EVENT COVERAGE

グランプリ・千葉2016

観戦記事

準々決勝:木原 惇希(東京) vs. 宮部 浩一(長野)

By Masashi Koyama

 2,500名以上の参加者を集めたグランプリ・千葉2016。いま、予選ラウンド15回戦を終え、8名の決勝ラウンド進出者が決定した。

 ここでご紹介するのは木原惇希と宮部浩一のミラーマッチだ。宮部いわく「奇跡要素はあるけれど、奇跡コントロールではない」とのことではあるが、白青コントロールのミラーマッチであり、現実的には《師範の占い独楽》《相殺》《精神を刻む者、ジェイス》をめぐる戦いになりそうだ。


木原(写真左)と宮部(同右)のコントロール対決

 準々決勝ではあるが、互いに顔見知りとあって「ここで当たりたくなかったな~」とどちらともなくこぼす。

 が、ここは負ければ脱落の厳しいプレイオフ。試合が始まると一気に緊張感が2人を包む――

ゲーム1

 先手宮部が2ターン連続で《》を置いて返すのに対し、木原は1ターン目に《師範の占い独楽》をプレイ、これが通り、自身のアップキープにライブラリーをチェックしていく。手札に《相殺》を抱えているものの、宮部のデッキには《対抗呪文》が複数枚搭載されており、かつ手札に《呪文嵌め》を抱えていることから、1ターンは《相殺》設置を先延ばしし、{U}が出る状態でこれをプレイ。予想通りの宮部の《対抗呪文》にしっかり《呪文嵌め》を合わせ、「独楽相殺」を完成させる。

 宮部にとってかなり厳しい状況ではあるが、木原はフルタップだ。この隙に戦況を覆し得る《精神を刻む者、ジェイス》を通し、《渦まく知識》モードを連打して解決策を求めに行きたい...ところではあるが、いかんせんこの状況を抜け出せるカードは少ない。なにせ、うかつに呪文を唱えても「独楽相殺」の餌食となるだからだ。

 一方の木原は《師範の占い独楽》で見つけた《精神を刻む者、ジェイス》をフルタップでプレイ。


木原 惇希

 宮部はここで仕掛ける。《師範の占い独楽》を囮にプレイし、木原が《相殺》の誘発に対応して《師範の占い独楽》をライブラリートップに戻し、カウンターできる呪文の点数で見たマナ・コストを1マナに固定したところで、《基本に帰れ》!

 ......が、この状況を覆すには至らず。デッキリストが公開されている以上、木原が基本土地を調達していないはずがない。しっかり《》2枚と《平地》で《師範の占い独楽》を起動し続ける。

 宮部は《精神を刻む者、ジェイス》の忠誠度を上げ始め、[-12]能力での勝利を目論むが、木原が《瞬唱の魔道士》を通し、《精神を刻む者、ジェイス》に一度攻撃を加えると、どう計算しても木原の《精神を刻む者、ジェイス》の「奥義」を止められない。

 祈るように《議会の採決》をプレイするものの、木原はしっかりライブラリートップに《議会の採決》を積んでいたのだった。

木原 1-0 宮部

ゲーム2

 今度は木原のもとに《師範の占い独楽》はなく、互いに土地を並べ合う序盤戦。

 先に動いたのは宮部。3ターン目に1マナを残しながらの《相殺》プレイ。木原はこれに《呪文嵌め》で応じ、宮部はこれに《呪文貫き》、木原は《瞬唱の魔道士》を切っての《意志の力》と、カウンター合戦はひとまず木原が制する。


宮部 浩一

 そして、次に動いたのは木原だった。《ヴェンディリオン三人衆》をプレイし、《相殺》を抜き去り宮部の手札にカウンターが無いことを確認すると、返すターンに「青い悪魔」こと《精神を刻む者、ジェイス》!

コントロールミラーマッチの支配力はまさに悪魔と呼ぶにふさわしい凶悪さ

 宮部は《僧院の導師》と《翻弄する魔道士》を並べ、《精神を刻む者、ジェイス》を落とそうとするが、木原は《翻弄する魔道士》を《紅蓮破》で、《僧院の導師》を《議会の採決》を捌き、《ヴェンディリオン三人衆》で静かに攻撃を続ける。

 恐らくはサイドボード後に除去を抜いてしまっているであろう宮部。しばらくゲームを続けるが、最後のアタックを見届けるまでもなく数多く並んだ土地を片付けたのだった。

木原 2-0 宮部

木原惇希が準決勝進出!
  • この記事をシェアする