EVENT COVERAGE

グランプリ・上海2015

観戦記事

第5回戦:山本 賢太郎(埼玉) vs. 市川 ユウキ(神奈川)

By 矢吹 哲也

 偶然とは恐ろしいものだ。

「これ絶対ペアリングいじられてる」と、むしろ「必然」を感じながらフィーチャー・マッチ・エリアに入る市川 ユウキ。彼と並んで歩みを進め、フィーチャー・マッチ・テーブルの対面に座ったのは――

r5_yamamoto_ichikawa.jpg

――山本 賢太郎だった。

 日本を代表するプラチナ・プロのふたりが、上海の地で激しい戦いを巻き起こす。今大会は、この早い段階で「命運の核心」となる場面を迎えたのだ。

筆者は、サルカンのように岩陰からこの戦いを見守るしかない。

それぞれのデッキ

「色々なデッキを回した結果、相手のサイドボートが噛み合いにくく、かわせるケースの多いデッキを選んだ」と語る市川。彼の操るデッキは《死霧の猛禽》と《棲み家の防御者》のコンボを搭載した「アブザン・コントロール」だ。対する山本が選んだのは、「エスパー・ドラゴン」。彼はMagic Onlineを中心にこのデッキを長らく使っており、使い慣れたものをそのまま持ち込んだ。

 《棲み家の防御者》と《死霧の猛禽》の組み合わせが困難なものになることは想定した上で、その他のマッチアップを意識した選択を見せた山本。しかし対戦相手の市川は、その「《棲み家の防御者》と《死霧の猛禽》」を繰り出してくることだろう。果たして強力なプレインズウォーカーふたりの戦いは、どのような結末を見せるのか。

ゲーム展開

 重めの手札をキープした市川に対し、山本は1ターン目《思考囲い》で《サテュロスの道探し》を落とした――そしてこれが第1ゲームの決定打となる。市川の土地はその後、2枚で止まってしまうのだ。

 その隙に《龍王オジュタイ》を着地させた山本は、続けて《時を越えた探索》で《シルムガルの嘲笑》を2枚獲得。市川の差し向ける除去をかわし、一気に攻勢に出た。

 市川は《棲み家の防御者》を「大変異」し墓地に捨てていた《死霧の猛禽》を戦場に戻すものの、5点のクロックは極めて大きい。反撃も届かず、決死の《太陽の勇者、エルズペス》も通らず、1ゲーム目はそのまま山本が奪っていった。市川は「いやー、最初に《サテュロスの道探し》抜かれたの効いた」と、思わず漏らす。


的確な手札破壊で市川の足を奪い、一気に勝負を決めた山本。

 2ゲーム目の動き出しは市川から。2ターン目の《サテュロスの道探し》が市川に土地をもたらし、さらに《強迫》から《思考囲い》と手札破壊を連打。《強迫》は《シルムガルの嘲笑》で防いだ山本だが、続けて繰り出された《思考囲い》に自身の《思考囲い》を落とされる。

 《黄金牙、タシグル》、《龍王オジュタイ》、《龍王シルムガル》、《悪夢の織り手、アショク》、《英雄の破滅》と手札に残した山本だが、土地が3枚で止まり苦戦を強いられる。市川は《サテュロスの道探し》と《死霧の猛禽》で攻撃を続け、さらに《思考囲い》から《包囲サイ》。

 山本の手札には重くプレイできないカードが並び、ドローを確認すると投了するほかになかった。


目には目を、手札破壊には手札破壊を。市川も押しどころを見逃さない。

 3ゲーム目も1ターン目から山本の《思考囲い》が放たれ、市川は《世界を目覚めさせる者、ニッサ》2枚と《黄金牙、タシグル》、《英雄の破滅》、《死霧の猛禽》、土地2枚という初手を公開することになった。《英雄の破滅》を抜き去った山本は、3ターン目《悪夢の織り手、アショク》で序盤からプレッシャーをかける。対する市川も「占術」土地で追加の土地を見つけると、《死霧の猛禽》で戦場に進出していく。

 《死霧の猛禽》の攻撃で《悪夢の織り手、アショク》を攻めつつ、《思考囲い》で山本の手札も攻める市川。《命運の核心》、《信者の沈黙》、《龍王オジュタイ》、《時を越えた探索》という山本の残り手札に時間をかけて悩み、《時を越えた探索》を選択。続けて《世界を目覚めさせる者、ニッサ》を繰り出すと、土地を4/4にして攻勢を続ける。

 山本は《悪夢の織り手、アショク》の[−X]能力で《サテュロスの道探し》を戦場に出し、土地を獲得。さらに《龍王オジュタイ》を戦場に加えた。

 市川は土地をもう1枚クリーチャーに変え、《悪夢の織り手、アショク》と山本に同時攻撃。《悪夢の織り手、アショク》を退場させると、《真面目な訪問者、ソリン》を戦場に追加しプレッシャーを強めた。山本は《龍王オジュタイ》で《世界を目覚めさせる者、ニッサ》を攻撃し退場させ、さらに《命運の核心》でドラゴン以外――山本の《龍王オジュタイ》以外――を一掃した。

 しかし返しのターンに市川も《命運の核心》。山本の《龍王オジュタイ》を除去し、続けて《真面目な訪問者、ソリン》の[−2]能力で吸血鬼を呼び出し、主導権を握らせない。

 途切れることのない市川の攻勢を《悪夢の織り手、アショク》と《シルムガルの嘲笑》でしのぐ山本。しかしそんな山本に、さらなる《命運の核心》は訪れないのだった。

市川 2-1 山本
  • この記事をシェアする