EVENT COVERAGE

グランプリ・神戸12

読み物

準決勝: 平賀 優宏(神奈川) vs. 北原 寛章(和歌山)

By Jun'ya Takahashi  トップ8が確定した時点での下馬評では、森 勝洋や渡辺 雄也、長岡 崇之といった強豪と呼ばれる面々が優勝するのではないかと噂されていた。  しかし、実際にトップ4へと駒を進めた面々は新進気鋭のプレイヤーたちだった。このテーブルでも、渡辺を倒した平賀と、長岡を倒した北原という『大物狩り』を果たした二人によるマッチアップが行われる。 SF平賀 優宏(神奈川) vs. 北原 寛章(和歌山)  《ケッシグの狼の地》を切り札にしている攻撃的な赤緑を繰る北原と、飛行クリーチャーとコンバットトリックによって受け手に回ったダメージレースを得意とした青白を使う平賀。  明確に攻め手と受け手のハッキリとしたマッチアップを両者はどう戦うか。残るラウンドはあと2つ。チャンピオンロードを突き進むのはどちらだろうか。
Game 1
北原 寛章
北原 寛章
 後手ながら北原が起点として展開した《血に狂った新生子》を、平賀の《無私の聖戦士》が迎え撃つことで準決勝のGame 1が始まった。  攻撃衝動にまみれた吸血鬼は《無私の聖戦士》と相打ちになり、北原はそれを見届けるも、めげずに2枚目の《血に狂った新生子》を場に繰り出した。  しかし、再び《血に狂った新生子》は悲惨な最期を迎えてしまう。平賀がプレイしたカードが《深夜の出没》と《声無き霊魂》だったのだ。  《声無き霊魂》の先制攻撃によって一方的に《血に狂った新生子》を討ち取られてしまった北原は逆転の一手を探すも、マナベースが《》2枚と《ケッシグの狼の地》の合計3枚で止まってしまっているため、手札に眠った後続を展開することができない。  1ターンが過ぎた後に5枚目の土地を置いた平賀が《銀爪のグリフィン》のプレイを宣言すると、北原は5対0の戦場をゆっくりと見渡して投了を宣言した。 平賀 1-0 北原  北原はGame 1を不運なマナトラブルで落としてしまったものの、平賀のデッキを冷静に分析していた。飛行クリーチャーたちに有効な《ソンバーワルドの蜘蛛》と《片目のカカシ》、トークンによるチャンプブロックを見越した《もつれ樹》をサイドインして逆転勝利を狙う。
Game 2
平賀 優宏
平賀 優宏
 《銀の象眼の短刀》から《小村の隊長》というスタートダッシュを切った北原は、赤緑ならではの速攻で畳みかけ、それを平賀が《銀筋毛の狐》で受けとめる形でゲームが始まった。  その際に北原は《ケッシグの狼の地》をX=1で起動して4点のトランプルダメージを貫通させる。  しかし、その後も順調に《縫い師の見習い》《ガヴォニーの鉄大工》《銀爪のグリフィン》と並べていく平賀に対して、北原はたった1枚の《燃え投げの小悪魔》を続けることしかできない。  それでも、どんなクリーチャーをも《火の玉》に変えてしまう《ケッシグの狼の地》があるこの場においては、たった1枚のクリーチャーでもゲームを終わらせる力を持つ。
 迂闊に仕掛けることができない平賀が慎重に戦線を広げていく中、北原は《若き狼》を追加して《ケッシグの狼の地》の弾丸を補充する。  残された時間の少ない平賀は《銀爪のグリフィン》でなんとかダメージレースを決行するものの、北原がサイドボードから投入した《片目のカカシ》がその作戦に待ったをかける。  これで平賀の攻勢が落ちついたため、いよいよ北原が攻めに転じた瞬間、平賀の手札からは虎の子の《戦慄の感覚》が放たれる。対象は《片目のカカシ》と《燃え投げの小悪魔》だ。  残された《若き狼》による攻撃は許されたものの、平賀はこの戦闘を《村の鐘鳴らし》と2/2の《教区の勇者》のダブルブロックでダメージを最小限に抑えることに成功した。  それでも北原は残ったマナで《アヴァシンの巡礼者》を展開して《ケッシグの狼の地》による一撃必殺を虎視眈眈と狙い続ける。  《戦慄の感覚》のフラッシュバックを使い切り、いよいよ次のターンには攻撃の要であった《銀爪のグリフィン》をも守勢に回さなければライフをすべて持ち去られてしまう瞬間。  北原のエンドフェイズに、平賀は手札に残った最後の1枚である《深夜の出没》をプレイし、《片目のカカシ》の能力でパワーの消えたスピリット・トークンを2体生みだす。  そして最後のドローになるかもしれないライブラリーの上の1枚をめくると、それは起死回生の《無私の聖戦士》だった。  《無私の聖戦士》を生け贄に攻撃力を取り戻した飛行クリーチャーたちが、劇的に6点ピッタリの北原のライフを削りきった。 平賀 2-0 北原
  • この記事をシェアする