マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

お知らせ

『アモンケット』最新情報盛り合わせ

authorpic_BlakeRasmussen.jpg

『アモンケット』最新情報盛り合わせ

Blake Rasmussen

2017年3月27日

原文はこちら

 『アモンケット』のプレビューは来週からの予定ですが、今回のセットにはお伝えしたいニュースが多すぎて、どうしても待ち切れませんでした。そこで少しずつですが、今週から始めたいと思います。水曜日(日本時間木曜日)には「Magic Story -未踏世界の物語-」の『アモンケット』編第1話が公開され、「Masterpiece」もすべてお披露目します。それから、トレイラー映像も公開予定です。

 本日は、各種プロモカードと、マジックに興味を持った友人を連れて行ける新しいイベントの紹介、そして『アモンケット』版ウェルカム・デッキの詳細をお届けします。

 ですがまずは、切り離して使えるマーカーを集めた「パンチ・カード」をご覧ください!

パンチ・カード

 マジックでは、盤面を正確に把握できるようたくさんのカウンターやトークンが必要ですよね。そこで『アモンケット』では、トークン・カードに加えて(もちろんそれらも最高にクールです)便利なマーカーを集めたカードをご用意しました。これがあれば、-1/-1カウンターが置かれているものや「督励」されているもの、「不朽」したものなどがすぐに分かります......

......ん? 督......なんだって? ふ、ふきゅう?

 あとでご説明します。まずはパンチ・カードをご覧いただきましょう。パンチの効いたアイテムですよ!

//

『アモンケット』のプロモカード

 この項では、『アモンケット』に収録されるカードを大量に公開します。一気にね。

 まずはボックス購入特典プロモです。お近くのゲーム店で『アモンケット』ブースターパックを1ボックス購入すればもらえます(枚数に限りがありますので、店舗までご確認ください)。さてご覧ください、「サイクリング」が帰ってきますよ!

ja_akh_buyabox.jpg

 それから、先ほど見たパンチ・カードにあった石材のようなカウンターは? そのまま「石材・カウンター」です。これは以下のようなカードで用います。

ja_akh_launch.jpg

 そして、ゲームデーに参加した方にはこちらの壮麗なる《信念の決闘者》が、トップ8に入賞した方には魅力あふれる《栄光をもたらすもの》が贈られます。

//

 さらに――スクラッチ音――おっと、これらにもキーワード能力が書かれていますね。先ほど見たパンチ・カードにも同じキーワードがあったことにお気づきでしょうか。まずはこれらのご説明をしなくては。間もなく公開される(マット・タバック/Matt Tabakによる)メカニズム記事をちょっと覗いてみましょう。

 不朽は、この能力を持つクリーチャーがあなたの墓地に置かれているときに起動できる起動型能力です。特筆すべきは、墓地から唱えるわけではないため、呪文として打ち消そうとしてもできないということです。もちろん元のクリーチャー呪文を打ち消すことはできますが、打ち消された後は墓地へ行きますね。そこで不朽の出番です。

 不朽能力を起動するために必要なのは、不朽コストを支払ってそのカードを追放することだけです。この能力は、ソーサリーを唱えられるとき、つまりあなたのメイン・フェイズで他に何も起こっていないときならいつでも起動できます。不朽能力が解決されると、そのクリーチャーのコピーであるトークンが生成されます。ただし皆さんご想像の通りそのトークンはミイラ化したものであり、いくつかの変化が見受けられます。まずアンデッドの性質を持つため、元のクリーチャー・タイプに加えてゾンビでもあります。ゾンビであることを利用してアドバンテージを取る方法は、きっとたくさんありますよね。そして、そのクリーチャーが生前どんな者であったとしても、属していた色に関わらず白になります。おまけに、持っていたマナ・コストも持たなくなります。

 そして、「不朽」能力を持つカードにはすべて独自のトークンが用意されます。こちらの信念の決闘者・トークンのように。

ja_akh_token013.jpg

 「督励」の方も、メカニズム記事から引用してご紹介しましょう。

 督励はクリーチャーに少し多く負荷をかけることで、通常ではあり得ない強力な効果をもたらします。クリーチャーを督励するかどうかを決められるのは、攻撃クリーチャーとして宣言する時です。そこで督励することを選ぶと能力が誘発し、さまざまな効果を発揮します。ただしその代わり、督励したクリーチャーはあなたの次のアンタップ・ステップにアンタップしません。督励に応じて疲れた者には、少し休息が必要なのです。もう一度攻撃させるのはちょっと待ってあげましょう。

 あなたは、攻撃の際に督励しないことも選べます。督励しなかった場合は能力は誘発せず、通常のように次のターンにアンタップします。督励できるのは攻撃クリーチャー宣言時のみであることにご注意ください。そのときを逃すと、あとから督励することはできません。なお督励したクリーチャーがあなたの次のアンタップ・ステップ以外でアンタップしても、特にコストは要求されず、何も起こりません。ということは何か別の方法でアンタップしたり、あるいは警戒をつけてやったりすれば......さすが皆さん鋭い!


 さて、本題に戻りましょう。まだまだ最新画像が目白押しですよ。

ゲームデー優勝プレイマット

 そうそう、ゲームデーで優勝した方には、こちらをお贈りします!

akh_gameday_playmat.jpg

 ゲームデーの話をしていたのは覚えていますか? 新キーワードのルール的な話をしていたすぐ前のことです。懐かしいですね。

マジック交流会:『アモンケット』

 今回から新たな試みとして、皆さんがお友達を店舗へ連れて行きやすくなるようなイベントが始まります。きっと、マジックの世界を学ぶ最初の一歩を後押しするものとなるでしょう。

 『アモンケット』プレリリースの1週間前の土曜日に開催される「マジック交流会」は、新規プレイヤーの方に気軽に楽しく遊んでもらえるイベントです。リーグ形式でスタンダードを楽しみ、参加した方にはプロモカードもご用意しています。

 4月15日(土)は世界中の店舗へあらゆるレベルのプレイヤーが集まり、一緒にマジックを学んだり、教えたり、楽しくプレイしたりすることでしょう。ティーチングでは新規プレイヤーたちにウェルカム・デッキが配布され、その後1日中カジュアルにスタンダードを楽しめます。

 プロモカードは、マジックを学ぶ友人を連れてきたプレイヤーにも贈られます。そしてもちろん、新規プレイヤーに配布されたウェルカム・デッキはそのままお持ち帰りいただけます。

 ウェルカム・デッキの内容は? 本日最後に、それをご紹介しましょう。

ウェルカム・デッキ

 これまでのウェルカム・デッキと同様に、『アモンケット』版でも各色1つずつの5種類が登場します。各デッキは30枚のカードで構成されており、シンプルな内容になるよう構築されています(なお、すべてのカードが『アモンケット』と同期間スタンダードで使用可能です)。

 それでは早速、ウェルカム・デッキに収録される『アモンケット』のカードをご覧ください。

//
//
//
//
//
//

 それから、以下の2枚はウェルカム・デッキとプレインズウォーカーデッキに収録されます。

//

 各ウェルカム・デッキのデッキリストは以下の通りです。


『アモンケット』ウェルカム・デッキ
13 《平地》

-土地(13)-

2 《栄光の探求者》
1 《嵐前線のペガサス》
2 《常備軍》
1 《砦の執行官》
1 《暁羽の鷲》
1 《セラの天使》
1 《勝利の伝令》
2 《優雅な猫》

-クリーチャー(11)-
2 《絶妙なタイミング》
1 《力強い跳躍》
2 《鼓舞する突撃》
1 《神聖なる評決》

-呪文(6)-

『アモンケット』ウェルカム・デッキ
13 《島》

-土地(13)-

2 《珊瑚マーフォーク》
2 《古代ガニ》
1 《秘密を盗む者》
1 《風のドレイク》
1 《敏捷な革新者》
1 《大気の精霊》
1 《マゴーシのスフィンクス》
1 《釣りドレイク》

-クリーチャー(10)-
2 《引きずり込み》
2 《金縛り》
2 《商売の秘訣》
1 《霊感》

-呪文(7)-

『アモンケット』ウェルカム・デッキ
13 《沼》

-土地(13)-

1 《路地の絞殺者》
2 《血狩りコウモリ》
1 《グレイブディガー》
1 《センギアの吸血鬼》
1 《夢魔》
2 《ぼろぼろのミイラ》
1 《砂丘甲虫》
1 《呪われたミノタウルス》

-クリーチャー(10)-
1 《死者再生》
2 《本質の摘出》
2 《荒々しい渇望》
2 《生命の危機》

-呪文(7)-

『アモンケット』ウェルカム・デッキ
13 《山》

-土地(13)-

2 《ファルケンラスの肉裂き》
2 《最前線の反逆者》
1 《真鍮の災い魔》
2 《博覧会場の恐怖》
1 《轟きの巨人》
1 《シヴ山のドラゴン》
1 《ハイエナの群れ》

-クリーチャー(10)-
2 《ショック》
1 《改革派の戦術》
1 《投げ飛ばし》
1 《世話》
1 《飲み込む炎》
1 《炎の鞭打ち》

-呪文(7)-

『アモンケット』ウェルカム・デッキ
13 《森》

-土地(13)-

2 《僧帽地帯のドルイド》
1 《地形の精霊》
2 《ルートワラ》
1 《大蜘蛛》
1 《忍び寄る虎》
1 《高木背の踏みつけ》
1 《暴走するサイ》
1 《僧帽地帯をうろつくもの》
1 《ガラクの大軍》

-クリーチャー(11)-
2 《狂気の一咬み》
1 《樫変化》
1 《蜘蛛の掌握》
1 《翼わな》
1 《第六感》

-呪文(6)-

店舗・イベント検索

トピックス