EVENT COVERAGE

リダイレクト

第9回:「神戸への道」エクステンデッド攻略 その4?赤単、ボロス、4色ビート

読み物

高橋優太の「このフォーマットを極めろ!」

2011.03.11

第9回:「神戸への道」エクステンデッド攻略 その4~赤単、ボロス、4色ビート


 「神戸への道」と題してお送りしているエクステンデッド特集4回目。今回はプロツアー予選を中心に、日本各地の大会結果を見ていきます。


「赤単~勝負は4ターン目、環境の高速化」
カシワタツヤ
プロツアー・名古屋予選 in 名古屋 / 優勝[MO]
12 《
4 《ぐらつく峰
4 《乾燥台地
4 《沸騰する小湖

-土地(24)-

4 《ゴブリンの先達
4 《運命の大立者
4 《地獄火花の精霊
4 《板金鎧の土百足
4 《ボガートの突撃隊

-クリーチャー(20)-
4 《稲妻
4 《噴出の稲妻
4 《焼尽の猛火
4 《炎の投げ槍

-呪文(16)-
4 《ゴブリンの奇襲隊
3 《トンネルのイグナス
4 《壊滅的な召喚
4 《火山の流弾

-サイドボード(15)-

 先週の記事でも述べたように、スタンダード同様、エクステンデッドでも《石鍛冶の神秘家》《饗宴と飢餓の剣》を巡ったメタゲームになっています。

 しかしこの《石鍛冶の神秘家》にも欠点はあり、それは機能するまでに少々時間がかかるということ。綺麗に展開したとしても、装備品つきのクリーチャーが殴り始めるのは4ターン目で、合計6マナを必要とします。
 そして他のデッキにおいても《霧縛りの徒党》《謎めいた命令》《復讐蔦》《血編み髪のエルフ》《審判の日》のように、ゲームの焦点となるカードは4マナが多いです。

 そこで、相手が「4マナのターン」を迎える前に場の優位を築いてしまおう、そんな理念のもとデッキ構築された・・・のは定かではありませんが、他のデッキよりも1ターン早い動きをするのがこの「赤単」です。

 ローウィン・アラーラ・ゼンディカーの時期はちょうど赤のクリーチャーの質が高まった頃であり、どの時代にも赤単は少なからず存在していました。この赤単はそんな中からもマナコスト・ダメージ効率の良いクリーチャーが厳選されています。

 1マナクリーチャー8枚、2マナクリーチャー8枚、3マナクリーチャー4枚というようにマナカーブに沿った選択をしていますし、デッキ内の最大コストが3であることからもわかるように軽さを重視したデッキ構築ですね。相手の準備が整う前にライフを0にする、今も昔も変わらない赤単の戦法です。

 タフネスが低いクリーチャーを主力にしたデッキが多く「火力が強い環境」というのも赤単に追い風ですね。ナヤ、バント、エルフ、どれにも火力は効果的ですし、特に《ミラディンの十字軍》を1マナで交換できるのは強い。


 サイドボードも至ってシンプルで、《ゴブリンの奇襲隊》《壊滅的な召喚》がヴァラクート・赤単同系に強く、《火山の流弾》は各種石鍛冶デッキとフェアリー対策ですね。

 赤単も赤緑ヴァラクートもだいたい5~6ターン目にはゲームに勝つデッキですが、妨害手段の有無(ヴァラクートには除去があるが、赤単は相手の動きに干渉できない)により、わずかに不利になります。そのためか、カシワさんのデッキでは多めにヴァラクート対策が取られていますね。ヴァラクートが赤単に入れてくるサイドカードは《火山の流弾》《金屑の嵐》《紅蓮地獄》といった全体除去なので、《ゴブリンの奇襲隊》+《壊滅的な召喚》コンボは軸をずらすためにも良い選択です。

 赤単の宿命として「意識されると負ける」というのがあります。
 というのも、赤単は一直線なデッキであり、ライフを得るカードやプロテクション(赤)を苦手とするからです。今のエクステンデッドにも《台所の嫌がらせ屋》《ブレンタンの炉の世話人》といった赤キラーはいますからね。

 赤単を使う場合はこれら対策カードを「今は使われていない」と割り切るか、または《迫撃鞘》《伝染病の留め金》など「赤対策を対策」する必要があります。


「ドラン」
ムラマツダイスケ
プロツアー・名古屋予選 in 千葉 / 優勝[MO]
3 《平地
2 《
1 《
4 《つぶやき林
1 《活発な野生林
2 《反射池
4 《湿地の干潟
4 《霧深い雨林
4 《新緑の地下墓地

-土地(25)-

4 《壌土のライオン
4 《ステップのオオヤマネコ
4 《朽ちゆくヒル
4 《クァーサルの群れ魔道士
4 《潮の虚ろの漕ぎ手
4 《包囲の搭、ドラン

-クリーチャー(24)-
4 《流刑への道
4 《名も無き転置
3 《不敬の命令

-呪文(11)-
2 《静寂の守り手、リンヴァーラ
4 《叫び大口
3 《悪斬の天使
4 《思考囲い
2 《遍歴の騎士、エルズペス

-サイドボード(15)-


 《金属モックス》や「発掘」「青黒DD」がいた去年に比べて今のエクステンデッドは遅く、《鮮烈な小川》《忍び寄るタール坑》といったタップインランドスタートや2マナスタートが許容されている環境です。そんな中、赤単同様に「他より1ターン早いデッキ構築」をしているのがこの「ドラン」。

 白・黒・緑という組み合わせはできることが多いので、通常なら《石鍛冶の神秘家》や《大渦の脈動》といったユーティリティを求めてしまいそうなところですが、このデッキはあえてその部分を諦めて、徹底して軽さを追及した構築をしています。クリーチャーのマナ域は1マナ8枚・2マナ12枚・3マナ4枚。

 《壌土のライオン》は《つぶやき林》が《》なので最初から2/3であることがほとんど、その《つぶやき林》を持ってくるためにフェッチランドを多く採用しているため《ステップのオオヤマネコ》が機能し、さらにはこれらが《包囲の塔、ドラン》で1サイズアップします。

 そして2マナ域は打点の高い《朽ちゆくヒル》、妨害要素として《クァーサルの群れ魔道士》《潮の虚ろの漕ぎ手》を採用し、個々のカードの強さを持ちながらシナジーもある美しいデッキ構築になっていますね。先週も述べたようにエンチャント・アーティファクトが強い環境なので、白緑ビートダウンなら《クァーサルの群れ魔道士》をメイン4枚はもはや定番。

 除去も《つぶやき林》のアンタップインのための《名もなき転置》、軽さ重視の《流刑への道》ですね。今のエクステンデッドで5~6マナの重いカードを使うデッキは少ないので、《流刑への道》の「相手のマナを増やすデメリット」が薄く、環境的に強いカードです。

 そして《不敬の命令》。かつては緑黒エルフの必殺技だったこの呪文、このデッキではどのモードでも使用できるユーティリティカードです。

 -X/-Xの除去、最後の一押しであるX火力であり、フェアリー以外には黒いクリーチャーを使うデッキが存在しないことから、特にナヤ・バントに対しては畏怖によるフィニッシュブローにもなります。このデッキはコストが軽いクリーチャーで占められているためリアニメイトで撃つことも多く、装備品を割ってから《クァーサルの群れ魔道士》を回収したり、除去された《潮の虚ろの漕ぎ手》《包囲の搭、ドラン》を回収したりと、いつ引いても嬉しい便利なカード。


 赤単・ドラン共に、こういう「早い」デッキが結果を残したことには理由があります。
 今のエクステンデッド環境では緑ビート以外のデッキは《苦花》《石鍛冶の神秘家》《不屈の自然》などの2マナがファーストアクションとなることが多く、自分もフェアリーで後手《苦花》スタートは間違いなくキープします。

 環境が2マナスタートなのに対して、ドラン・赤単は1マナスタート。極端に言ってしまえば、デッキ構築の段階で1ターンの優位を得ていると言えます。使用率の高い2マナ域である《苦花》《石鍛冶の神秘家》《不屈の自然》が、どれも後手では盤面に与える影響が少ないというのも、軽いデッキが勝ちはじめた理由に含まれますね。これら早いデッキを意識するなら、これからは《見栄え損ない》《稲妻》など軽除去を優先したデッキ構築をする必要が出てきますね。


「4色ビートダウン」
ヤマカワ ヒロアキ
グランプリ・神戸トライアル in 川崎 / ベスト4[MO]
1 《
4 《鮮烈な草地
4 《鮮烈な小川
2 《鮮烈な林
4 《反射池
2 《剃刀境の茂み
2 《銅線の地溝
3 《秘教の門
4 《変わり谷

-土地(26)-

4 《貴族の教主
4 《戦隊の鷹
4 《クァーサルの群れ魔道士
2 《石鍛冶の神秘家
4 《ミラディンの十字軍
4 《血編み髪のエルフ

-クリーチャー(22)-
4 《謎めいた命令
1 《肉体と精神の剣
1 《饗宴と飢餓の剣
2 《精神を刻む者、ジェイス
1 《遍歴の騎士、エルズペス
1 《復讐のアジャニ
1 《ギデオン・ジュラ
1 不明

-呪文(12)-
2 《流刑への道
4 《審判の日
4 《神聖の力線
4 《精神固めの宝珠
1 《遍歴の騎士、エルズペス

-サイドボード(15)-


 各地の大会結果を見た中で、ひときわ異彩を放つのがこのリスト。

 赤単やドランが4ターン目までに優位を築こうとするに対して、このデッキはむしろ4ターン目以降にカードパワーで優位を築きます。ヤマカワさんはいつも奇抜な構築をする方で、自分も過去に何度か対戦したことがあるのですが、クイッケントーストから《運命の大立者》が出てきたり、青白タップアウトからいきなり《失われたアラーラの君主》が出てきたりと、常識では考えられないようなデッキを作ってきます。

 このデッキもその例に漏れず、あえて分類するとしたら「《謎めいた命令》と《変わり谷》を入れたナヤ」といったところでしょうか。実際に言葉にしてみると何を言っているかわかりませんが、各色の強いカードを詰め込んだ4色グッドスタッフです。

 基本的な動きはナヤに近く、《クァーサルの群れ魔道士》《石鍛冶の神秘家》《ミラディンの十字軍》の定番クリーチャー達と各種装備品で攻めていきます。

 フェアリーや青白石鍛冶がそうであるように《変わり谷》と《饗宴と飢餓の剣》の相性は良く、3ターン目にこの2枚が揃うだけで、相手の視点ではフルタップで動きにくい状況になります。このデッキが4色でありながらも《変わり谷》を採用しているのも《石鍛冶の神秘家》のアドバンテージを最大限活かすためですね。

 継続して攻撃できるように《戦隊の鷹》も採用しており、1回鷹を全部持ってくれば《血編み髪のエルフ》でめくれることもありません。

 このデッキが結果を残した理由として、初見での「わからん殺し」も大いにあると思います。たしかに対戦相手の場は《戦隊の鷹》《ミラディンの十字軍》なのに、そこから《謎めいた命令》《精神を刻む者、ジェイス》が出てくるのは想像しがたい。自分も対戦したときは困惑させられました。

 もしも対戦したときは「ビートダウンデッキ」だと割り切るのが吉。土地の見た目はクイッケントーストですが、基本的にクリーチャーで攻撃するデッキなので、サイドボードは《火山の流弾》《蔓延》など、対ビートダウン用のプランで問題ないです。


 そしてサイドボードで目を引くのが「4《神聖の力線》、4《精神固めの宝珠》」の文字。

 タップインが多く初動が遅いデッキであり、妨害も《謎めいた命令》しかないのでヴァラクートは苦手。とはいえここまで徹底されるとヴァラクート側はなすすべがないですね。

 もしもこのデッキが流行するようであれば、ヴァラクート側はサイドに《引き裂く突風》をとる必要が出てくるかもしれませんね。



 4回に渡ってお送りしてきたエクステンデッド。グランプリ・神戸まで残り一週間、皆さんもグランプリトライアルやプロツアー予選、各種大会で練習に励んでいる頃だと思います。


 個人的には、マジックのフォーマットで一番面白いのはエクステンデッドです。ブロックのローテーションが早いものの、それゆえに環境の移り変わりも速く、様々なデッキが生まれ、消え、また生まれていく。デッキの種類も多く、メタゲームの構図も面白いです。

 カードの多さから敷居が高かったのも、もはや過去の話。使用エクスパンションが狭まったこともあり、「赤緑ヴァラクート」のように最近のデッキでも十分戦える環境になっています。

 この連載でお伝えしているように、マジックにはフォーマットごとの面白さがあります。「スタンだけ」「レガシーだけ」ではなく、他のフォーマットでも遊んでみると、新たな発見がありますよ。
 グランプリ本戦はエクステンデッドになりますが、会場ではほかのフォーマットのサイドイベントもあり、2日間楽しめます。

 また、恒例のサイン会もあり、構築でもおなじみの《ボーラスの工作員、テゼレット》《ギデオン・ジュラ》などプレインズウォーカーのイラストを手がけている、アレクシー・ブリクロー(Aleksi Briclot)氏が来場するとのことで、お気に入りのカードにサインをもらうチャンスです。
 (編注:地震に伴う日程変更の影響で、来場アーティストはスティーブ・アーガイル(Steve Argyle) 氏に変更となりました。詳しくは開催案内をご覧ください。)

 お近くの方はぜひ足を運んで、さまざまな形でグランプリを楽しんでみてください。

 では、また来週。

グランプリ・神戸

  • この記事をシェアする