READING

戦略記事

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

ラクドス・ミッドレンジ(スタンダード)

岩SHOW

 「ラクドス」って聞いて、どんなイメージを浮かべるだろう。ラクドス教団、赤と黒のギルドで、創始者にしてマスターはギルド名にもなっているラクドス。殺戮大好き、血の宴を催すカリスマ・デーモンだ。ギルド構成員は彼を信奉する人間やゴブリン、デビルたち、自他関係なく傷つけることをいとわないヒャッハー集団……こんなイメージが強いはずだ。

 ただ、都市で暴れ回っているテロリスト的な存在というわけでもなく、その娯楽能力の高さを活かしてサーカスやクラブを経営していたり、製鉄業なんかも営んでいるという設定もあるようだ。意外に、真面目。

 このラクドス、カードの一部ではそのヒャッハー感を再現した攻撃全振りのデザインがなされていたりするのだが、案外デッキは手堅い戦略を用いるものだったりする。そういうのがまたラクドスらしさを感じるね。

 今回は、今週末に控えたマジックフェスト(グランプリ)京都でも活躍する可能性のある、「ラクドス・ミッドレンジ」を紹介しよう!

romanmy - 「ラクドス・ミッドレンジ」
Magic Online Competitive Standard Constructed League 5勝0敗 / スタンダード (2019年3月10日)[MO]
13 《
1 《
4 《血の墓所
4 《竜髑髏の山頂
1 《ラクドスのギルド門
1 《踏み鳴らされる地
1 《根縛りの岩山
-土地(25)-

4 《凶兆艦隊の向こう見ず
2 《リックス・マーディの歓楽者
4 《ゴブリンの鎖回し
2 《軍勢の戦親分
4 《再燃するフェニックス
3 《包囲攻撃の司令官
-クリーチャー(19)-
2 《ショック
4 《溶岩コイル
4 《宝物の地図
1 《最古再誕
1 《興行+叩打
1 《席次+石像
2 《ウルザの後継、カーン
1 《炎鎖のアングラス
-呪文(16)-
1 《軍勢の戦親分
4 《強迫
1 《シヴの火
2 《焦熱の連続砲撃
2 《恐怖の劇場
1 《火による戦い
1 《最古再誕
2 《席次+石像
1 《廃墟の地
-サイドボード(15)-
 

 「ラクドス・ミッドレンジ」にはバリエーションが多い。赤と黒がほぼ均等五分五分のものもあれば、このリストのように赤の要素が強いものもある。赤が濃いということは、あのカードが使いたいってことだ……《ゴブリンの鎖回し》!

 対戦相手とその戦場に1点ダメージをばら撒く除去能力とパワー3の先制攻撃、攻めて良し守って良しの説明不要のパワーカードだ。これを用いつつ黒を足している、とくれば仕込まれているのは《席次+石像》。

席次+石像

 鎖回しの能力が誘発した後、解決を待たずに《席次》で接死を与えてやると、ダメージを与えられたクリーチャーは全滅だ。4マナでクリーチャー付きの《疫病風》と考えればこれはハチャメチャなもんである。この2枚をフィーチャーしたデッキは「デス・ウィーラー」と呼ばれることもある。

 デッキとしては、鎖回しを筆頭に、《溶岩コイル》など除去に長けているのでクリーチャーデッキ相手には強い。捌いて相手が息切れしたら、4マナ以降のカードで勝負を決める。

 受けに回っている際にはドローの質が大事なので、《宝物の地図》がキーになってくる。

 土地と除去をバランスよく引けるように占術し、これが《宝物の入り江》になるころにはドローで《包囲攻撃の司令官》などを探しに行って相手が立て直す前に勝負を決める。

 コントロールデッキ相手には、その司令官や《軍勢の戦親分》《再燃するフェニックス》などのカード1枚では対処されにくいもので攻めていく。プレインズウォーカーも助けになってくれるだろう。個人的には《炎鎖のアングラス》が最近とても強く感じる。

 手札とライフを同時に攻められるので、これが2~3ターンも生き延びれば相手はもう瀕死になっているだろう。これの枚数が多めのリストもちょいちょい見かけるね。

 黒を足しているデッキの嗜みとして、サイドに《強迫》を4枚採用している。

 コントロールやコンボデッキには、これで相手のプランを崩しにかかる。先述のアングラスに加えて、《興行+叩打》も使って手札を攻めるのだが、これに青を足し《思考消去》《虚報活動》などでさらにその戦略を強めたデッキも楽しい。

 ミッドレンジ=中速デッキは、勝つためのカードがしっかりしてさえいればそれに至るまでのルートはある意味自由だ。よりクリーチャーを根絶やしにするか、あるいは1マナ圏からクリーチャーを展開して攻めの要素を強めるか? 皆でそれぞれ好きなスタイルを突き詰めてみよう。ラクドスは柔軟で、情熱と手堅さを兼ね備えているからね!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

BACK NUMBER