EVENT COVERAGE

グランプリ・千葉2015

観戦記事

準決勝:松本 友樹(東京) vs. 森 勝洋(東京)

By 伊藤 敦

 松本と森、ともにアーティファクトを数多く取り入れたデッキを組んでいるものの、その構成は対照的だ。

 松本のデッキは装備を中心とした白と青の優秀なクリーチャーによるビートダウンといった様相だが、森のデッキはマナ加速からの《錆びた秘宝》に大きく依存した、展開の爆発力を重視したデッキとなっている。

 決勝まで駒を進めるのは、はたしてどちらのデッキか。


松本 友樹 vs. 森 勝洋

ゲーム1

 先手の松本が《コーの決闘者》から3ターン目に《ミラディンの十字軍》を送り出すと、ゲームは一気にクライマックスに突入する。

 何せ森の土地は、2枚で止まってしまっているのだ。

 それでも何とかエンド前の《急報》から《合金のマイア》につなげ、チャンプブロックの構えを見せるのだが、松本は《帆凧》をトップし、それすらも許さない。6点の大打撃を受け、森のライフは既に残り8。


森 勝洋

 ここでようやく森が《ミラディンの十字軍》を止めることができる《まばゆい魂喰い》を出すものの。

 最後のアタックを戦闘中にタップしようとしたところに松本が《使徒の祝福》をしっかりと合わせ、タップを回避できるプロテクション(アーティファクト)で強烈な一撃を叩き込んだ。

松本 1-0 森

ゲーム2

 今度はマリガンした森の土地が、1枚で詰まってしまう。

 一方松本はそんな森を尻目に、ぶん回りを見せつける。


松本 友樹

 《ルーンの苦役者》から、再びの3ターン目《ミラディンの十字軍》!

 何とか《太陽の宝球》から追いつこうとする森だが、さらに《まばゆい魂喰い》を追加され、わずかな希望を込めてキャストした《天羅至の掌握》すらも《使徒の祝福》でかわされると、苦笑するしかない。

 しかも返すターンには《ミラディンの十字軍》への《力強い跳躍》で、松本が森を一撃のもとに粉砕したのだった。

松本 2-0 森

松本 友樹
グランプリ・千葉2015 決勝ラウンド / 『モダンマスターズ 2015年版』ブースタードラフト[MO]
9 《平地
7 《

-土地(16)-

1 《宮廷のホムンクルス
1 《コーの決闘者
2 《突風掬い
1 《ルーンの苦役者
1 《太陽の槍のシカール
1 《まばゆい魂喰い
1 《ミラディンの十字軍
1 《タージ=ナールの剣鍛冶
1 《ガラス塵の大男
1 《厳粛な空護り
1 《マイアの処罰者
1 《クムラックス

-クリーチャー(13)-
1 《銅の甲殻
1 《蒸気の絡みつき
2 《使徒の祝福
1 《帆凧
1 《マナ漏出
1 《力強い跳躍
1 《睡眠発作
1 《冷静な反論
1 《錆びた秘宝
1 《幽体の行列

-呪文(11)-
1 《グルールの芝地
3 《はらわた撃ち
2 《粗暴な力
1 《ボロスの速太刀
1 《瞬間凍結
1 《ハーキルの召還術
1 《撤廃
2 《冷静な反論
1 《幽霊の変わり身
1 《着実な進歩
1 《ヴィグの移植術師
1 《金属ガエル
1 《ヘリウム噴射獣
1 《物読み
1 《雷叫び
1 《狡知
1 《ノヴィジェンの賢者

-サイドボード(21)-
森 勝洋
グランプリ・千葉2015 決勝ラウンド / 『モダンマスターズ 2015年版』ブースタードラフト[MO]
7 《
7 《平地
1 《ダークスティールの城塞

-土地(15)-

1 《ルーンの苦役者
2 《合金のマイア
1 《まばゆい魂喰い
1 《空狩人の散兵
1 《金属ガエル
1 《磁石のゴーレム

-クリーチャー(7)-
1 《永遠溢れの杯
1 《オパールのモックス
2 《太陽の槍
1 《頭蓋囲い
1 《選別の高座
1 《きらめく鷹の偶像
1 《帆凧
1 《迫撃鞘
1 《急報
1 《太陽の宝球
1 《拘引
1 《補強
2 《錆びた秘宝
2 《種のばら撒き
1 《獣性の脅威

-呪文(18)-
1 《ラクドスの肉儀場
2 《自然との融和
1 《死の印
2 《かき鳴らし鳥
1 《古の法の神
1 《来世への旅
1 《時間の把握
1 《生育
1 《ヴェリズ・ヴェルの翼
1 《炉火のホブゴブリン
1 《遥か忘れられし御幣
1 《隔離する活力
1 《天羅至の掌握
1 《ヴィグの移植術師
1 《蝋鬣の獏
1 《議事会の密集軍
1 《戦慄の徒食者

-サイドボード(19)-
  • この記事をシェアする

RESULTS

RANKING

NEWEST