EVENT COVERAGE

プロツアー『イクサランの相克』

観戦記事

準決勝:Gerry Thompson(アメリカ) vs. Pascal Vieren(ベルギー)

青木 力
authorpic_FrankKarsten.jpg

Frank Karsten / Tr. Chikara Aoki / Edit. Yusuke Yoshikawa

2018年2月4日


 《タルモゴイフ》、《瞬唱の魔道士》、《闇の腹心》、《石鍛冶の見習い》。すべての色には象徴的な2マナのクリーチャーがいる。このリストに名を連ねる赤のクリーチャーが《若き紅蓮術士》だ。

 チーム「Cardmarket」のパスカル・フィーレン/Pascal Vierenとチーム「MetaGame Gurus Sun」のジェリー・トンプソン/Gerry Thompsonは、ともに2/1の人間・クリーチャーを《稲妻》で誘発させてきたものの、デッキの内容には大きな隔たりがある。

 プロツアー『アモンケット』チャンピオンであり、これが3度目のプロツアートップ8であるジェリー・トンプソンは、《若き紅蓮術士》を《信仰無き物あさり》や《未練ある魂》といったフラッシュバック呪文で焚き付ける「マルドゥ・パイロマンサー」を使用している。もうひとつのキーカードが《騒乱の歓楽者》で、3/4クリーチャーではあるものの、ゲームの後半に手札が空の状態から2マナで唱えられて、3枚のカードを反動なしに引くことができうる。

 このプロツアーを通して未だマッチを一度も落としていないパスカル・フィーレンは、兄であるピーターがデザインした青赤デッキを使う。彼らのデッキには《祖先の幻視》、《血清の幻視》、《選択》といったドロー操作呪文が数多く入っており、それらで《謎めいた命令》と《瞬唱の魔道士》にたどり着いて、ゲーム後半のトンプソンのフラッシュバック呪文に対抗する。

 こういったミッドレンジ/コントロールデッキ同士の対戦は時間がかかるものだ。どちらも数多くの対応呪文と比較的少ない勝ち手段、そしてゲームを長引かせる数多くの要素があるからだ。

 今回のマッチアップには2つ重要なポイントがある。1つはフィーレンの《氷の中の存在》が《目覚めた恐怖》になっても、トンプソンの《騒乱の歓楽者》はホラーでもあるために戦場に残り続けることだ。2つはトンプソンのデッキには白マナ源が1枚しか入っていない点である。フィーレンが《廃墟の地》で《聖なる鋳造所》を破壊するのは大きな影響があるだろう。

ptrix-sf-thompson-vieren.jpg
ジェリー・トンプソンが2度目のプロツアー優勝に向けて歩を進めるのか、パスカル・フィーレンが今週末を無敗のまま過ごすのか。

ゲーム展開

 第1ゲームは序盤からお互いに手札を整え始める。フィーレンが《血清の幻視》から始めると、トンプソンは《信仰無き物あさり》で、墓地に送るのは捨てることに価値のある《未練ある魂》だ。

 1ターン目にドロー呪文を打ち合った両名は、ともに2ターン目にクリーチャを出す。フィーレンは《氷の中の存在》、トンプソンは《若き紅蓮術士》を戦場に送る。ここでフィーレンは対処手段を持っていたが、トンプソンはそうではなかった。トンプソンのメインデッキに《氷の中の存在》を対処できるカードは2枚の《致命的な一押し》、1枚ずつの《終止》と《戦慄掘り》、《ヴェールのリリアナ》で、この時点ではどれも引いていない。

 トンプソンはスピリット・トークンによるチャンプブロックで時間を稼ぎ、最終的には《騒乱の歓楽者》で《終止》を引いたものの、時すでに遅し。フィーレンは《若き紅蓮術士》と《祖先の幻視》を解決しており、戦場の圧力でトンプソンを圧倒した。

ptrix-sf-vieren.jpg
フィーレンのデッキ選択は、彼が3日間に渡って上手くプレイしたこともあり、過去のプロツアーでもほとんどない記録の達成と、兄のピーターと同じプロ・プレイヤーズ・クラブのレベルに貢献してくれた。

 第2ゲーム、トンプソンは初手を《信仰無き物あさり》で少しだけ改善する一方で、フィーレンは《》から《祖先の幻視》のドリームスタートを決める。コントロールデッキのミラーマッチにおいては後者のほうがよりよいものだ。トンプソンにとって悪いことに、《コジレックの審問》で覗いたフィーレンの手札には、1枚でも2枚でもなく、3枚の《謎めいた命令》があったのだ。

 それでも低コスト呪文を墓地に送り込み続けた結果、トンプソンは4ターン目に2マナで《騒乱の歓楽者》を唱えることができた。非常に強い動きではあったが、3枚の《謎めいた命令》を持つフィーレンの手札は全世界の青いコントロールプレイヤーの垂涎の的だろう。

 数ターン後、フィーレンの有利は安定的になった。《若き紅蓮術士》が大量のトークンを生み出し、ライフはまだ二桁あって、トンプソンはトップデッキ頼みである。

 最終的に、フィーレンは《氷の中の存在》を唱えて簡単に変身させる。自分の《瞬唱の魔道士》を戻し、《謎めいた命令》を再利用してアドバンテージを稼ぐと呪文が足りなくなることもない。さらに《騒乱の歓楽者》が手札に戻らないこともフィーレンに有利に働く。トンプソンに唱え直されて新しいカードを引かれる心配もないのだ。

 トンプソンはゲームを長引かせたかったが、《目覚めた恐怖》がライフを奪っていく。数ターンが経過し、ゲームカウントはフィーレンの2-0となった。トンプソンがマッチを取るためには3ゲームを連取する必要がある。

ptrix-sf-thompson.jpg
週末を通して不利な盤面と少ないライフから盛り返し続けたトンプソンは、準決勝で似たような状況にある。

 第3ゲームは比較的素早く決着がついた。トンプソンの先手2ターン目の《若き紅蓮術士》が除去されなかったのだ。フィーレンが何もできないうちに《信仰無き物あさり》、《魔力変》、《集団的蛮行》で3体のトークンを生み出した。

 トンプソンは《集団的蛮行》でフィーレンの《若き紅蓮術士》を除去しつつ《謎めいた命令》を捨てさせて有利を盤石なものにする。《騒乱の歓楽者》がとどめだ。フィーレンは戦場の脅威に対抗することができず、トンプソンが1ゲームを取り返した。

 第4ゲームは2枚の《氷の中の存在》をめぐる戦いになった。戦場に2枚の《氷の中の存在》がいて、片方は1つ、もう片方には2つのカウンターが置かれている。フィーレンは《騒乱の歓楽者》に《焙り焼き》を打ち、《氷の中の存在》の片方を変身させてトンプソンのライフを4にする。アメリカのプロツアー王者にとっては悲惨な状況だ。

 しかし、続くターンにすべてがドラマチックに変わる。トンプソンが《ヴェールのリリアナ》をトップデッキして《目覚めた恐怖》のうち1体を除去し、《信仰無き物あさり》が《致命的な一押し》を引き当てると、フィーレンの恐ろしい圧力は壊滅してしまった。

 このプロツアーで最もありえないターンだった。瞬く間に、トンプソンは直面していた巨大なホラーによる死の淵から救出された。天地が逆さまになったようなものだ。

 フィーレンは続く数ターンのうちに《電解》から《稲妻》を引けば迅速に勝利できたのだが、それは叶わなかった。トンプソンが《若き紅蓮術士》と《騒乱の歓楽者》をレッドゾーンに送り込み、接戦を速やかに終わらせた。

 ゲームスコアは2-2となり、フィーレンにとっては劇的に勝利がすり抜けていくかのようである。のるかそるか。無敗を保持し続けるには最後のゲームを勝たなければならない。

 第5ゲーム、フィーレンはマリガンしたが、6枚の中に最高の初手である《祖先の幻視》があった。トンプソンもまた、《信仰無き物あさり》で2枚の《未練ある魂》を捨てる理想的なスタートを切った。両者のデッキが総力戦を開始した。

 続く数ターン、フラッシュバックされた《未練ある魂》がフィーレンのリソースを蝕んでいくものの、《祖先の幻視》が解決されるまで戦場をコントロールする。待機が明け、2枚目の《謎めいた命令》がもたらされると、4枚の土地をアンタップ状態でターンを返す。

 トンプソンの《思考囲い》に対してフィーレンは2つの選択肢がある。1つ目は、タップアウトしながらも打ち消しつつカードを引く。2つ目は4マナを立たせたまま手札破壊を受け入れて1枚目の《謎めいた命令》を捨て、トンプソンの次の呪文に備えるというものだ。フィーレンは前者を選択したが、これはトンプソンの《騒乱の歓楽者》を通してしまう羽目になってしまった。

 3/4が提供した追加のカードは最終的にトンプソンがこのゲームを逃げ切る手段となった。除去と手札破壊でフィーレンの勝ち手段と手札を取り除き、《コラガンの命令》で《騒乱の歓楽者》を手札に戻してカードアドバンテージをつなげていく。

 現実的にフィーレンが逆転できる手段はなく、今週末初めての負けを認めるために手を伸ばすまで、そう時間はかからなかった。

 トンプソンは、ルイス・サルヴァット/Luis Salvattoの「ランタン・コントロール」を倒して2度めのプロツアーチャンピオンになるために前進した。

ジェリー・トンプソンがパスカル・フィーレンを3勝2敗で下し、決勝に進出!

Gerry Thompson - 「マルドゥ・パイロマンサー」
プロツアー『イクサランの相克』 / モダン (2018年2月2~4日)[MO]
3 《
2 《
2 《血の墓所
1 《聖なる鋳造所
4 《血染めのぬかるみ
4 《湿地の干潟
4 《黒割れの崖

-土地(20)-

4 《若き紅蓮術士
4 《騒乱の歓楽者

-クリーチャー(8)-
4 《信仰無き物あさり
4 《コジレックの審問
4 《稲妻
3 《思考囲い
2 《致命的な一押し
2 《集団的蛮行
1 《戦慄掘り
1 《魔力変
1 《終止
4 《未練ある魂
3 《コラガンの命令
2 《血染めの月
1 《ヴェールのリリアナ

-呪文(32)-
1 《大爆発の魔道士
3 《外科的摘出
2 《虚無の呪文爆弾
2 《集団的蛮行
2 《溶鉄の雨
1 《神々の憤怒
2 《摩耗+損耗
1 《ヴェールのリリアナ
1 《幽霊街

-サイドボード(15)-
Pascal Vieren - 「青赤パイロマンサー」
プロツアー『イクサランの相克』 / モダン (2018年2月2~4日)[MO]
1 《
4 《冠雪の島
1 《冠雪の山
3 《蒸気孔
4 《沸騰する小湖
2 《溢れかえる岸辺
1 《霧深い雨林
1 《汚染された三角州
1 《尖塔断の運河
1 《硫黄の滝
3 《廃墟の地

-土地(22)-

4 《瞬唱の魔道士
3 《氷の中の存在
3 《若き紅蓮術士

-クリーチャー(10)-
3 《祖先の幻視
4 《稲妻
4 《選択
4 《血清の幻視
1 《呪文嵌め
2 《マナ漏出
2 《差し戻し
2 《焙り焼き
1 《削剥
1 《電解
3 《謎めいた命令
1 《論理の結び目

-呪文(28)-
1 《ヴェンディリオン三人衆
2 《儀礼的拒否
2 《払拭
1 《大祖始の遺産
1 《呪文嵌め
1 《削剥
1 《軽蔑的な一撃
1 《否認
2 《神々の憤怒
1 《電解
1 《溶鉄の雨
1 《塵への崩壊

-サイドボード(15)-
  • この記事をシェアする