EVENT COVERAGE

グランプリ・上海2014

観戦記事

第13回戦:清水 直樹(日本) vs. Joe Soh(マレーシア)

By Masami Kaneko

 清水のデッキについては、ドラフト記事にて詳細をレポートしている。強力カード満載だが、マナベースに不安のあるデッキだ。勢いがあれば3-0が十分に可能なデッキではあるが、果たして。

 一方のジョー・ソー/Joe Soh。マレーシアの強豪であり、トッププレイヤー、テリー・ソー/Terry Sohの弟、なんて紹介をすれば、わかる人にはわかるかもしれない。

 トップ8に向けて負けられない戦い。お互い真剣にデッキをシャッフルする。勝者は、ひとり。


清水 直樹 vs. ジョー・ソー/Joe Soh

ゲーム1

 2ターン目に《氷羽のエイヴン》を展開した清水。ソーは《苦しめる声》で《》を捨てつつカードを引く。清水はさらに《ジェスカイの長老》を追加。

 ソーの《山頂をうろつくもの》で《ジェスカイの長老》の攻撃が止まり、清水は「変異」を追加するが、土地が3枚でストップしてしまう。ソーも《高地の獲物》と「変異」を追加し譲らない。


ジョー・ソー

 どうにか4枚目の土地を引いた清水、ソーの変異:《ケルゥの呪文奪い》を《凶暴な殴打》にて除去、さらには自身の《ジェスカイの長老》を犠牲に、2枚目の《凶暴な殴打》で《山頂をうろつくもの》を排除し、《氷羽のエイヴン》で攻撃を行う。

 しかし、ソーは自身のターンで《うねる塔甲羅》を展開。強烈なクリーチャーに、清水の足も止まる。

 《打ち倒し》が清水の《遠射兵団》を排除し、《高地の獲物》は「変異」と相打ち。清水は《苦々しい天啓》でカードを引き、そのまま「探査」にて《わめき騒ぐマンドリル》を展開した。この展開力がまさに「探査」の強みだ。

 《うねる塔甲羅》で攻撃をするしかないソー。しかし《わめき騒ぐマンドリル》の攻撃は《悪寒》で抑える。こうなると残りライフ7の清水は、《うねる塔甲羅》が心配だ。ソーのライフ12点を削りきれるのか。

 清水は《グドゥルの嫌悪者》を展開。次の攻撃での勝利を目指す。一方のソーはライフを守りきれるのか。《うねる塔甲羅》が清水に攻撃し、残り2。

 ここで清水の《増え続ける成長》が炸裂! なんとか《引き剥がし》で1ターンを凌ぐ。そしてソーのトップデッキは。

 残り2点のライフを削り切る《湯熱の精》が、清水の希望を断ち切った。

清水 0-1 ソー

ゲーム2

 《湿地帯の水鹿》から「変異」と繋げるソー、《遠射兵団》で応える清水。

 しかしソーこれを《悪寒》し、清水に4点のダメージを与える。土地ばかり引いてしまって追加戦力を展開できない清水は、さらに4点のダメージを受けてしまった。


清水直樹

 追加された《熊の仲間》のトークンに関しては《引き剥がし》するものの、盤面は《遠射兵団》だけが支えており辛い。

 この《遠射兵団》が《打ち倒し》されてしまい、追加の《荒野の後継者》が変異:《ケルゥの呪文奪い》されてしまうと、清水は悔しそうにカードを片付けた。

清水 0-2 ソー

 危惧していた事故が2連続で来てしまった清水、無念のトップ8戦線からの敗退だ。

※筆者注:なお、この後清水は見事に14、15回戦を勝利した。

清水 「トップ8目無しになってからブン回ったよー!」

  • この記事をシェアする