EVENT COVERAGE

リダイレクト

観戦記事

準決勝:Luis Salvatto(アルゼンチン) vs. 行弘 賢(日本)

矢吹 哲也
chapman.jpg

Chapman Sim / Tr. Tetsuya Yabuki / Edit. Yusuke Yoshikawa

2018年2月4日


 プロツアー・トップ8入賞3回を記録している行弘 賢は、4度目の舞台を迎えた。このグランプリ・シンガポール2013王者はチーム「Musashi」の一員として第1回チーム・シリーズを制している。今大会での彼の活躍により、「Musashi」は今シーズンのチームシリーズでも大きく順位を伸ばすことだろう。

 行弘は主にふたつの面で世界に広く知れ渡っている――ひとつは魅力的なキャラクター、そしてもうひとつは魅力的なデッキ構築で。彼は《栄光の目覚めの天使》コンボ・デッキを生み出し、自身初のプロツアー・トップ8入賞を果たした。《ホネツツキ》や《単体騎手》、《ツカタンのサリッド》といった、他に誰も目を向けないカードを信じて使ってきた。そしてこの週末、彼は一風変わった強力なビートダウン・デッキ「黒赤『虚ろな者』」を手にプロツアーを駆け抜け、チーム「Musashi」に行弘ありと証明した。

 ルイス・サルヴァット/Luis Salvattoは、昨シーズンあと一歩のところで届かなかったプロ・プレイヤーズ・クラブ「プラチナ」レベル到達まであと2勝と迫った。ここでの勝利はまた、彼が所属するチーム「Hareruya Latin」にとっても大きな意味を持つ。《罠の橋》を擁するサルヴァットの「ランタン・コントロール」は、彼がこの週末を通して見せてきた通り、クリーチャーを中心にしたデッキを圧倒できる。ここで戦う対戦相手の主な勝ち手段もまた戦闘によるものだが、サルヴァットはこの試合の相性をどう考えているだろうか?

「たぶん面白いゲームになるだろうね。でもこちらが有利かな」

 同じ質問を行弘にも投げかけると、彼はうつむき加減で悲しそうに(だが可愛らしく)口を尖らせるだけだった。相性は最悪だと伝えたいのだろう。《罠の橋》に対するアーティファクト破壊手段はメイン・デッキになく、サイドボードにも《古えの遺恨》が2枚搭載されているだけだ。行弘にとって厳しい戦いになるのは間違いないだろう。

 この試合は彼が示した通り、一方的な試合になったのだろうか。実際の戦いを見てみよう。

sf_salvatto_yukuhiro.jpg
準決勝で激突するルイス・サルヴァットと行弘 賢。一方的な展開を予想した両者の戦いのゆくえは果たして。

ゲーム展開

 第1ゲーム、サルヴァットは《植物の聖域》から早速《写本裁断機》を設置。だが迎えた行弘のターンはさらに面白い展開になった。彼は《燃え立つ調査》を放ち、両者の手札を一気に入れ替えたのだ。しかし行弘はここで《虚ろな者》を引き込めず、それ以上の動きはなしにターンを返した。

 その後行弘は《炎跡のフェニックス》と2枚の《炎刃の達人》で戦線を組み立てるが、十分なプレッシャーを与えられるとは言い難い。サルヴァットは行弘が対処不可能な《罠の橋》を持っていた。行弘は盤面を見渡すと笑顔を見せ、カードを片付けた。

「ほら、言ったじゃないですか」と行弘はチャンスのなさに笑う。確かにその通りに、第1ゲームはサルヴァットのものになった。

 第2ゲーム、行弘は《炎刃の達人》からゲームを始めると続けて《信仰無き物あさり》を唱え、《炎跡のフェニックス》と《グルマグのアンコウ》を捨てた。だが2枚目の土地は引き込めず、行弘は3点のダメージを与えてターンを返す。

sf_yukuhiro.jpg
行弘は、プロツアーを舞台に戦う日本人の中でも珍しいキャラクターを持ったプレイヤーだ。彼の試合に漂う楽しい雰囲気は、《燃え立つ調査》のようなカードとの相性抜群だ。

 一方のサルヴァットは《古きものの活性》と2枚の《ミシュラのガラクタ》で慌ただしく手札を整えると、《コジレックの審問》で《ゴブリンの知識》を抜き去り《洞察のランタン》を設置した。行弘にとって最も恐るべき《罠の橋》が現れると、彼はサルヴァットの残り手札が3枚であることを確認した。しかしサルヴァットは、次のターンに8点のライフを残して手札を使い切った。

 行弘の手札に《稲妻》があることを確認済みのサルヴァットは、《発明品の唸り》から《魔女封じの宝珠》を繰り出した。これで火力呪文も無力化された。

 「GG」(グッドゲーム)と行弘は小さく口にし、サイドボードに手を伸ばした。後がない状況へ追い込まれた彼は、サイドボーディング後のゲームをすべて勝たなければならない。

 サイドボーディング後の第3ゲーム、行弘は初手を見るなり大きく息を吸い、沈思黙考に入った。じっくり初手を検討した彼はやがてキープを宣言すると、すぐさま《通りの悪霊》を2枚「サイクリング」し、新たな2枚を確認する。《樹木茂る山麓》から《踏み鳴らされる地》を持ってくると、《燃え立つ調査》。このターンだけで5枚のカードを入れ替えた行弘だが、しかしそこに《虚ろな者》の姿はなかった。

「マイ・フレンドはどこへ?」

 だがそれでも問題はなかった。行弘は2ターン目に「探査」で6枚のカードを追放すると{B}で《グルマグのアンコウ》を唱え、続けて2枚目の《燃え立つ調査》から《黄金牙、タシグル》を繰り出したのだ! サルヴァットの手札に《罠の橋》はなく、ゲームは瞬く間に決着した。

 まさかここから行弘の逆襲が始まるのか?

 第4ゲーム、サルヴァットは最高のスタートを切った。《思考囲い》で行弘の《虚ろな者》を落とすと、《真髄の針》で《血染めのぬかるみ》を封じる。さらに《墓掘りの檻》が盤面に加わると、行弘の希望は絶たれていくように見えた。

 それでも行弘はベストを尽くした。《炎刃の達人》を素早く2体展開すると、サルヴァットのライフを削っていく。《思考囲い》によるライフ損失と《炎刃の達人》による攻撃、「増呪」で唱えた《集団的蛮行》――サルヴァットが《罠の橋》を設置し手札を空にしたときには、残りライフは7点になっていた。

 行弘に残された勝ち手段は、この7点を直接削り切ることのみ。

 《渋面の溶岩使い》の能力を4回起動すれば届く点数だが、彼の墓地にはカードが3枚しかない。《稲妻》か《集団的蛮行》を引き込めれば、勝利はぐっと近づくだろう。

sf_salvatto.jpg
「ランタン・コントロール」の経験をしっかり積んだサルヴァットは、ロックを決めるのに必要な時間を熟知している。

 緊張の場面が訪れた。サルヴァットの盤面には《写本裁断機》があるものの、行弘のトップ・デッキを防いでも、その行動自体が自身の死を近づけることになる。

 「ターン終了時に2点」 行弘は《渋面の溶岩使い》の能力を起動し、これで彼の墓地に残るカードは1枚になった。

 《洞察のランタン》によって行弘のライブラリー・トップが《燃え立つ調査》であることが見えているサルヴァットは、より被害の小さい方、つまり《燃え立つ調査》を墓地へ送ることを選んだ。これで行弘は再び《渋面の溶岩使い》の能力を起動できるようになり、サルヴァットの残りライフは3点に落ち込んだ。その後もサルヴァットは《写本裁断機》で危険なカードを2度退けたが、残りライフ1点まで追い込まれることになった。

 そして行弘のライブラリー・トップに再び現れる《燃え立つ調査》。サルヴァットはこれを「裁断」せざるを得ない。行弘の墓地にもう1枚カードが落ちれば、行弘の勝ちだ。次のライブラリー・トップは?

「マイ・フレンド! サイクリングしていいですか?」 行弘は確認する。

 サルヴァットは頷き、《渋面の溶岩使い》が止めの一発を放つのを見届けてカードを片付けた。彼は最高の動きを見せたにも関わらず困難な状況へ追い込まれ、ついに干し草の中から(真髄の)針を見つけることはできなかった。事前の予想に反して、行弘はスコアを0-2から2-2へ持ち直したのだった。

 決着の第5ゲーム、サルヴァットは初手で《産業の塔》、《オパールのモックス》、《洞察のランタン》、《写本裁断機》を手に入れ、瞬く間に行弘のドローを操作できる体制を整えた。

 それでも行弘は1ターン目に《炎刃の達人》を繰り出すと、続けて《信仰無き物あさり》から《虚ろな者》。さらに次のターンには、《ゴブリンの知識》で墓地を肥やし《グルマグのアンコウ》まで展開した。

 行弘の盤面には合計10点分のダメージ源が並び、ゲームは一瞬で終わり得る状況だった。しかし行弘が攻撃宣言に入ろうとすると、サルヴァットは手札に残る最後のカード、《発明品の唸り》を見せた。「即席」も合わせて6マナ分を捻出すると、インスタント・タイミングで《罠の橋》を設置したのだ。

 それで勝負は決まった。

 《墓掘りの檻》がある以上、行弘は《古えの遺恨》でもこの状況を打破できない。彼は自身の運命を悟ると大きく息を吐き、サルヴァットの決勝戦での健闘を祈り笑顔で右手を差し出した。それでも行弘は今大会の活躍により保有プロ・ポイントが30点を超え、プラチナ・レベル維持への道を着実に進んだのだ。

ルイス・サルヴァットが行弘 賢を3勝2敗で下し、決勝戦へ!
Luis Salvatto - 「ランタン・コントロール」
プロツアー『イクサランの相克』 / モダン (2018年2月2~4日)[MO]
1 《
3 《闇滑りの岸
1 《涙の川
3 《植物の聖域
4 《空僻地
4 《産業の塔
1 《アカデミーの廃墟
1 《発明博覧会

-土地(18)-


-クリーチャー(0)-
4 《オパールのモックス
4 《ミシュラのガラクタ
4 《洞察のランタン
4 《写本裁断機
2 《伏魔殿のピュクシス
2 《真髄の針
1 《墓掘りの檻
1 《黄鉄の呪文爆弾
4 《古きものの活性
4 《コジレックの審問
3 《思考囲い
1 《突然の衰微
3 《罠の橋
1 《魔女封じの宝珠
4 《発明品の唸り

-呪文(42)-
2 《溶接の壺
1 《墓掘りの檻
1 《真髄の針
1 《自然の要求
1 《突然の衰微
1 《古えの遺恨
1 《集団的蛮行
1 《紅蓮地獄
1 《アズカンタの探索
1 《大渦の脈動
2 《神聖の力線
2 《ボーラスの工作員、テゼレット

-サイドボード(15)-
行弘 賢 - 「黒赤・虚ろな者」
プロツアー『イクサランの相克』 / モダン (2018年2月2~4日)[MO]
1 《
2 《
3 《血の墓所
1 《踏み鳴らされる地
4 《血染めのぬかるみ
2 《樹木茂る山麓
1 《乾燥台地
1 《沸騰する小湖
3 《黒割れの崖

-土地(18)-

4 《炎刃の達人
4 《恐血鬼
4 《炎跡のフェニックス
4 《虚ろな者
4 《通りの悪霊
1 《黄金牙、タシグル
3 《グルマグのアンコウ

-クリーチャー(24)-
4 《燃え立つ調査
4 《信仰無き物あさり
4 《稲妻
4 《ゴブリンの知識
2 《集団的蛮行

-呪文(18)-
3 《渋面の溶岩使い
2 《大物狙い
2 《致命的な一押し
2 《古えの遺恨
1 《集団的蛮行
2 《血染めの月
3 《虚空の力線

-サイドボード(15)-

  • この記事をシェアする