EVENT COVERAGE

The Finals11

読み物

Round 4: 岩崎 祐輔(兵庫) vs. 高尾 明直(兵庫)

By 中村 修平  情報が極端に少なく誰もが不安を抱えているであろう後半戦、モダンに向けて少しでもスタンダードで勝ち星を積み上げたい、The Finalsの参加者のほとんどがそう考えているであろうことが、彼らのトラッシュトークを聞いていれば容易に想像がつく。  4連勝を賭けてフィーチャーマッチに座るのは岩崎 祐輔と高尾 明直という兵庫県勢対決。  普段から交流のある2人であるが、モダンでより楽なポジションへと駒を進めるのはどちらであろうか。

Game 1

岩崎 祐輔
岩崎 祐輔
 6面ダイス×2を12で先手を取った岩崎は《先兵の精鋭》、2ターン目に《先兵の精鋭》と《宿命の旅人》というロケットスタート。  彌永式赤緑コントロールの高尾が《太陽の宝球》でマナを伸ばしている間に、《清浄の名誉》を設置して一気にダメージを広げる。  残るライフは10。このまま行くと次のターンには高尾は死んでしまう勢いなのだが、それは《金屑の嵐》で事無きを得る。  そこで岩崎が召喚したのは《修道院の若者》。  《修道院の若者》??
『反転したら黒いよね?』  と解ってはいるが確認をとってしまう高尾。  そんな合間に、こちらは白くてある意味では反転している《宿命の旅人》からのトークンが、ダメージが刻一刻と高尾のライフを蝕んでいく。  岩崎のおそらく唯一の黒いクリーチャーを、召喚したての《真面目な身代わり》でチャンプブロックしてライフは6。  そして出てくる《ミラディンの十字軍》。  7マナにまでは到達しているが、《緑の太陽の頂点》で《原始のタイタン》を召喚すると死んでしまう。  X=1で使い捨ての壁として《極楽鳥》を呼び出し、《小悪魔の遊び》で《ミラディンの十字軍》を処理し、2枚目の《清浄の名誉》で止めを刺しにいく岩崎に対してスタックで《感電破》をスピリット・トークンに打ちギリギリで押しとどめる高尾。  決めにいったターンに逃げ切られ、体制を崩した岩崎に、一息ついた高尾が唱えるのは《原始のタイタン》。  これには《忘却の輪》で対処したものの、《墨蛾の生息地》という息継ぎを得た上での2枚目の《原始のタイタン》。そして墓地にある《小悪魔の遊び》とまで用意されていては、岩崎に対応策は残されてなかった。 岩崎 0-1 高尾

Game 2

高尾 明直
高尾 明直
 あと一歩でゲームを取り逃した先手岩崎は素早くキープ。  後手の高尾もある意味悩む必要はなかったらしい、すぐさまマリガンを宣言し6枚に。  だがマリガンした甲斐はあったようだ。  先手岩崎の《先兵の精鋭》を《ショック》。  2ターン目《教区の勇者》&《宿命の旅人》に、《教区の勇者》を《感電破》で押しとどめる。  ここで岩崎が息切れをし、後続が《宿命の旅人》のみで土地を置くという展開になってしまう。  高尾もそれ以上の除去は無いらしく、土地を置くと、2体の《宿命の旅人》のダメージを受けるという状態だったが、お互いにマナが伸びあっているなら俄然有利なのはタイタンを抱えている高尾。  6マナに到達した瞬間、《原始のタイタン》が飛び出して、これに対処する方法がなかった岩崎は《原始のタイタン》が攻撃に向かったところで勝つ見込みが無くなり投了。  終わってみれば僅か6ターンでの終局であった。 岩崎 0-2 高尾
  • この記事をシェアする