EVENT COVERAGE

グランプリ・神戸2015

観戦記事

第8回戦:行弘 賢(東京) vs. 増野 良輔(千葉)

By Sugiki, Takafumi

 フィーチャー・マッチ・エリアには4つのテーブルが用意され、この第8回戦は殿堂プレイヤー中村 修平(東京)、三原 槙仁(千葉)、Team Cygamesの覚前 輝也(大阪)などが選ばれている。どの卓にもギャラリーの注目が集まるフィーチャー・マッチだが、その中から行弘 賢(東京)と増野 良輔(千葉)の試合をお届けしよう。


行弘 賢(東京) vs. 増野 良輔(千葉)
ゲーム1

 後手の増野がワンマリガンをしてゲームスタート。『戦乱のゼンディカー』から本採用されたマリガン時の占術もしっかり忘れない。

 行弘の2ターン目、3ターン目の《ヴリンの神童、ジェイス》、《僧院の導師》はそれぞれ増野が《龍詞の咆哮》、《残忍な切断》で退ける立ち上がり。近年のスタンダードはクリーチャーのカードパワーが非常に高く、1ターンの間生きていることでゲームに与える影響が非常に大きい。そのためこのようにテンポよく対処していく必要がある。

 4ターン目、行弘のX=2の《搭載歩行機械》、増野の《雷破の執政》が睨み合う。行弘は次のターン、まずは《強迫》で手札を確認。すると増野の手札は、

で、捨てさせられるカードは無かった。

 3点のダメージを受けながら《残忍な切断》で《雷破の執政》に対処し、《搭載歩行機械》にカウンターを載せて、ターンを終了する。対する増野は《空乗りのエルフ》をプレイし、航空戦力で押し込む盤面を構築する。行弘は《空乗りのエルフ》を討ち取り逃してしまい、増野は《空乗りのエルフ》で行弘を攻撃。行弘のライフは11となる。

 そして増野は《放浪する森林》を盤面に追加。行弘は《空乗りのエルフ》を止める手段をなかなか引き込めず、《搭載歩行機械》をX=3で追加するにとどまる。増野はもう一度《空乗りのエルフ》で攻撃することに成功し、これで行弘のライフは7。もう致死圏内である。増野は変異クリーチャーをプレイしてターンを終了。

 ここでようやく行弘は《破滅の道》をトップデッキ。《空乗りのエルフ》をようやく処理することができた。対する増野は《雷破の執政》を盤面に追加、対処されても3点のダメージを与えられるこのクリーチャーは非常に頼もしい。


増野 良輔

 行弘は《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》をプレイし《雷破の執政》を除去することを選択。増野はその3点を《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス》に与えることとする。すでに行弘のライフが7まで落ちていることを考えると、ここは行弘のライフを減らしに行っても良かったかもしれない。

 そしてそれぞれのプレイヤーが何もカードをプレイせずに終えた後、盤面はライフが15の増野側に、6/6の《放浪する森林》、変異クリーチャー、《獣呼びの学者》対して、ライフが7の行弘側にはカウンターが6つ乗った《搭載歩行機械》が2枚、《乱脈な気孔》2枚。

 ここで、行弘は意を決して攻める側に回ることを選択。《搭載歩行機械》のうち1体で増野を攻撃。増野はブロックをしないことを選択し、これで増野のライフが9と、こちらも予断を許さない状況になってきた。

 ターンが回ってきた増野は、ブロッカーの減ったこのターンがチャンスと見て、全てのクリーチャーで攻撃。行弘の1枚目の《乱脈な気孔》は《龍詞の咆哮》、2枚目の《乱脈な気孔》も《龍詞の咆哮》、そして《放浪する森林》をブロックしていたクリーチャーを《残忍な切断》で除去するというパーフェクトな動きを見せ、クロースゲームをものにした。

行弘 0-1 増野

ゲーム2

 再度先手の行弘は1ゲーム目と同様に、《汚染された三角州》から《大草原の川》、《》から《ヴリンの神童、ジェイス》をプレイ。そして増野も1ゲーム目と同様に《龍詞の咆哮》できちんと対処する。そして、行弘が3ターン目にプレイした《僧院の導師》も増野は《引き裂く流弾》で対処しつつ《獣呼びの学者》を出し攻撃するというパーフェクトな動き。

 行弘は4ターン目に《ヴリンの神童、ジェイス》をプレイし、《雷破の執政》に対処するための《勇敢な姿勢》を構えてターンを終え、増野の《雷破の執政》は予定調和で墓地送り。行弘の《ヴリンの神童、ジェイス》は無事《束縛なきテレパス、ジェイス》へと変身を遂げ、《自傷疵》で《獣呼びの学者》を対処する。


行弘 賢

 増野の手札からは2枚目の《雷破の執政》が出てくるが、それも行弘は《残忍な切断》でしっかり対処。《空乗りのエルフ》は2枚目の《残忍な切断》、さらなる《空乗りのエルフ》も《勇敢な姿勢》、《氷瀑の執政》は《残忍な切断》の「フラッシュバック」、増野がさらにプレイした《空乗りのエルフ》3枚目も《破滅の道》で対処と、《束縛なきテレパス、ジェイス》の力も借りながら、行弘は増野の陣営を捌ききる。

 ついに攻め手の潰えた増野に対して、行弘は《僧院の導師》をプレイ。増野は《龍詞の咆哮》で対処するも、行弘は2枚目の《僧院の導師》をプレイ。この《僧院の導師》がそのまま生き残り、行弘が2ゲーム目を取り返した。

行弘 1-1 増野

ゲーム3

 3ゲーム目にして初めて先手となった増野。《窪み渓谷》、《》から《獣呼びの学者》をプレイし攻撃。この《獣呼びの学者》は行弘の《自傷疵》に対処されるも、増野は2枚目の《獣呼びの学者》、次のターンには《空乗りのエルフ》と軽快に展開。行弘は《搭載歩行機械》をブロッカーとして用意し、《空乗りのエルフ》は《破滅の道》する。

 増野の攻撃の手は緩まない。《氷瀑の執政》で《搭載歩行機械》をタップしこじ開けようとするが、行弘の更なる《破滅の道》がそれを許さない。

 増野は何度このクリーチャーをプレイしてきたのだろうか、《雷破の執政》を最後の攻撃手段として繰り出す。もう増野の手札にクリーチャーは残っていない。

 対する行弘も《僧院の導師》、《ヴリンの神童、ジェイス》をプレイ。増野は《僧院の導師》を《残忍な切断》で除去しようとするも、行弘は《否認》でしっかり対応しつつモンク・トークンを生み出す。

 これでライフが16の増野の《雷破の執政》、変異クリーチャーに対して、ライフが11の行弘の《僧院の導師》、モンク・トークン、《搭載歩行機械》と、最後の力を振り絞ったダメージレースとなる。

 増野が《雷破の執政》で攻撃し、行弘のライフは7。さらに《龍詞の咆哮》で《ヴリンの神童、ジェイス》を対処し、ライフ4。ここで行弘にターンが返る。

 行弘は《搭載歩行機械》と《乱脈な気孔》で攻撃をし、増野は変異クリーチャーで《搭載歩行機械》をブロック。これで増野のライフが14となり、《乱脈な気孔》の絆魂で行弘のライフは6に引き上げられる。そして、行弘は盤面に《僧院の導師》を追加。

 増野は再度《雷破の執政》で攻撃をし、行弘のライフは2。増野にはブロッカーが無く、増野のライフは行弘がスペルを1枚引けば削りきられてしまう。行弘は最後のドローをゆっくり確認するが、「負けですね」と増野に握手を求めた。

行弘 1-2 増野

  • この記事をシェアする