マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

翻訳記事

n2KoE-g2_bigger.jpg

2016-2017年シーズン「プロツアー・チームシリーズ」参加チーム一覧

Mike Rosenberg

2017年1月26日

原文はこちら

 いよいよ「プロツアー・チームシリーズ」のソフト・ローンチが始動し、32チームが参加登録を行いました。彼らはこれから3つのプロツアーをチームとしても戦い、世界選手権2017の舞台で行われる「チームシリーズ決勝」を目指します。

 プロツアー・チームシリーズについての詳細は、こちらをご確認ください。概要は以下の通りです。

  • 6人1組で構成されるチームが、残る2016-2017年シーズンで「チーム・スコア」を競い合う。
  • 各プロツアー終了時に、各チーム内で上位5名の獲得プロ・ポイントがチーム・スコアとして加算される。
  • シーズン最後のプロツアー(7月28~30日に京都で開催されるプロツアー『破滅の刻』)終了時のチーム・スコア上位2チームは、アメリカ合衆国・マサチューセッツ州ボストンで開催される世界選手権2017の舞台で行われる「プロツアー・チームシリーズ決勝」に招待される。

 もちろん、プロツアーは個人戦でもあります。チームシリーズに参加したプレイヤーたちも、賞金総額250,000ドルのプロツアーで個人の栄誉を求めて戦います。しかしチームシリーズは、プロツアーへ向けた準備をともにして上位に多くのメンバーを送り込んだチームに賞金が授与されます。個人だけでなく他のメンバーも勝てば、そのチームは大きくチーム・スコアを稼げるのです! もしメンバーを複数人トップ8へ入賞させることができれば、他チームと大きく差をつけることができるでしょう!

 それでは、以下に2016-2017年シーズン「プロツアー・チームシリーズ」参加32チームを一覧にしてご紹介します。

Almost Finnished

  • アンシー・アルキオ/Anssi Alkio
  • ラウリ・ピスパ/Lauri Pispa
  • トーマス・トーミネンTuomas Tuominen
  • マティ・クイスマMatti Kuisma
  • レオ・ラオネン/Leo Lahonen
  • サミュエル・ターマラトナム/Samuel Tharmaratnam

 ワールド・マジック・カップ2016でトップ8入賞を果たしたフィンランド代表メンバーは、プロツアー『霊気紛争』の参加権利を獲得しました。その4人にプロツアー『神々の軍勢』トップ8入賞のフィンランド人プレイヤー、アンシー・アルキオとイギリスのゴールド・レベル・プロ、サミュエル・ターマラトナムが加わり、プロツアー・チームシリーズへ参戦します。

Basic

  • クレイグ・チャップマン/Craig Chapman
  • サム=ルカ・ロルフ/Sam-Luca Rolph
  • ピップ・グリフィス/Pip Griffiths
  • ハイメ・アルクデカン/Jaime Archdekan
  • マシュー・ステイン/Mathew Stein
  • ピート・ワード/Pete Ward

 メンバーの半数がプロツアー初参戦の「Basic」は、アイルランド、イングランド、ウェールズ、カナダのフレッシュな面々が集まったチームです。ともにプロツアーへの準備を進め、最高峰の戦いに挑みます。

Cardhoarder

  • ノア・ウォーカー/Noah Walker
  • ジェイコブ・ボウ/Jacob Baugh
  • アンドリュー・テンジュム/Andrew Tenjum
  • ロバート・グレイヴス/Robert Graves
  • ザッカリー・キューネ/Zachary Kiihne
  • ジョー・ロセ/Joe Lossett

 「StarCityGames.com Players' Championship」を制したジョー・ロセを筆頭に「StarCityGames.com Tour」にて活躍するプレイヤーで構成されたチーム「Cardhoarder」は、その活躍の舞台をプロツアーへ広げようとしています。2016年の「StarCityGames.com Tour」で圧倒的な力を見せつけたプレイヤーたちがプロツアーを席巻するのも時間の問題でしょう。

ChannelFireball Fire

  • パトリック・コックス/Patrick Cox
  • マシュー・ナス/Matthew Nass
  • マーティン・ジュザ/Martin Jůza
  • ジョシュ・アター=レイトン/Josh Utter-Leyton
  • コーリー・バークハート/Corey Burkhart
  • ポール・チェオン/Paul Cheon

 「ChannelFireball」からは2チームが参戦。ひとつめの「ChannelFireball Fire」は、歴戦のベテランとプロツアーの舞台で輝き出した新鋭の混合チームです。プロツアー・トップ8入賞を経験するプレイヤーあり、デッキ構築と環境理解の専門家あり、そしてチームでの練習において大きな貢献を成し遂げた者あり。今シーズンの活躍が期待される強い団結力を持ったチームです。

ChannelFireball Ice

  • パウロ・ヴィター・ダモ・ダ・ロサ/Paulo Vitor Damo da Rosa
  • マイク・シグリスト/Mike Sigrist
  • ヨエル・ラーション/Joel Larsson
  • ベン・スターク/Ben Stark
  • オンドレイ・ストラスキー/Ondřej Stráský
  • エリック・フローリッヒ/Eric Froehlich

 そしてふたつめの「ChannelFireball Ice」は3人の殿堂顕彰者を擁し、プロツアー優勝3回を誇るチームです。中には殿堂顕彰者にしてプロツアー王者というプレイヤーもいます。3大陸にまたがり強力なプレイヤーを集めたこのチームは、プロツアーの舞台で世界中の注目を集めることでしょう。

Conflagreece

  • パナギオティス・パパドパウロス/Panagiotis Papadopoulos
  • ビル・クロノポロス/Bill Chronopoulos
  • ディミトリス・トリアンタフィロウ/Dimitris Triantafillou
  • ペトロス・ツィオティス/Petros Tziotis
  • マキス・マツォカス/Makis Matsoukas
  • ニコラス・カポニス/Nikolaos Kaponis

 マキス・マツォカスが初出場のプロツアーでトップ8入賞を果たしたり、ギリシャ代表がワールド・マジック・カップ2016を制したり、ここ最近のギリシャ人プレイヤーの活躍には目をみはるものがあります。マツォカスとギリシャ代表メンバーは、プロツアー初参戦のニューフェイスを加えた6人でチームシリーズへ挑みます。

D3 Go!

  • ベン・ルービン/Ben Rubin
  • トム・マーテル/Tom Martell
  • マシュー・コスタ/Matthew Costa
  • イェルガー・ヴィーガーズマ/Jelger Wiegersma
  • シャハール・シェンハー/Shahar Shenhar
  • ブロック・パーカー/Brock Parker

 半数が「ChannelFireball : Pantheon」所属メンバーであるチーム「D3 Go!」は、殿堂顕彰者とプロツアー王者、そして世界選手権2連覇の偉業でマジックの歴史に刻まれたプレイヤーによって構成されています。以前からチームでプロツアーへ取り組んでいた彼らにとって、チームシリーズは望むところでしょう。またこのチームは『Magic: Puzzle Quest』の開発元である「D3 Go!」のスポンサーを受けている2チームのうちのひとつです。

Dave&Adam's

  • アレックス・ビアンキ/Alex Bianchi
  • アンドリュー・スコリク/Andrew Skorik
  • ニック・ダンブローズ/Nick D'Ambrose
  • ジョーイ・マナー/Joey Manner
  • ジャッキー・ウォン/Jacky Wang
  • アレックス・バステッキー/Alex Bastecki

 プロツアー『カラデシュ』トップ8入賞のジョーイ・マナーとグランプリ・ピッツバーグ2015王者のアレックス・ビアンキが、プレミア・レベルの経験を積もうと意気込むプレイヤーたちを率いてチーム「Dave&Adam's」を結成しました。

DEX Army

  • ウィリー・エデル/Willy Edel
  • マルシオ・カルヴァリョ/Márcio Carvalho
  • カルロス・ロマオ/Carlos Romão
  • ティアゴ・サポリート/Thiago Saporito
  • ルイス・サルヴァット/Luis Salvatto
  • アントニオ・デル・モラル・レオン/Antonio Del Moral León

 「DEX Protection」のスポンサーを受ける3チームのうちのひとつ「DEX Army」には、殿堂顕彰者ウィリー・エデルを含む南米の注目プレイヤーが集まっています。3人がブラジルに拠点を構えていますが、アルゼンチンとポルトガル、スペインからも1人ずつチームに所属し、4つの異なる国々の混合チームであることも特徴でしょう。

DEXThird

  • フェリペ・ヴァルディヴィア/Felipe Valdivia
  • パトリック・フェルナンデス/Patrick Fernandes
  • クリスティアン・セスペデス/Cristian Cespedes
  • ホセ・ルイス・エチェベリア/Jose Luis Echeverria
  • ジュアン・ルーカス・カパロス/João Lucas Caparroz
  • ルーカス・エスペル・ベルソー/Lucas Esper Berthoud

 「DEXThird」も、「DEX Protection」のスポンサーを受けている南米のプレイヤーで構成されたチームです。メンバーの経験値には幅があり、6回以上プロツアーに出場している者もいればこれからデビューの新人もいます。また「DEX Army」と同様に1ヵ国でまとまらず、ブラジル以外にもチリ人のプレイヤーを3人擁しています。

EUreka

  • イマニュエル・ゲルシェンソン/Immanuel Gerschenson
  • ヴァレンティン・マックル/Valentin Mackl
  • パトリック・ディックマン/Patrick Dickmann
  • スティーヴ・ハット/Steve Hatto
  • アレクサ・テラロフ/Aleksa Telarov
  • マルク・トビアシュ/Marc Tobiasch

 「EUreka」再び。かつてヨーロッパのスーパー・チームに所属していたイマニュエル・ゲルシェンソンとアレクサ・テラロフが、新たにプロツアー・トップ8入賞2回のパトリック・ディックマンなどドイツとオーストリア、ルクセンブルクからプレイヤーを集め、再びこのチームに灯を点しました。このチームには、オーストリア人プレイヤー2人、ドイツ人プレイヤー2人、ルクセンブルクとセルビアのプレイヤーが1人ずつ所属しています。

Face to Face Games

  • アレクサンダー・ヘイン/Alexander Hayne
  • サミュエル・パーディー/Samuel Pardee
  • スティーヴ・ルービン/Steve Rubin
  • ジェイコブ・ウィルソン/Jacob Wilson
  • イヴァン・フロック/Ivan Floch
  • オリヴァー・ティウ/Oliver Tiu

 チーム随一の実力者たちを集め、「Face to Face Games」もチームシリーズに参戦です。プロツアー王者3人、プロツアー・トップ8入賞者2人、そして残るひとりも世界選手権で準決勝まで駒を進めたプレイヤーです。

Fire Squad

  • ティエン・ヌエン/Thien Nguyen
  • ナサニエル・スミス/Nathaniel Smith
  • デイヴィッド・シールズ/David Shiels
  • ベン・ハル/Ben Hull
  • ブランドン・エアーズ/Brandon Ayers
  • ジョナサン・モラウスキー/Jonathan Morawski

 プロツアーの経験は幅広い「Fire Squad」のメンバーですが、グランプリとMagic Onlineでの研鑽を重ねてきました。プロツアー『カラデシュ』にて準決勝まで進出したベン・ハルもこのチームに所属しています。

Genesis

  • ブラッド・ネルソン/Brad Nelson
  • ルーカス・ブロホン/Lukas Blohon
  • セス・マンフィールド/Seth Manfield
  • マイケル・メジャーズ/Michael Majors
  • マーティン・ダン/Martin Dang
  • マーティン・ミュラー/Martin Müller

 チェコ人プレイヤー1人、デンマーク人プレイヤー2人、アメリカ人プレイヤー3人で構成された「Genesis」は、2大陸のスター・プレイヤーが集まったチームです。「Eureka」、「Team East West Bowl」、「Cabin Crew」を代表するプレイヤーたちが名を連ねるこの強力なチームにも、期待が高まります。

Hareruya

  • 齋藤 友晴
  • 中村 修平
  • 高橋 優太
  • ジェレミー・デザーニ/Jérémy Dezani
  • オリヴィエ・ポラック=ロットマン/Oliver Polak-Rottmann
  • ペトル・ソフーレク/Petr Sochůrek

 「晴れる屋」のプロ・チームが、「北米とヨーロッパ」というチーム構成の習慣に一石を投じ、「ヨーロッパと日本」の混合チームを築き上げました。齋藤 友晴率いるこのチームには、日本のプロ・シーンでお馴染みの3人とヨーロッパの強豪3人が所属しています。

Hotsauce Games

  • レイモンド・ペレスJr/Raymond Perez, Jr
  • グレゴリー・オレンジ/Gregory Orange
  • タイラー・ヒル/Tyler Hill
  • コーディ・リンゲルバッハ/Cody Lingelbach
  • ゲイブ・カールトン=バーンズ/Gabe Carleton-Barnes
  • ステフェン・ニール/Stephen Neal

 グランプリ王者のアダム・ジャンセン/Adam Jansenがプロデュースした「Hotsauce Games」には、プロツアー・シーンでよく見るプレイヤーと新顔がともに所属しています。その中にはプロツアー『マジック・オリジン』トップ8入賞のステファン・ニールの姿もあります。

Last Samurai

  • 津村 健志
  • 藤田 剛史
  • 大礒 正嗣
  • 三原 槙仁
  • 瀧村 和幸
  • 玉田 遼一

 プロツアーにおける日本人プレイヤーの活躍の歴史を知りたいなら、このチーム「Last Samurai」のメンバーを調べるしかないでしょう。4人の殿堂顕彰者とプロツアー王者、プロツアー準優勝者による強力なチームです。

Ligamagic

  • ペドロ・カルヴァリョ/Pedro Carvalho
  • エデュアルド・ドス・サントス・ヴィエイラ/Eduardo does Santos Vieira
  • セバスティアン・ポッツォ/Sebastian Pozzo
  • ギリェルメ・ミリヤム/Guilherme Merjam
  • マルセリーノ・フリーマン/Marcelino Freeman
  • マルコス・パウロ・デ・ジェズス・フレイタス/Marcos Paulo de Jesus Freitas

 南米のスーパー・チームがまたひとつ登場。ペドロ・カルヴァリョをキャプテンに据えた「Ligamagic」には、4人の輝かしいブラジル人プレイヤーとアルゼンチンのセバスティアン・ポッツォ、メキシコのマルセリーノ・フリーマンが所属しています。

Lingering Souls

  • シャヒーン・スーラニ/Shaheen Soorani
  • クリス・フェネル/Chris Fennell
  • トラヴィス・ウー/Travis Woo
  • アンドレアス・ガンツ/Andreas Ganz
  • アシュラフ・アブー・ウマル/Ashraf Abou Omar
  • ドナルド・スミス/Donald Smith

 「Lingering Souls(《未練ある魂》)」という名の通り、この『イニストラード』ブロックで最も名高き強力な呪文に相応しい北米とヨーロッパのプレイヤーたちが集まり、新たなチームが結成されました。

Magic Corsairs Crew

  • エリオット・ブソー/Eliott Boussaud
  • マクシム・マルティン/Maxime Martin
  • ジュリアン・スチール/Julien Stihle
  • サミュエル・ヴィロット/Samuel Vuillot
  • ピエール・ゾメン/Pierre Sommen
  • マルティン・ヘリス/Martin Hrycej

 フランス人プレイヤーが中心の「Magic Corsairs Crew」のメンバーは、他のチームに比べてプロツアーの経験は多くありません。しかし彼らはみな長きにわたりマジックをプレイし、ピエール・ゾメンとエリオット・ブソーの両名はグランプリ優勝も成し遂げています。

Massdrop East

  • パスカル・メイナード/Pascal Maynard
  • ジャーヴィス・ユウ/Jarvis Yu
  • リッキー・チン/Ricky Chin
  • ティモシー・ウーTimothy Wu
  • エリック・セヴァーソン/Eric Severson
  • ジョン・スターン/Jon Stern

 2015-2016年シーズンを席巻したチーム「East West Bowl」のかつてのメンバーのうち、パスカル・メイナード率いるアメリカ東海岸のプレイヤーたちで結成したチームがこの「Massdrop East」です。昨シーズンの活躍ぶりを見れば、彼らに期待して間違いないでしょう。そして......

Massdrop West

  • マーク・ジェイコブソン/Mark Jacobson
  • ポール・ディーン/Paul Dean
  • ジャアチェン・タオ/Jiachen Tao
  • アリ・ラックス/Ari Lax
  • スコット・リップ/Scott Lipp
  • ベン・ウェイツ/Ben Weitz

 同じく「East West Bowl」のメンバーで組まれたチーム「Massdrop West」は、プロツアー王者2人を筆頭に2015-2016年シーズンをともに練習した心強い仲間たちで構成されています。「Massdrop East」と同様に、このチームも昨シーズンから続けての圧倒的な活躍を目指しています。

Mox Box Bowl

  • ベン・フリードマン/Ben Friedman
  • アレックス・マイラトン/Alex Majlaton
  • ユージン・ファン/Eugene Hwang
  • ロブ・ピサノ/Rob Pisano
  • ブランドン・フィッシャー/Brandon Fischer
  • ポール・イーム/Paul Yeem

 そしてベン・フリードマンの呼びかけに集まった「East West Bowl」のメンバーは、「Mox Box Bowl」というチームを結成しました。このチームには、長きにわたるベテランとここ2シーズンほどで頭角を現してきた新鋭が揃っています。また、「Massdrop East」、「Massdrop West」、「Mox Box Bowl」の3チームそれぞれにかつて彼らが所属したチームの名残があるのは特筆すべきでしょう。

MTG Bent Card

  • アンドレア・メングッチ/Andrea Mengucci
  • アンソニー・リー/Anthony Lee
  • ハヴィエル・ドミンゲス/Javier Dominguez
  • クリスティアン・カルカノ/Christian Calcano
  • ミカエル・ボンデ/Michael Bonde
  • コーリー・バウマイスター/Corey Baumeister

 「MTG Mint Card」が、アジア太平洋地域外の友人を集めてもうひとつチームを結成しました。仲間内の軽い冗談を発端とした「MTG Bent Card」は、3大陸5ヵ国にまたがるチームとなりました。

MTG Mint Card

  • リー・シー・ティエン/Lee Shi Tian
  • ジェイソン・チャン/Jason Chung
  • ファン・ハオシャンHuang Hao-Shan
  • ケルヴィン・チュウ/Kelvin Chew
  • エドゥアルド・サーガリク/Eduardo Sajgalik
  • ナム・サンオク/Nam Sung Wok

 アジア太平洋地域のスーパー・チームとして知られる「MTG Mint Card」は、ここ数年でメンバーを拡充し、ヨーロッパや北米のプレイヤーも在籍しています。今シーズンのチームシリーズに向けてカナダのエドゥアルド・サーガリクを加えたこのチームは、香港のスーパースター、リー・シー・ティエンを筆頭にニュージーランド、台湾、シンガポール、韓国の強豪も擁しています。

Musashi

  • 山本 賢太郎
  • 渡辺 雄也
  • 行弘 賢
  • 市川 ユウキ
  • 覚前 輝也
  • 八十岡 翔太

 2016-2017年シーズンのチームシリーズへ向けて、日本はもうひとつ強力無比なチームを作り上げました。殿堂顕彰者の八十岡 翔太と渡辺 雄也が、ここ数年で最も輝いている日本のプロ・プレイヤーたちと手を取り戦いに臨みます。

Mutiny

  • デイヴィッド・オチョア/David Ochoa
  • ジョシュア・チョー/Joshua Cho
  • ジェリー・トンプソン/Gerry Thompson
  • ジャスティン・コーエン/Justin Cohen
  • マシュー・セヴェラ/Matthew Severa
  • サミュエル・ブラック/Samuel Black

 長年にわたり練習をともにし良い関係を築いたプレイヤーたちが「Mutiny」というチームを立ち上げました。カリフォルニア州やバージニア州ロアノーク、ウィスコンシン州マディソンに居を構えるプロが集まったこのチームには、デッキ・ビルダーとして名高いサミュエル・ブラックの姿もあります。

NorCal

  • ジェイソン・スミス/Jason Smyth
  • マイク・メイ/Mike Mei
  • ファーシン・バイ/Huaxing Bai
  • ハロルド・チョウ/Harold Chow
  • カレブ・ヴァン・パタン/Caleb Van Patten
  • ダン・ベスタマン/Dan Besterman

 プロツアー地域予選優勝者とグランプリ上位入賞者が集まった「NorCal」は、ジェイソン・スミスと5人のプロツアー初参加プレイヤーで構成されています。彼らはさらに厳しさを増す戦いにも臆さず、大舞台でその力を証明し最高のプロツアー体験を得ようとしています。

Opportunity

  • ピエール・ダジャン/Pierre Dagen
  • マグナス・ラント/Magnus Lantto
  • ガブリエル・ナシフ/Gabriel Nassif
  • グジェゴジュ・コヴァルスキー/Grzegorz Kowalski
  • マッテオ・モウレ/Matteo Moure
  • マルコ・カミルッツィ/Marco Cammilluzzi

 かつての「EUreka」メンバーがイタリア人プレイヤー2人、ポーランド人プレイヤー1人、そしてフランスの殿堂顕彰者を迎え入れ、新チームを結成しました。ヨーロッパの4ヵ国から集まった「Opportunity」は、近年のマジックを肌で知る現役と生ける伝説が手を組んだチームです。

Puzzle Quest

  • リード・デューク/Reid Duke
  • オーウェン・ターテンワルド/Owen Turtenwald
  • ウィリアム・ジェンセン/William Jensen
  • ジョン・フィンケル/Jon Finkel
  • アンドリュー・クネオ/Andrew Cuneo
  • ポール・リーツェル/Paul Rietzl

 恐らく最も注目を集めるであろうチーム「Puzzle Quest」は、リード・デュークとオーウェン・ターテンワルド、ウィリアム・ジェンセンの3人による「《桃園の契り》」をきっかけに結成されました。ここへプロツアーの歴史に残る偉人たちも呼応し、かの「ジョニー・マジック」ジョン・フィンケルの姿もあります。

Tapas

  • ライアン・キュービット/Ryan Cubit
  • デイヴィッド・マインズ/David Mines
  • ジェイムズ・ウィルクス/James Wilks
  • ゲイリー・ラウ/Garry Lau
  • リカルド・ブラガート/Riccardo Bragato
  • マシュー・アンダーソン/Matthew Anderson

 プロツアー・シーンでは比較的新顔の面々が並ぶチーム「Tapas」は、ワールド・マジック・カップ2016でトップ8入賞を果たしたオーストラリア代表メンバーを中心に、オーストラリアからフレッシュなプレイヤーを加えた構成です。

Top Level

  • クレイグ・ウェスコー/Craig Wescoe
  • ラファエル・レヴィ/Raphaël Lévy
  • パトリック・チャピン/Patrick Chapin
  • ブライアン・ブラウン=デュイン/Brian Braun-Duin
  • マイク・フロン/Mike Hron
  • ダン・ランティエ/Dan Lanthier

 最後にご紹介するのは、プロツアー王者と経験豊富なプレイヤーが集まった「Top Level」です。チーム・メンバーのパトリック・チャピンがマイケル・J・フローレス/Michael J. Floresとともに配信しているポッドキャストから名前をとったこのチームは、構築に精通したプレイヤーもリミテッドの専門家も擁しており、まさに死角なしの強力なものです。


 以上の32チームは、2月3~5日にアイルランド・ダブリンで開催されるプロツアー『霊気紛争』に向けて万全の準備をしてくるでしょう。大会の模様は生放送でお送りしますので、お見逃しなく!


前の記事: 『霊気紛争』プレリリース入門 | 翻訳記事一覧に戻る | 次の記事: 強欲の代償

トピックス