マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

企画記事

2017.01.16

グランプリ・静岡2017春でDCI認定ジャッジ試験に挑戦!

By Naoaki Umesaki

 こんにちは、はじめましての方ははじめまして。DCI認定レベル3ジャッジの梅咲直瑛です。

 近年は3000人を超える参加者を集める一大イベントとなった「グランプリ」。

 会場では、グランプリ本戦だけではなく、さまざまな種類のサイドイベントが開催され、どんな方でも1日マジックを思う存分楽しめる魅力あるイベントになっています。

 3月に開催される「グランプリ・静岡2017春」(主催者様特設サイト)でも、「『モダンマスターズ 2017年版』発売記念シールド」をはじめとして、魅力あるイベントが多く開催されますが、今回はそのサイドイベントの中から、他とは一風変わったイベントを紹介したいと思います。

 そのイベントとは......、「DCI認定ジャッジ試験」です!!

 このコラムでは、「DCI認定ジャッジ試験」について紹介すると同時に、現在はジャッジに興味がない方にとっても有益なサイト「ジャッジセンター」も紹介します。

 一般的にはあまり知られていない「ジャッジセンター」ですが、マジックのルールをクイズ形式で勉強できるコンテンツを備えた優れもの。実際に点数や回答を見ながら自分のルール知識を試すことにより、「ジャッジに興味はあったけど、自分の実力が足りているのか」と疑問に思っていた方や、さらにルール知識を付けてプレイングの幅を広げたいプレイヤーの方、つまりほぼ全てのマジックプレイヤーにとってとても有益なサイトとなっているのです。

 今回の「グランプリ・静岡2017春」で開催される「DCI認定ジャッジ試験」には都合が合わなかった方も、この「ジャッジセンター」を通してジャッジとしての実力を付けたり、将来的にジャッジへの興味を持っていただけたらと思っています。

そもそも「DCI認定ジャッジ」とは?

 長い歴史を持つマジック:ザ・ギャザリング、その魅力のひとつがしっかりと整備された競技システム。そして、それを支えているのが「DCI認定ジャッジ試験」によって技術・知識を公式に認定された「DCI認定ジャッジ」です。

 「グランプリ」はもちろん、皆さんの地元で開催されている「プロツアー予備予選」や「グランプリトライアル」などのイベントを開催する際には必ず「DCI認定ジャッジ」が必要というルールになっています。このような制度により、マジック:ザ・ギャザリングは全世界でイベントの公平性が保たれているのです。

 2017年1月現在、日本では約350人、全世界では約7000人もの「DCI認定ジャッジ」が活動しています。

試験とはどんなことするの?

 「試験」と聞くと難しく聞こえてしまいますが、「DCI認定ジャッジ」は能力・練度などによって1~3(もしくはそれ以上)のレベルが設定されており、今回の「グランプリ・静岡2017春」で開催される「DCI認定ジャッジ試験」は最初のステップである「レベル1」のものです。

 「DCI認定レベル1ジャッジ」は、店舗などで普段開催されているルール適用度「一般」の大会で活動するジャッジを想定しており、より競技的に行われるルール適用度「競技」のイベントについては「DCI認定レベル2」のジャッジが必要になってきます。

 少し話が難しくなってしまいましたが、「DCI認定レベル1」とは「お店のイベントやコミュニティの中で何かあった時、ルールを聞かれる存在」であったり、「ルールに興味があり、実は結構詳しい」といった人です。

 こう聞くと、今はまだジャッジ資格を持っていなくても、実は「レベル1ジャッジ」としての活動を実質的にスタートさせている方は意外と多くいるのではないでしょうか。

 「DCI認定ジャッジ」になると、ジャッジ記念フォイルカードなどのサポートを受けられるようになったり、認定ジャッジ内のコミュニティで気をつけるべき最新のルールなどについて知る機会も多くなります。また、良いジャッジが日本に増えたら、より多くの人が安心してマジックを楽しめるようになるでしょう。

 ぜひ、実質的にジャッジのような活動をしている方や、ジャッジに興味を持っている方には「DCI認定ジャッジ試験」にチャレンジしていただき、公式からの認定を得たり、試験を通して自分が知らない知識・ジャッジとして不足している分野などを確認していただきたいと思っています。

 「DCI認定レベル1ジャッジ試験」を受けるための要件は、この4点です。

  1. 直近6か月間で2回以上、認定イベントでのジャッジをしたことがあること
  2. レベル2以上のジャッジと会話を持ち、推薦文を受けること
  3. ルールに関する筆記試験で合格点をとること
  4. ジャッジ規約に従った行動をとると約束すること

 ルール知識や、イベントに関する知識や経験。どれもジャッジにとって重要な要素ですが、このうち1と2に関しては、今回の「グランプリ・静岡2017春」のジャッジ試験にお申込みしていただければ、地域コーディネーターよりサポートされますのでご安心ください。

 そうすると、多くの方にとって問題となってくるのが「ルールに関する筆記試験」です。

 マジックのルールは意外と複雑で、ルールブックも結構な量があります。これをただ闇雲に丸暗記しようとするのは現実的ではなく、どうやって勉強したらいいのかも難しい、非常に厄介なものです。

 そこで登場するのが、冒頭に紹介したクイズ形式でルールを勉強できるサイト「ジャッジセンター」です。

「ジャッジセンター」とは?

 「ジャッジセンター」は、DCI番号を持っている方なら誰でも入れるサイトです。

 日本語化もされているので、トップページからログインする際の言語オプションで「日本語」を選択してください。

judgecenter.jpg

 ログインすると表示される画面上部のメニュータグを、『試験』→『作成』→『日本語』と進むと、『簡単練習』『チャレンジ練習』『レベル1試験練習』といった練習問題の項目が表示されます。これをクリックしていくと、それぞれの練習問題にチャレンジすることができます。

 問題を解き終わると、回答を間違った問題のルール解説と点数が自動的に表示されます。クイズ形式でルール勉強を行うことができるので、自分が知らなかったり、間違って覚えていたルールを効率よく知ることができるでしょう。

 ぜひ、間違えた部分をよく確認して、ルール知識を深めていってください。

 「DCI認定レベル1試験」の合格点は、70点です。

 本試験を受ける前には、「ジャッジセンター」の「レベル1練習問題」で安定して70点以上を取れるようになっておきたいところです。

「DCI認定ジャッジ試験」への申し込み

 先に紹介した「DCI認定レベル1試験を受けるための要件」4点について満たしていることを確認したら、いよいよ試験の申し込みです。

 今回の「グランプリ・静岡2017春」に都合が合わなかった方でも、最近は多くのグランプリでジャッジ試験は開催されています。また、近隣の「DCI認定ジャッジ」に相談すれば、グランプリ会場以外での試験についても相談に乗ってくれるでしょう。

グランプリ・静岡2017春 DCI認定レベル1試験

開催日時: 3月17日(金) 15:00~

開催場所: ツインメッセ静岡(グランプリ開催会場)

応募方法:DCI認定ジャッジ試験をご希望の方は、「お名前」「DCIナンバー」「在住都道府県」「簡単なこれまでのジャッジ経験」をご記入の上、担当:BIG MAGIC伊藤(itohide@bigmagic.net)までご連絡ください。

申込締切:1月27日(金) 15:00


 マジックシーンを影から支えている「DCI認定ジャッジ」。

 その門戸が、このようなイベントで開かれていることを知らなかった方も多いのではないでしょうか?

 興味を持った方は、この「グランプリ・静岡2017春」がチャンスです!

 ぜひ、熱意ある皆さんからの応募をお待ちしています!

前の記事: 6年ぶりに日本にプロツアーが帰って来た!プロツアー『破滅の刻』予備予選(2017#3・プロツアー開催地:京都)に参加しよう! | 企画記事一覧に戻る | 次の記事: 『霊気紛争』みんなが選ぶトップ3!

トピックス