EVENT COVERAGE

グランプリ・上海2014

観戦記事

第8回戦:佐伯 克久(日本) vs. Li Feng(中国)

By 矢吹 哲也

 熱気の籠もる会場で7ラウンドを戦い抜き、ここまで全勝を記録しているプレイヤーがひとり。フィーチャー・マッチ・エリアに座っても冷静さを崩さないそのプレイヤーの名は、佐伯 克久だ。


佐伯 克久

 京都のマジック・コミュニティを中心にマジックをプレイする彼は、浜松で行われたプロツアー予選を突破し、プロツアー『ラヴニカへの回帰』に出場した経験を持つ。また、日本のグランプリには積極的に参加し、最近のグランプリ・神戸2014でもマネー・フィニッシュを達成している。

 初日も終盤。ここで同じく全勝中のリー・フェン/Li Fengを相手に迎え、無敗での初日通過に挑む。

r8_Saeki_Li.jpg

試合展開

 手札を吟味した両者だが、先手のリーがキープの声を上げるなり佐伯はマリガンを宣言。《》から《無情な切り裂き魔》を初手に繰り出したリーが、序盤の攻勢を掴む。2ターン目に《平地》、さらに3ターン目には《血染めのぬかるみ》から《》を持ってきたリーは、早くも「マルドゥ」の3色を完成させた。

 一方の佐伯も《急流の崖》から《》、《平地》と置き、「ジェスカイ」の3色をスムーズに揃えた。両者ともに繰り出した「変異」クリーチャーは相討ちし、続けて佐伯の《マルドゥの心臓貫き》が《無情な切り裂き魔》を除去すると、一度盤面は静まったように見えた。しかしリーはすぐさま「変異」クリーチャーを続けて繰り出し、再び戦線を組み上げる。


リー・フェン

 片方を《ジェスカイの魔除け》の最初のモードでライブラリーの一番上へと戻した佐伯。すると続くターンを迎えたリーの手札から、《真面目な訪問者、ソリン》が舞い降りた。

――だがしかしこのタイミングで、佐伯の《反逆の行動》が突き刺さる。《真面目な訪問者、ソリン》の[+1]能力により強化された「変異」クリーチャーを奪うと、一気に攻撃。《真面目な訪問者、ソリン》を退場させながら、リーのライフを11点まで落とした。

ここしかないというタイミング!

 続く佐伯の攻撃に対して、《マルドゥの心臓貫き》を止めにかかるリーだが、佐伯の戦場で表になった《イフリートの武器熟練者》が《ジェスカイの学徒》を強化し、一挙8点。ライフ3点を残したリーがもう1ターン生き残ることは叶わなかった。

 第2ゲームでは、今度はリーがマリガン。

 互いに2マナ域のクリーチャーと「変異」クリーチャーを展開し、牽制し合う両者は、そのまま「変異」クリーチャー同士を相討ちさせ、また、スペルを交差させつつじっくりとゲームを進めていく。

 《ジェスカイの魔除け》での強化に対応した《打ち倒し》で《ジェスカイの学徒》を失った佐伯だが、その後の立て直しが早かった。《眼の管理人》で《ジェスカイの魔除け》を回収すると、続けて《マルドゥの戦叫び》、《マルドゥの軍族長》と一気に繰り出し盤面を築き上げる。総攻撃後に《ジェスカイの魔除け》による全体強化が決まったところで、両者のライフ差は甚大なものになった。

 さらに、土地が4枚で止まったリーの盤面には、クリーチャーが出てこない。佐伯の全軍攻撃に対して《道の探求者》1体が守りに入るものの、続く《抵抗の妙技》に対応した《マルドゥの魔除け》が、リーの投了を促したのだった。

佐伯 2-0 リー
  • この記事をシェアする