蓮の花びら》と並べて《Timetwister》でリソースの回復を図る。だが、上原もこの《Timetwister》に《意志の力》を合わせ、返すターンには《覆いを割く者、ナーセット》をプレイする。

 先のターンに手札を使った佐渡は《覆いを割く者、ナーセット》によってドローも封じられており、厳しい状況だ。やむなく《Black Lotus》からマナを得て《闇の誓願》をプレイし、《ヨーグモスの意志》をサーチ、そのままプレイ!

佐渡「通りますか?」

 この発言に上原が動きを止め、戦々恐々としつつサムズアップで応じると、佐渡はポーカーフェイスを崩すことなく「ストーム2」と宣言。

 その意味するところを察した上原は天を仰ぎ、諦めの境地に達したのか、以降の佐渡の「ストーム」を数える役に徹し、佐渡は《思考囲い》で余念なく上原の手札を――次ゲームに活きる情報を得ながら、《苦悶の触手》でライフを奪い切った。

上原 0-1 佐渡

ゲーム2

 第2ゲームは後攻の佐渡のアップキープ・・・・・・・・・・・・に上原が《Ancestral Recall》を唱えるところから始まった。

 これは《Ancestral Recall》を使用する際の常套テクニックである。マジックの歴史上最強のドロー呪文、それはあまりにも手軽に莫大なアドバンテージを稼いでしまうがために、気持ちよく自分のターンにプレイするとカードを引きすぎてディスカード・ステップにカードを捨てる羽目になるからだ。

 こうして圧倒的優位に立った上原は、続くターンに《死儀礼のシャーマン》と《露天鉱床》を並べ、素早くゲームを掌握しにかかる。

 佐渡はまだ仕掛けることもできず、沈黙を続ける。対する上原は《タルモゴイフ》と《覆いを割く者、ナーセット》を並べて盤面を掌握していく。

 
上原 航

 だが、《覆いを割く者、ナーセット》のプレイでタップアウトした隙に、佐渡は《防御の光網》で上原の《意志の力》を引き出し、《トレイリアのアカデミー》と《暗黒の儀式》からマナを調達して《闇の誓願》!

 佐渡は《Black Lotus》もコントロールしており、マナには十分に余裕がある。これが通れば《ヨーグモスの意志》によって速やかにゲームは終了してしまうところだろうが……上原は佐渡に待ったをかけ、2枚目の《意志の力》で応じる。

 2枚の《意志の力》に阻まれてリソースを吐き出した佐渡に対し、上原は《覆いを割く者、ナーセット》で《Time Walk》を探し出してそのままプレイ。

 追加ターンを得た上原は盤面に《ダク・フェイデン》をも追加して、佐渡の《Black Lotus》を[-2]能力で処理。さらに《不毛の大地》で佐渡の《トレイリアのアカデミー》を破壊して、佐渡のパーマネントを根こそぎ奪ったところに《タルモゴイフ》で駆け抜ける。

 これには佐渡もたまらず、次ターンのドローのみ確認して「次、行きましょう!」と投了するのだった。

上原 1-1 佐渡

ゲーム3

 先攻の佐渡が《Mox Sapphire》と《》を並べ、《防御の光網》をプレイするところから始まった。ダブルマリガンを喫した上原はこのゲームの趨勢を察したのか、笑みを湛えながら《防御の光網》を通す。

 土地とMoxをプレイするのみで動きのない上原を前に、佐渡は《思考囲い》でその手札を覗き、そこにあった《溜め込み屋のアウフ》を捨てさせる。いよいよ万事休すかと思われたが、実のところコンボに入るには佐渡もまだリソースが足りていなかった。

 まだターンが帰ってくることに安堵しながら、上原はトップデッキした《ヴリンの神童、ジェイス》をプレイし、ほとんど飾りのような2枚目の《防御の光網》を並べる佐渡を尻目に、《レンと六番》を追加。佐渡が攻めに転じてこない今、上原もじわじわとダブルマリガン分のリソースの損失を回復させていく。

 ここまでなかなか十分なパーツが手札に揃わずにここまで沈黙してきた佐渡だったが、しばしの睨み合いのターンの後に《定業》で手札を整えながら《トレイリアのアカデミー》をプレイする。これによって青マナを3つ得て、さらに《思案》。

 いよいよもってこの《思案》に危機感を感じた上原は、ここに6マナ+2点のライフを支払って《精神的つまづき》で応じた上原だったが、佐渡はこれに動きを止め、何かに気づいたような表情を浮かべて静かに宣言する。

佐渡「『ストーム』3ですね」

 
佐渡 海

 上原は自分のしでかしたミスに気づいた。このターン、佐渡が唱えた呪文は《定業》と《思案》の2枚。さらに上原が《精神的つまづき》を唱えたことで「ストーム」は3。しかも、上原のライフは元々(フェッチランド起動により)18だったが、《精神的つまづき》のファイレクシア・マナを支払うために18から16へと減っている。つまり、実質的に佐渡に「ストーム」カウント2つ分のリソースを与えてしまったことになる。

 そして佐渡の手札には4枚のカード。そしてその中には《陰謀団の儀式》と《苦悶の触手》の姿もあり、手札の呪文のすべてをこのターン中にぴったりと唱えきることが可能な状態だった。

 佐渡は上原の《精神的つまづき》の存在を知っていたわけではないし、本来であればこのターンは準備に費やすつもりだったのだろう。しかし、期せずして佐渡が好機を得た形である。

 偶然が生み出したチャンスも決して見逃さない、生き馬の目を抜くかのような瞬時の状況判断。その技巧を余すことなく発揮し、佐渡が第3ゲームを制した。

上原 1-2 佐渡

  • この記事をシェアする

サイト内検索