マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

岩SHOWの「デイリー・デッキ」

2017.09.14

岩SHOWの「デイリー・デッキ」:タイタン・シフト~原始の刻~(モダン)

by 岩SHOW

 諸君、久しぶりだな! 私のことを覚えているだろうか?......いや何を言ってるんだとか冷たいことは言わんでくれ、私だよ......初対面の方も多いと思うので改めて自己紹介させてもらおう。私はSHOW軍曹だ!遡ること約4か月、グランプリ・神戸2017に参戦する・あるいは観戦するモダン初心者のために、モダン・ブートキャンプなる短期企画でビシバシ......とまではいかないが、皆をモダン・ウォリアーへと鍛え上げさせてもらった。もはや懐かしいな、あの日々が! ブートキャンプ卒業生の諸君、元気そうで何よりだ。

 本当は元ネタの軍曹に倣って「この《蛆たかり》が!」とかやりたかったのだが、まずそうなのでブレーキを踏んでいた、と今になって裏事情を明かそう......いやそんなことはどうだっていい、私が諸君の前に再び立つということの意味。理解できた者は? よろしい。そう、新しく教えることができてしまった。以前私が諸君らに紹介したデッキが、アップデートされてより強くなったのだ。うっかり以前の情報のまま、諸君らをモダンという戦場に送り出し、万一のことがあったら......そう思うと居てもたってもいられなくなってな。

 百聞は一見に如かず、コイツには見覚えがあるだろう、「タイタン・シフト」だ!

Collins Mullen - 「タイタン・シフト」
StarCityGames.com Invitational Qualifier Roanoke 優勝 / モダン (2017年8月26日)
6 《山》
2 《森》
4 《踏み鳴らされる地》
3 《燃えがらの林間地》
4 《樹木茂る山麓》
3 《吹きさらしの荒野》
1 《霧深い雨林》
4 《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》

-土地(27)-

4 《桜族の長老》
1 《ウッド・エルフ》
4 《原始のタイタン》

-クリーチャー(9)-
2 《召喚士の契約》
3 《稲妻》
4 《遥か見》
2 《探検》
2 《虹色の前兆》
4 《明日への探索》
4 《風景の変容》
3 《約束の刻》

-呪文(24)-
1 《再利用の賢者》
1 《カメレオンの巨像》
1 《強情なベイロス》
1 《ガイアの復讐者》
2 《大祖始の遺産》
1 《稲妻》
1 《自然の要求》
2 《神々の憤怒》
1 《内にいる獣》
4 《神聖の力線》

-サイドボード(15)-
StarCutyGames.com より引用)

 《原始のタイタン》、ヤツは今やモダンを支配する暴君と化している。

 以前に比べると、このデッキの使用率はかなり高くなっており、即ち対戦する機会も多くなっている。このデッキの根っこの部分については、以前のブートキャンプを復習してもらうのが手っ取り早い。

 私が以前に諸君らに叩き込んだ時と、このデッキはどう変わったのか? 基本的には大きな変化はない。山である土地を並べて《溶鉄の尖峰、ヴァラクート》を噴火させるというミッション達成のため《原始のタイタン》《風景の変容》を唱える、という戦略から外れたわけでもなく、それ以外の新たな勝ち筋ができたわけでもない。

 ただ、便利な1枚が手に入ってこのデッキは安定感を増したのだ。そのカードこそ《約束の刻》。

 現スタンダードでも「赤緑ランプ」の生命線として活躍する、5マナのソーサリーだ。土地であればなんでもライブラリーから2枚探して戦場に出せるというその効果は、使用可能なカードが多ければ多いほど強力になる。

 モダンにおいては、この「タイタン・シフト」の根幹であるヴァラクートを探してこれるという点に注目され、《原始のタイタン》《風景の変容》を封じられても勝利へと向かえる新たな手段となるのではないか、と『破滅の刻』発売前から期待されていたものだ。

 それから、スタンダードが大いに盛り上がりを見せる中、このカードが「タイタン・シフト」に加入することでどのぐらいパワーアップするのか、実際のところどうなのかという話はほとんどされてこなかったが......実はこれを4枚採用した「タイタン・シフト」がグランプリ・サンパウロ2017では準優勝、同様の形のデッキがTOP32に6つと、トーナメントを制圧したと言って良い成功を収めていたのだ。日本でももしこの時期にモダンのグランプリが開催されていれば......夏のタイタン祭りが開催されたのかもしれんな!

 カード1枚で土地が5枚から7枚に伸びる、それだけでもこのデッキにとっては意味のあることだ。忘れてないだろうな、《風景の変容》の起動コードは「7」。土地が7枚あればヴァラクートと山6枚サーチで18点ダメージ、という多くのデッキを死に至らしめる爆撃をお見舞いすることができる。これさえ唱えれば、次のターンには変容噴火がまさしく約束されるというわけだな。

 これまでこのデッキと対戦する際には「まだタイタンも変容も出てこないから大丈夫」と思っていた4ターン目(なんらかの手段で土地を1枚追加していることを想定しているぞ)に、危険なアクションが1つ増えた。そう考えれば、このデッキが現在猛威を振るっているのも当たり前の話だなぁ? ヴァラクートが複数出てしまえば、以降の大型アクションが妨害されようとも手札から土地を置いているだけで勝ててしまう。これまでこのデッキを侮っていたものは、その代償をキッチリと払わされることになるだろうな。諸君がそうでないことを祈るばかりだ。

 久しぶりの登場となったが......モダンという環境は日々常識が更新されていく過酷な戦場、そう考えれば私の役目もまた定期的に巡ってくるのかもわからんな。その時には覚悟しておけ、随分涼しくなったからまずは走り込みからだ! 今からモダン体力をしっかり鍛えておくのだ!

前の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:「選択」がある時代(過去のスタンダード) | 岩SHOWの「デイリー・デッキ」一覧に戻る | 次の記事: 岩SHOWの「デイリー・デッキ」:白単エルドラージ(スタンダード)

トピックス