EVENT COVERAGE

グランプリ神戸11

読み物

Round 4: 渡辺 雄也(神奈川) vs. 北山 雄哉(岐阜)

by Tatsushi Tsukamoto

Round 4

 日本の「顔」である渡辺と社会人プレイヤーの北山。

 北山はフィーチャーマッチ初体験ということで、やや緊張した面持ちである。

Game 1

 ダイスロールで北山が勝ち、先攻を宣言。7枚引いた北山は即座にキープ、非常によさそうなハンドである。渡辺はやや悩みキープ。いよいよ1ゲーム目のスタート。

 北山のファーストアクションは《銅線の地溝》からの《貴族の教主》。

 返す渡辺は《》からの《思考囲い》。公開された北山のハンドは以下の5枚。

 手札から予想するに、北山のデッキはナヤなのか。渡辺は《石鍛冶の神秘家》を選択。

 北山が《つぶやき林》を置くと5色のマナシンボルが揃う。こうなっては何が出てきてもおかしくない。

 2体目の《貴族の教主》を追加して、2/3になった《貴族の教主》でアタックする北山。

 当時のスタンダードを圧巻した《貴族の教主》。マナが出せてアタッカーにもなれる、そんな強力なカードが使えるのもエクステンデッドの魅力の一つ。

 一方、渡辺は《闇滑りの岸》を置いて静かにエンド。
 北山が唱えた《長毛のソクター》を渡辺は《マナ漏出》で弾く。再び《貴族の教主》がアタックして渡辺のライフが14に。

 《セジーリのステップ》を置いて北山のターンが終わると、渡辺は《変わり谷》から《饗宴と飢餓の剣》をフルタップで置いてエンド。これで次のターンの北山の行動は無制限に。

 北山は《聖遺の騎士》を場に着地させ、三度《貴族の教主》で攻撃。渡辺のライフはじわじわと削られ12に。

 渡辺は先ほど出した《饗宴と飢餓の剣》を《変わり谷》に装備して、この試合初めてのアタック。ただし北山はハンドを使い切ってしまっていたために、渡辺のコントロールする土地が全て起きただけになりエンド。

 北山はライブラリーの上から降ってきた《バジリスクの首輪》を《貴族の教主》に装備してアタック。

 渡辺のライフは折り返し地点。谷と剣だけでこの場を打開できるのか。
 《忍び寄るタール坑》を置き、先ほどのターンと同じ行動を取るが、北山の《聖遺の騎士》が《》を《地盤の際》に換えて《変わり谷》を破壊すると、渡辺の場はフルタップのまっさら。これは絶体絶命。

 こうなるとサポート役になっていた《聖遺の騎士》すら牙をむき渡辺を襲い、ライフは3に。

 回答を求め手を伸ばした先には土地。
 土地のみの手札を公開しながら投了、大地主となった渡辺の末路であった。

渡辺 「これはヒドイ...。」

渡辺 0-1 北山

Game 2

渡辺 雄也
渡辺 雄也

 再び《》スタートの渡辺。北山は《剃刀境の茂み》を置いてエンド。

 ここで渡辺が《人里離れた谷間》を置いて《ヴェンディリオン三人衆》を公開した事により、渡辺のデッキがやっとフェアリーだとわかる。

 渡辺はそのままターンを返し、北山の出した《獣相のシャーマン》を《見栄え損ない》で破壊する。

 対生物デッキにおいてのフェアリーはサイド後に除去コントロールに変化してしまう。《》を置き再びセットゴーの渡辺は、北山のドローを待つと先ほど公開した《ヴェンディリオン三人衆》を瞬速させる。

 北山は土地のないハンドを公開。渡辺は「そのまま。」と宣言。

 何もプレイできない北山に対して渡辺は、その次の北山のターンに《霧縛りの徒党》を出しさらに優位を築けば、北山がやっとの思いで出した《聖遺の騎士》を《喉首狙い》で葬り去る。

 北山はドローをして、回答が無いと知り投了。

渡辺 1-1 北山

Game 3

 今度は先攻の北山、《剃刀境の茂み》から《貴族の教主》という非常に良いスタートだ。

 渡辺も負けじと《思考囲い》。しかし北山のハンドは、

 というもの。墓地に落としたくもない《復讐蔦》しか選択できないのだが、北山は現状《貴族の教主》だけで戦う劣勢でもある。この《復讐蔦》は後に良い方向に導くのか。

北山 雄哉
北山 雄哉

 しかし、北山はここで《聖遺の騎士》を引き込む。

 渡辺は次のターンに《コジレックの審問》を引くが、北山のハンドに何もないことはわかっているので、《忍び寄るタール坑》を置くのみでエンド。

 北山はさらにここで《石鍛冶の神秘家》をトップ! これには渡辺も辛い顔で息を漏らすが、手札に加えた《饗宴と飢餓の剣》は先ほどの《コジレックの審問》で事なきを得る。

 《人里離れた谷間》で《誘惑蒔き》を公開した渡辺はエンド。

 北山は《石鍛冶の神秘家》でアタックし、《地盤の際》をセットしエンド。土地のない渡辺は2枚目の《人里離れた谷間》を引くが、北山の場には《地盤の際》。

 そして2回とも公開した《誘惑蒔き》も、北山の《聖遺の騎士》からの潜在的な《セジーリのステップ》によって機能しなくなっている。

 渡辺がターンエンドを宣言すると、北山は《地盤の際》で渡辺の《忍び寄るタール坑》を壊す。

 渡辺は青マナを捻り出して、手札の《謎めいた命令》のモードを熟考する。結局、《聖遺の騎士》バウンスと1ドローを選択。北山に《聖遺の騎士》から《セジーリのステップ》を使わせることに。

 北山は防御の役目を終えた《聖遺の騎士》を攻撃に向かわせ、再び《地盤の際》を置く。サイドボードから追加したのが功を奏しているようだ。

 渡辺が3枚目《人里離れた谷間》を引くと、公開した《誘惑蒔き》をそのままプレイしてタップ状態の《聖遺の騎士》のコントロールを奪う。これで渡辺は難を逃れるのか。 北山は《石鍛冶の神秘家》でアタックするとそのままターンを返す。

 渡辺は《沈んだ廃墟》を引き5マナまで到達し、手札の《饗宴と飢餓の剣》と《謎めいた命令》の2枚を見つめ思案。
 1ターン目の《思考囲い》からの流れを考えると、北山がプレイしているカードは全てトップデッキであることが濃厚で、直前のターンに呪文を唱えていなかったことを考慮すれば、種切れとも取れる。

 安全に《謎めいた命令》を構えるのか、《饗宴と飢餓の剣》で優位を築くのか。

 渡辺は《誘惑蒔き》に《饗宴と飢餓の剣》を装備する。

 しかし、北山の手札からは《流刑への道》。

 結局、北山のドローは最後まで濃厚でドロドロだったのだ。
 渡辺は目の前がドロドロになり投了。

渡辺 1-2 北山

  • この記事をシェアする