READING

戦略記事

中村修平の「デイリー・デッキ」

中村修平の「デイリー・デッキ」:ベルチャー(レガシー)

中村修平の「デイリー・デッキ」:ベルチャー(レガシー)

shuheinakamura.jpg

編集より:中村修平が日替わりで注目のデッキを1日1個紹介するミニコラムです。本コラムは掲載の1~2週間前に英語圏向けに制作され、英語サイトから全世界に発信されています。

日本公式ウェブサイトでは、日本語の原文を掲載いたします。今週は30日(月)~4月3日(金)の掲載です。


 一人廻しが捗るデッキ第2弾は、昨日のものとは打って変わって超シンプル。初手を見た段階でだいたいコンボが達成可能か不可能か分かりますし、ターン数も取らせません。
 ほとんどの場合1ターン目、もしくは2ターン目に事実上の決着がつくというスピードスター仕様。おまけにコンボデッキにつきものの、土地を切り詰めているからマリガンに苦労する...というのにも「あまり」関係はありません。

 なにせ、入っている土地はたった1枚ですからね。

 「ワンランド・ベルチャー」は大量の使い捨てマナ加速と、勝ち手段であるベルチャーこと《ゴブリンの放火砲》、あるいは《巣穴からの総出》、そして《燃え立つ願い》のみで構成されているデッキです。

 ところで、なぜ土地は1枚しか入っていないのか。
 それはもちろん勝ち手段である《ゴブリンの放火砲》のためです。
 土地がめくれなければライブラリーの数だけダメージが入る、ということは、唱えるのに{4}、起動するのに{3}の合計7マナを土地以外から捻り出せればそれだけで1枚コンボ。これがデッキの基本理念なのです。

 なおコンボの天敵《Force of Will》はこのデッキだと考えるだけ無駄、ほぼ無理です。
 《巣穴からの総出》があればそちらを優先、無ければ覚悟を決めてオールインが合理的選択。

 本当のことを言えば土地0枚で組めれば理想なのですが、さすがに土地はお手軽簡単にマナを出せてしまうので1枚だけは許してやろうという姿勢。意識的には「モックス・エメラルドルビー」のようなものです。
 これが《土地譲渡》と合わせてデッキに5枚入っている換算。ごく稀に《ゴブリンの放火砲》起動の5枚目あたりに《Taiga》がめくれて気まずい思いをしてしまいますが、合理的精神にも犠牲はつきものということで諦めましょう。

 それと、このリストだと《Taiga》ではなく《踏み鳴らされる地》になっていることに今気づきましたが、気にしない方向で。まあ色々あるんでしょう。
 昔、八十岡翔太がヴィンテージで《湿った墓》使っているところを見たこともありますし。

Jesse Parnell
StarCityGames.com Legacy Open Worcester (2014/7/6) トップ8 / レガシー[MO] [ARENA]
1 《踏み鳴らされる地

-土地(1)-

4 《ほくちの壁
4 《Elvish Spirit Guide
4 《猿人の指導霊

-クリーチャー(12)-
4 《ライオンの瞳のダイアモンド
4 《水蓮の花びら
3 《金属モックス
4 《ギタクシア派の調査
4 《炎の儀式
4 《燃え立つ願い
4 《捨て身の儀式
4 《土地譲渡
4 《発熱の儀式
1 《魔力変
4 《煮えたぎる歌
4 《ゴブリンの放火砲
3 《巣穴からの総出

-呪文(47)-
4 《ザンティッドの大群
3 《紅蓮破
1 《破壊放題
1 《冥府の教示者
1 《紅蓮地獄
1 《先細りの収益
1 《巣穴からの総出
1 《恭しき沈黙
1 《苦悶の触手
1 《魂の再鍛

-サイドボード(15)-
StarCityGames.comより引用(英語)

  • この記事をシェアする

RANKING

NEWEST

CATEGORY

コラム

BACK NUMBER