EVENT COVERAGE

日本選手権11

読み物

Battle of Champions: 参加「王者」紹介

by Shiro Wakayama  歴々と続く日本選手権。時代を制した、猛者たちが一堂に介す。  本当に強い日本王者は誰なのか?  永遠に答えが出ないと思われていた、この問いの答えが出るのかもしれない。
1997年日本王者 小宮 忠義
小宮 忠義  元祖「ブルーマスター」の異名を持つ男。  全盛期の2000年頃までは、グランプリやThe Finals、日本選手権といったビッグタイトルを総なめにしていた、強い青を知る男。
1999年日本王者 東野 将幸
東野 将幸  Mr.《憎悪》。  関西勢の実力を見せつけるきっかけとなった男が、東野だ。優勝時の「マジック運ゲー」という言葉は伝説としてあまりにも有名。
2000年日本王者 堂山 剛志
堂山 剛志  1997年王者小宮忠義や、2003年マスターズ準優勝をはじめ、日本最多クラスのグランプリトップ8入賞を誇る森田雅彦といった、最強チーム・アクアソウルを作り上げた男。2000年の決勝戦は、チームメイト同士の、完全同系対決として語り継がれている。
2002年日本王者 三津家 和彦
三津家 和彦  八王子からの刺客。  浅原晃や中島主税といったメンバーを擁する八王子組からの、初めての日本王者。
2003年日本王者 大塚 高太郎
大塚 高太郎  「東海七本槍」等と称される、東海地方の強豪にして。昨年のプロツアー・サンファンでもTOP8に入るなど、現役で戦い続けるプレイヤー。
2004年日本王者 藤田 剛史
藤田 剛史  2007年に日本人初めての「Hall of Fame(殿堂入り)」となった、藤田。もはや殿堂入りという言葉以外に説明がいらないくらいの強豪。  プロツアー・名古屋でのTOP8入りは記憶に新しい。
2005年日本王者 諸藤 拓馬
諸藤 拓馬  世界王者、年間最優秀選手、そして国別対抗戦、世界選手権の全てのタイトルを日本人プレイヤーが獲得した、記念すべき年、2005年。この年の日本代表を率いたのがこの男。
2006年/2010年日本王者 森 勝洋
森 勝洋  日本王者、世界王者、国別選手権優勝、ルーキー・オブ・ザ・イヤー。当然プロツアーやグランプリでも華々しい戦績を残している男。これ以上に説明しようがないほどの、超実力者。
2007年日本王者 北山 雅也
北山 雅也  日本マジック黄金期を語る上で外せない、浅原連合。その古参メンバーである北山がついに獲得した悲願の初タイトル、それが日本王者であった。
2008年日本王者 大礒 正嗣
大礒 正嗣  ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得後、現役を退いたものの、ついに日本王者を獲得したのが2008年。世界でもっとも人気のある日本人プレイヤーと言われ、そのプレイ技術の高さは誰もが認める世界レベルだ。
2009年日本王者 中村 修平
中村 修平  プロプレイヤークラブの最高レベルを、6年中5年と世界最多で獲得し、世界中を旅する男。世界最強を冠する男の一人であることは間違いない。
  • この記事をシェアする

RESULTS

対戦結果 順位
14 14
13 13
12 12
11 11
10 10
9 9
8 8
7 7
6 6
5 5
4 4
3 3
2 2
1 1

RANKING

NEWEST