EVENT COVERAGE

グランプリ・上海2014

観戦記事

第14回戦:中村 修平(日本) vs. Charles Lai(マレーシア)

By 矢吹 哲也

 2日目も大詰めを迎え、ひとつの節目が訪れた。

 トップ8への分水嶺となる大一番に、中村 修平が挑む。対戦相手のライともども、ここで勝てばトップ8入賞に大きく前進することだろう。


大会終盤の試合に流れる緊張感は、ひと味もふた味も違う

試合展開

 ライが手札を見るなり即マリガンを選択。手早くカードのシャッフルを終えると、6枚の手札もすぐにデッキに戻す。

 5枚でゲームを始めることになったライに対し、《ティムールの軍馬》から「変異」クリーチャーと繋げて攻め立てる中村。ライも「変異」クリーチャーで中村の攻勢を阻むが、中村の展開は止まらない。

 手札が少ないライをさらに攻めるべく、《ラクシャーサの秘密》を放つ中村。ライは捨てられるならと手札の《龍鱗の加護》を「変異」クリーチャーに向けて撃つが、そこへ中村の《引き剥がし》が差し向けられ、クリーチャーも失うことになった。

 ライはすぐ次のドローで《アラシンの上級歩哨》をトップデッキしたものの、膨れ上がった中村の盤面を抑えるには至らない。最後まで展開が続いた中村の盤面を見渡すと、ライはカードを片付けた。

r14_Nakamura.jpg

 第2ゲームも中村の2マナ域からスタート。《荒野の後継者》が《高山の灰色熊》と相討ちになると、《牙守りの隊長》を盤面に続かせ、さらに「変異」クリーチャーを含めて淀みなく展開を進める。

 ところが、ライの《雪花石の麒麟》が攻撃の波を一瞬止めると、さらに《アラシンの上級歩哨》が続き、中村の攻勢はストップ。そこで《アブザンの隆盛》を繰り出したライが反撃に出る。

r14_Lai.jpg

 それでも、《雪花石の麒麟》を《引き剥がし》で手札に戻し、《大蛇の儀式》で《アラシンの上級歩哨》も対処した中村。《血蠅の大群》を盤面に追加すると、ライも《アブザンの先達》を加え、アブザン家とスゥルタイ群の激しい戦争が始まった。

 機先を制したのは中村。ライフを一桁まで減らしていたライに向けて積極的に攻撃へ向かい、《雪花石の麒麟》のチャンプ・ブロックとクリーチャーの相討ちで《血蠅の大群》に+1/+1カウンターを3つ追加。ライの側には《アブザンの隆盛》の効果でスピリット・クリーチャー・トークンが2体置かれた。

戦場の血を吸って増えるハエの大群

 さらに《サグのやっかいもの》を繰り出した中村に対して、ライは《包囲サイ》を送り出す。

アブザン家に愛されたライ

 こうして地上は激戦の様相を呈していたが、しかし、6/6にまでサイズを上げた《血蠅の大群》を止める手立てがライにはない。最後のドローを合わせた手札を吟味した彼は、やがて軽く頷き右手を差し出したのだった。

中村 2-0 ライ
  • この記事をシェアする