EVENT COVERAGE

日本選手権11

読み物

Battle of Champions: 決勝戦へ向けたデッキ構築

By Tomohiro Kaji  日本王者を集めたイベント、『バトル・オブ・チャンピオン』。  その決勝戦へ向けたデッキ構築が始まった。  種目は昨日に引き続きスーパーシールドだが、決勝戦は新しいパックが用意されている。

北山 雅也

 さすがはチャンピオン。  決勝の緊張どころか、むしろギャラリーを意識して、構築時間が開始すると共にパック開封ショーを始めた。  最初の3パックは特に派手なレア・カードは見つからなかったが、使用するのは12パック。  ブースタードラフトの初手取り級が12回分と考えると、「これから何か来るでしょう」と続きのパックを開封する北山。  そしてショーの中盤、《炎破のドラゴン》を引き当てた北山は、観客を沸かせる。  そこから連続してヒットさせた赤いレアは、《炬火のチャンドラ》に《チャンドラのフェニックス》!
北山 「これでプレインズウォーカー全部揃いました(笑)!」  さらにいい笑顔で続きのパックを開封しだした。  予選ラウンドのシールドデッキでは、《記憶の熟達者、ジェイス》と《原初の狩人、ガラク》を引いていた北山だが、 さすがに3枚目を引くとは思っていなかったのだろう。  そして、残り少なくなったパックから《太陽のタイタン》を引き当て、まずは白赤から構築することが確実になった。
北山 雅也
バトル・オブ・チャンピオン 決勝 / 基本セット2012 スーパーシールド カードプール
{W}{U}{B}
1 《雪花石の魔道士
2 《大石弓の精鋭
2 《オーラ術師
3 《ベナリアの古参兵
2 《ギデオンの法の番人
1 《堂々たる撤廃者
2 《グリフィンの乗り手
1 《グリフィンの歩哨
1 《流浪のグリフィン
1 《群れの護衛
1 《セラの天使
1 《包囲マストドン
5 《石角の高官
2 《嵐前線のペガサス
1 《太陽のタイタン

3 《天界の粛清
2 《啓蒙
1 《神聖なる好意
1 《護衛の誓約
2 《絆魂
1 《力強い跳躍
1 《忘却の輪
1 《平和な心
2 《歯止め
2 《機を見た援軍
4 《エイヴンの瞬翼
1 《蒼穹の魔道士
1 《珊瑚マーフォーク
1 《非実在の王
1 《マーフォークの物あさり
2 《マーフォークの催眠術師
2 《幻影の熊
2 《空回りのドレイク

1 《予言
1 《飛行
1 《霜のブレス
3 《氷の牢獄
1 《ジェイスの消去
1 《空中浮遊
1 《解放された精神
2 《否認
1 《送還
1 《血怒りの吸血鬼
3 《夜の子
2 《貪る大群
2 《漂う影
1 《グレイブディガー
2 《組み直しの骸骨
1 《出征路のグール
1 《ゾンビの大巨人

1 《災難の瀬戸際
1 《墓への呼び声
3 《魂の消耗
1 《墓暴き
3 《困窮
1 《忌まわしい容貌
1 《精神腐敗
2 《小悪疫
1 《ソリンの渇き
1 《血の味
1 《肉体のねじ切り
2 《ゾンビの横行
{R}{G}{0}
2 《血のオーガ
2 《骨砕きの巨人
1 《炬火のチャンドラ
1 《チャンドラのフェニックス
3 《焦熱のヘルハウンド
1 《炎破のドラゴン
1 《ゴブリンの爆発投げ
2 《ゴブリンの投火師
1 《ゴブリンの長槍使い
1 《ゴブリンの戦化粧
1 《血まみれ角のミノタウルス
1 《稲妻の精霊
2 《躁の蛮人
1 《松明の壁

3 《反逆の行動
2 《炎の円
2 《炎のブレス
1 《投げ飛ばし
1 《溶岩の斧
1 《世界混ぜ
2 《ショック
1 《地盤の裂け目
1 《酸のスライム
1 《斑の猪
1 《殺戮のワーム
1 《ガラクの仲間
2 《大蜘蛛
1 《大いなるバジリスク
1 《隠れ潜む鰐
1 《ルーン爪の熊
2 《暴走するサイ

1 《秋の帳
2 《豊潤な収穫
1 《濃霧
2 《帰化
2 《踏み荒らし
2 《回収
4 《剛力化
1 《トロール皮
1 《順応する自動機械
1 《スランのゴーレム
2 《錆びた歩哨

1 《悪魔の角
1 《クラーケンの目
1 《マナリス
1 《無限の日時計

1 《竜髑髏の山頂
 プールの登録とデッキ構築が50分用意されているとはいえ、12パック×14枚の168枚のカードからと、通常の倍のカードプールでは、開封したカードをチェックするだけでもかなりの時間がかかってしまい、、まず全体のカードに目を通すのに構築をはじめるまでの準備で20分ほどかかってしまったが、 北山 「《石角の高官》が5枚ある(笑)」  と、余裕がある雰囲気でカードを見せてくれた。  そして構築したデッキはこちら。
北山 雅也
バトル・オブ・チャンピオン 決勝 / 基本セット2012 スーパーシールド[MO]
9 《平地
8 《

-土地(17)-

1 《ゴブリンの投火師
2 《ギデオンの法の番人
1 《雪花石の魔道士
1 《堂々たる撤廃者
2 《嵐前線のペガサス
3 《ベナリアの古参兵
2 《血のオーガ
1 《チャンドラのフェニックス
1 《血まみれ角のミノタウルス
1 《セラの天使
1 《太陽のタイタン
1 《炎破のドラゴン

-クリーチャー(17)-
2 《ショック
1 《平和な心
1 《忘却の輪
1 《反逆の行動
1 《炬火のチャンドラ

-呪文(6)-
北山 「《炎破のドラゴン》抜くか悩むなぁ。」  などとコメントしてくれるあたり、なかなかなデッキなのではないだろうか。  サイドボードには3枚の《天界の粛清》に、2枚の《機を見た援軍》もあるので、赤いデッキはむしろ相手にしたい!?  では、次は森の構築を見てみよう。

森 勝洋

 派手なパック開封をしていた北山に対して、マイペースな森。  淡々とすべてパックを開封すると、レアには2枚の《渋面の溶岩使い》と、《業火のタイタン》が。
 その他の呪文も《ショック》2枚、《チャンドラの憤慨》2枚に《火葬》《火の玉》と大量の火力に、よく見ると《ソリンの復讐》もあり、火力だけでもゲームに勝てそうなほどだ。  だが、逆に赤はクリーチャーには恵まれず、補色として何を使うのかに時間をかける。
森 勝洋
バトル・オブ・チャンピオン 決勝 / 基本セット2012 スーパーシールド カードプール
{W}{U}{B}
1 《雪花石の魔道士
2 《突撃するグリフィン
1 《ベナリアの古参兵
1 《ギデオンの法の番人
3 《グリフィンの歩哨
3 《包囲マストドン
1 《石角の高官
1 《嵐前線のペガサス

1 《天使の慈悲
1 《啓蒙
1 《神聖なる好意
3 《護衛の誓約
2 《絆魂
1 《忘却の輪
1 《歯止め
1 《魅惑するセイレーン
2 《アンフィンの殺し屋
2 《エイヴンの瞬翼
1 《地割れのドレイク
2 《湾口の海蛇
1 《練達の盗賊
2 《マーフォークの物あさり
1 《マーフォークの催眠術師
1 《幻影の熊
2 《幻影のドラゴン
1 《空回りのドレイク

3 《取り消し
1 《予言
1 《飛行
2 《霜のブレス
1 《ジェイスの消去
1 《マナ漏出
1 《精神の制御
2 《否認
1 《蛙変化
3 《送還
1 《血の求道者
3 《血怒りの吸血鬼
2 《夜の子
1 《貪る大群
2 《漂う影
1 《薄暮狩りのコウモリ
1 《グレイブディガー
3 《縞瑪瑙の魔道士
1 《センギアの吸血鬼
1 《縫合グール
1 《苛まれし魂
1 《復讐に燃えたファラオ
1 《ゾンビの大巨人

2 《災難の瀬戸際
2 《闇の好意
2 《墓暴き
1 《困窮
1 《破滅の刃
1 《ソリンの復讐
2 《血の味
2 《肉体のねじ切り
{R}{G}{0}
1 《血のオーガ
2 《骨砕きの巨人
1 《焦熱のヘルハウンド
1 《ゴブリンの付け火屋
1 《ゴブリンの酋長
1 《ゴブリンの投火師
1 《ゴブリンの長槍使い
2 《ゴブリンのトンネル掘り
2 《渋面の溶岩使い
1 《業火のタイタン
2 《躁の蛮人
2 《嵐血の狂戦士
1 《松明の壁

4 《反逆の行動
2 《チャンドラの憤慨
1 《焼却
1 《火の玉
1 《投げ飛ばし
1 《ゴブリンの手投げ弾
2 《ゴブリンの戦化粧
1 《火葬
2 《ショック
1 《殺戮の叫び
1 《アラクナスの紡ぎ手
1 《エルフの大ドルイド
3 《ガラクの仲間
2 《大蜘蛛
3 《林間隠れの斥候
1 《大いなるバジリスク
1 《ラノワールのエルフ
1 《隠れ潜む鰐
1 《ルーン爪の熊
1 《暴走するサイ
1 《巨森を喰らうもの

2 《アラクナスの蜘蛛の巣
1 《秋の帳
1 《豊潤な収穫
1 《二重の詠唱
1 《原初の狩人、ガラク
1 《狩人の眼識
1 《寄せ餌
1 《帰化
1 《踏み荒らし
1 《垂直落下
1 《不屈の自然
2 《剛力化
2 《崩れゆく巨像

4 《天使の羽根
2 《不死の霊薬
1 《カイトシールド
1 《マナリス
1 《流転の護符
1 《速足のブーツ
2 《ワームの歯

2 《埋没した廃墟
1 《水没した地下墓地
 黒には狂気持ちクリーチャーが揃い、必殺技の《ソリンの復讐》が。  青には2枚の《マーフォークの物あさり》と3枚の《取り消し》といった打ち消し呪文が。  そして緑には、《原初の狩人、ガラク》と《ガラクの仲間》が3枚!  色マナが厳しくなってしまうことも考え、この中から結局は黒を選択し、できたデッキがこちら。
森 勝洋
バトル・オブ・チャンピオン 決勝 / 基本セット2012 スーパーシールド[MO]
9 《
8 《

-土地(17)-

1 《ゴブリンの投火師
2 《渋面の溶岩使い
1 《苛まれし魂
2 《血怒りの吸血鬼
2 《嵐血の狂戦士
2 《縞瑪瑙の魔道士
1 《血のオーガ
1 《グレイブディガー
1 《センギアの吸血鬼
1 《復讐に燃えたファラオ
1 《業火のタイタン

-クリーチャー(15)-
2 《ショック
1 《破滅の刃
1 《火葬
2 《チャンドラの憤慨
1 《ソリンの復讐
1 《火の玉

-呪文(8)-
「《業火のタイタン》は何にでも除去されちゃうから弱いよ。むしろ《マーフォークの物あさり》のが断然強いね。」  二人はコモンの《破滅の刃》と《平和な心》といった除去呪文を意識して、デッキが重くならないように注意していたのが印象的だ。  カードプールが広いほどレアカードに惑わされやすいが、しっかりとテンポを意識しての構築、さすがは歴代のチャンピオンだ。
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST