EVENT COVERAGE

グランプリ・香港2015

観戦記事

第4回戦:三原 槙仁(千葉) vs. 高橋 優太(東京)

By Masashi Koyama

 プロツアー『マジック・オリジン』が終わり、シーズンを通しての目標を達した者、残念ながら目標に到達しなかった者、結果は様々であったが、これをもって1年間の長きに渡るプロ・プレイヤーたちの戦いはひとまず終着点を迎えた。

 だが、シーズンを終えたばかりの戦士たちに休息の暇はない。彼らにとってシーズンの幕切れはすなわち新たな戦いの幕開けでもある。この週末からは新たなシーズンが開幕し、新たな目標に向けて1年間の新たなロングレースが開始されるのだ。

 そして、新シーズン開幕戦とも言えるグランプリ・香港2015、第4回戦のフィーチャーマッチエリアに呼ばれたのは2人の強豪プレイヤーだ。


三原槙仁(左)と高橋優太(右)

 三原槙仁。プロツアー殿堂顕彰者であり、世界選手権を個人・団体でそれぞれ制覇した、まさにマジック界の巨人だ。

 高橋優太。常にストイックな姿勢を崩さない彼は、実に3度ものグランプリ戴冠経験を持つ。

 ジャッジのアナウンスが流れ、開幕戦を彩るに相応しい豪華なマッチアップがスタートした。

ゲーム1

 ダイスロールで先手は三原。高橋がマリガンのスタート。

 三原が《果樹園の霊魂》、高橋が《屑肌のドレイク》、《つむじ風のならず者》というスタート。このトークンが《果樹園の霊魂》と相打ちを取り、高橋が《屑肌のドレイク》で空からクロックを刻んでいく展開。

 飛行ビートを見せる高橋に対し、三原は《ロウクスのやっかいもの》を召喚、緑らしくサイズで勝負に出る。

 軸をずらして攻め切りたい高橋は《護輪のフクロウ》を召喚するが、これが《野性の本能》で返り討ちにあってしまい、《ロウクスのやっかいもの》が巨大なサイズに膨れ上がる。この巨大なサイの攻撃が通り、高橋のライフは一気に危険水域まで減少してしまう。

 高橋はチャンプブロックで続くターンの即死こそ免れるものの、三原が勢いそのままに《永遠警備の歩哨》を唱えると、高橋は「オーバーキルだー」と苦笑いしながら盤面を片付けたのだった。

三原 1-0 高橋


三原が巨大な戦力で第1ゲームを先取
ゲーム2

 高橋が序盤から積極果敢な展開を見せる。《結束した構築物》、《金切り声のスカーブ》、《屑肌のドレイク》と3ターン連続展開で攻勢をかけ、三原のライフを一挙に削っていく。

 一方、初動が遅く、出遅れた三原はここから怒涛の巻き返しを見せる。

 まずは《隕石》で《金切り声のスカーブ》を、《永遠警備の歩哨》からの《野性の本能》で《結束した構築物》を除去、さらに《ガイアの復讐者》と強大な生物群で高橋を押し込んでいく。

 三原の怪物たちにより、逆に追い込まれてしまった高橋。《高位調停者、アルハマレット》を召喚してみるものの、《永遠警備の歩哨》の前に戦闘に参加することすら叶わず、実質的なクロックは《屑肌のドレイク》だけと、三原の残りライフ6を削り切るには心もとない。

 とはいえここで負ければマッチを落としてしまう高橋は粘りを見せる。《深海の恐怖》を召喚、これが《ガイアの復讐者》を相打ちに取り、《永遠警備の歩哨》さえなんとか乗り切れば、というところまで持ち込む。

 そして意を決して高橋が召喚したのは、こちらも《永遠警備の歩哨》!

 これが三原の《永遠警備の歩哨》をタップしたところで、三原は手札の土地を公開したのだった。

三原 1-1 高橋


高橋がタイトなダメージレースを制し星をタイに戻す
ゲーム3

 先手の三原がマリガン。高橋が《臨海の護衛》、《屑肌のドレイク》、《塔の霊》とやはり序盤から積極的に動くのに対し、三原は《確固たるエイヴン》、《万神殿の伝令》、《突進するグリフィン》と動き、高橋の攻勢を押しとどめようとするが、土地が4枚で止まってしまう。

 高橋は《つむじ風のならず者》を召喚したことで、2点の不可侵クロックを手に入れ、徐々に三原のライフを削り始める。

 そして、《屑肌のドレイク》《塔の霊》《つむじ風のならず者》で攻撃に向かい、《塔の霊》をブロックした《確固たるエイヴン》を《眼腐りの暗殺者》で除去し、盤面を有利なものにしていく。

 三原は《投げナイフ》を装備した《突進するグリフィン》でアタック、《塔の霊》を対象に取るが、高橋は《ミジウムの干渉者》でこれをかわすと、そのまま空から押し切ったのだった。

三原 1-2 高橋

高橋 Wins!
  • この記事をシェアする