EVENT COVERAGE

グランプリ・静岡2017春

観戦記事

第8回戦:高橋 優太(東京) vs. 三宅 恭平(東京)

By Sugiki, Takafumi

 グランプリ・静岡2017春も初日は残り2ラウンドを残すばかり。初日通過は決めたものの、トップ8を目指すならば負けられない6勝1敗ライン。フィーチャーエリアに呼ばれたのはプラチナレベルプロの高橋優太(東京)と、関東で開催されている大会「PWC」の年間ポイントランキングで一昨年、昨年と2年連続1位となったミスターPWC・三宅恭平(東京)である。

 高橋はオーソドックスな4色《サヒーリ・ライ》、三宅はバントカラーの《霊気池の驚異》デッキを使用している。


高橋 優太 vs. 三宅 恭平
ゲーム1

 先手の高橋は《導路の召使い》、《反逆の先導者、チャンドラ》、4ターン目には《ニッサの誓い》で《サヒーリ・ライ》を探し出してプレイ、さらに《ならず者の精製屋》、《サヒーリ・ライ》で《ならず者の精製屋》を明滅とロケットスタートを決める。


高橋 優太

 対する三宅も、《織木師の組細工》により4ターン目には6つのエネルギー・カウンターを備えた状態で《霊気池の驚異》を設置と、この上ない展開。

 これには、三宅、高橋ともに「「祈りを捧げる時間か......」」と声を合わせる。

 とりあえず急いで起動する必要のない三宅は、そのままターンを終了。ターンが帰ってきた高橋は、《ニッサの誓い》で《守護フェリダー》を探し出してプレイ。《サヒーリ・ライ》を明滅させ、《サヒーリ・ライ》が《守護フェリダー》をコピーしようとしたところで三宅が満を持して《霊気池の驚異》を起動する。

 三宅が祈りを捧げながらめくった6枚の中に、《絶え間ない飢餓、ウラモグ》の姿は......

 三宅はデッキを片付け、サイドボードに手を伸ばした。

高橋 1-0 三宅

ゲーム2

 先手となった三宅。2枚の土地からスタートし、3ターン目にプレイした《ウルヴェンワルド横断》が高橋の《否認》の魔の手にかかり、3枚目の土地がプレイできない。高橋の手には《否認》が3枚だぶついており、それが刺さった形だ。

 高橋は《ならず者の精製屋》をプレイ、対する三宅も3枚目の土地を引きあて《ならず者の精製屋》が向かい合う。


三宅 恭平

 三宅が4枚目の土地を探すためにプレイした《霊気との調和》は、またも高橋が《否認》。三宅は土地を伸ばすことができない。高橋は《反逆の先導者、チャンドラ》を1マナ余らせてプレイ。手札には《儀礼的拒否》を握っており、万全の態勢だ。

 こうなると三宅に逆転の目は残されていなかった。高橋は《反逆の先導者、チャンドラ》でマナブーストし、《不屈の追跡者》を2体並べてビートダウン。

 三宅が《霊気池の驚異》を2ターンに渡ってプレイするも、いずれも高橋が《儀礼的拒否》と《否認》で打ち消してゲームセット。

高橋 2-0 三宅

 高橋が1敗ラインを死守。一方の三宅が1敗ラインから転落し、2敗となった。お互いの健闘をたたえつつ、本日最終ラウンドに向けていずれも気を引き締めながら、フィーチャーエリアを後にする。その後姿からは、またこのフィーチャーエリアに戻りたいという強い意志が感じられた。

  • この記事をシェアする