EVENT COVERAGE

グランプリ・上海2014

観戦記事

準決勝:玉田 遼一(日本) vs. Xu Su(中国)

By 矢吹 哲也

 トップ8ラウンドでの日本人対決を経て、日本からここ上海へやってきたプレイヤーで残るのはただひとりになった。

sf_Tamada_Xu.jpg

 準決勝に臨む玉田 遼一は、シュイ・スー/Xu Suと対峙し、静かにそのときを待つ。

 フィーチャー・マッチ・エリアにはギャラリーが押し寄せ、みな固唾を飲んでいる。

 現地放送のカメラも向けられ、準備は万端。長い静寂を越えて、今、準決勝開始の合図が送られた。

試合展開

 お互いにキープを示すと、両者とも1ターン目に1マナ1/1を出し合う展開。玉田は2ターン目にもクリーチャーを追加し、スーは《ティムールの戦旗》でのマナ加速から盤面を作っていく。1/1同士のクリーチャー交換が行われると、スーは《マルドゥの心臓貫き》でもう1体も対処し、盤面上の有利を得た。

 《マルドゥの隆盛》を貼った玉田だが、続くクリーチャーが出せない。一方スーは《遠射兵団》、《わめき騒ぐマンドリル》と展開を続ける。

 《打ち倒し》で《遠射兵団》を除去した玉田。しかし、攻め込まれる時間が続く。《アイノクの盟族》と《抵抗の妙技》で《マルドゥの心臓貫き》の攻撃は留めるが、《わめき騒ぐマンドリル》の攻め手を抑えることができず、やがて残りライフ4点まで追い詰められる。

 《マルドゥの悪刃》を盤面に加え、守りに向かわせる玉田。しかし《わめき騒ぐマンドリル》のトランプルによるダメージまで防ぐことは叶わなかった。

 そしてついに、玉田を不運が襲う。


土地が2枚で止まり、厳しい戦いを強いられる玉田

 第2ゲーム、ダブルマリガンを喫した玉田は苦しみながら土地1枚の手札をキープ。その後3ターンにわたり土地を引き込めず、スーはその隙に《ジェスカイの風物見》と「変異」クリーチャー2枚で攻勢を続ける。玉田は2枚の土地で奮闘するが、《鱗の隊長》が《ティムールの魔除け》の1番目の能力により退場させられると、スーの総攻撃が致死量を上回った。

玉田 0-2 スー

 試合後、疲れた様子で椅子にもたれかかった玉田。2日間にわたる激戦の余韻をしばらく受け止める。スーに握手を求められるとそれに笑顔で応じ、それからフィーチャー・マッチ・エリアを去るのだった。

 玉田遼一、惜しくも準決勝で敗退。

  • この記事をシェアする