EVENT COVERAGE

グランプリ・台北2016

観戦記事

第9回戦:行弘 賢(東京) vs. 大森 健一郎(兵庫)

By Masashi Koyama

「やめてよ〜!」

 フィーチャーマッチが読み上げられ対戦相手が判明すると、フィーチャーマッチ・エリアに向かっていたシルバーレベル・プロの行弘賢が天を仰いで大声を上げた。

 その「やめてほしい」対戦相手である大森健一郎が登場すると、

行弘「当たらんといて言うたやん!?」

大森「そんなん言うからやん?」

 と陽気な軽口が交わされる。

 さらに観戦に訪れた中島主税も会話に加わり、グランプリ初日の最終戦とは思えないくらいに賑やかだ。

行弘「(ダイスロールの準備をしながら)じゃ先手で」

大森「え?」

筆者「え?」

 いやいや、気が早いですって。


行弘と大森のゲームは談笑とともに開始された
ゲーム1

 行弘が宣言通りダイスロールに勝利し「よっしゃ!」と高らかに先手を獲得。

 その行弘は《スレイベンの検査官》、大森が《アクロスの英雄、キテオン》《ハンウィアーの民兵隊長》から、《サリアの副官》と好スタート。

 行弘はこの《サリアの副官》の誘発型能力に対応して《ドロモカの命令》で《アクロスの英雄、キテオン》を除去。《反射魔道士》で《ハンウィアーの民兵隊長》をバウンスし、まずはファーストアタックを仕掛ける。

 ダメージレースで先行したい大森はそれぞれ2体目の《アクロスの英雄、キテオン》から《サリアの副官》、さらに《勇者の選定師》と動き、《サリアの副官》が一気に成長し始め、数とサイズの両方でマウントポジションを取りに行く。


行弘賢はプロツアー地域予選を突破し、その勢いのままグランプリ・台北2016に挑む

 一方の行弘は《サリアの副官》をこそ追加するものの、土地が3枚で止まってしまって苦しい展開。

 それぞれ6/6と4/4まで成長した《サリアの副官》相手に逐次クリーチャーを捧げるものの、大森から《グリフの加護》まで登場し巨大な不可侵クロックを突きつけられると、手札に3枚溜まった《集合した中隊》を唱えることは叶わず、苦笑いして土地を両手ですくい上げたのだった。

行弘 0-1 大森


グランプリトップ8の経験も持つ大森健一郎

 旧知の仲のふたりはサイドボードの最中も和やかだ。

 行弘が「上振れたなあ?」と軽口を叩くと、大森もそれに軽口を返す。

 サイドボードを笑顔で行っていたふたりだったが、ゲームに入ると一気に顔が引き締まり、大事なゲームが始まった。

ゲーム2

 後手でマリガンの大森が《ドラゴンを狩る者》から《勇者の選定師》《アクロスの英雄、キテオン》と1マナ域×3という、白赤人間デッキらしい立ち上がり。

 一方、《スレイベンの検査官》から《サリアの副官》と展開した行弘。大森から《サリアの副官》さえ出てこなければひとまず地上は止まるように思われた。

 だが、大森の手札からはその《サリアの副官》が。一挙7点のダメージを受けた上に、またも土地が3枚で止まってしまう。

 大森はその隙に《ドラゴンを狩る者》に《グリフの加護》をエンチャントし、全力でアタック。

r9_yukuhiro_omori_grif.jpg

 行弘は4枚目の土地を引き込み、大森のアタックに対応して《集合した中隊》を唱えてみるも、この状況を覆す材料を集めきることができなかった。

行弘 0-2 大森

大森健一郎、グランプリ・台北2016初日全勝!

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST