マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

競技用ルール

競技用ルール

Scott.jpg

マジック・イベント規定 リリースノート (2016年7月18日版)

Scott Larabee / Tr. YONEMURA "Pao" Kaoru

2016年7月18日

原文はこちら

 こんにちは、私はスコット・ララビー/Scott Larabee、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストの組織化プレイ部、Eスポーツとプレミア・プレイ・プログラムのデザイン・マネージャーです。私は、すべてのプレミア・プレイ・プログラム(プロツアー、グランプリなど)のプログラム・デザインに加え、マジックのイベントを管理するさまざまなイベント規定文書を担当しています。

 それらの規定は年に4回、プレリリースの次の月曜日に更新が公開されます。御存知の通り、『異界月』のプレリリースは先週末全世界の店舗で開催されましたので、更新が行われます! 今後、私たちは更新ごとに「リリースノート」を発表します。これは、プレイヤーや店舗、ジャッジに、変更や更新についてお知らせするためのものです。

 更新ごとの変更は、ほとんどが小さいものです。文法の修正や、規定の意図がより伝わるようにするための明確化、「定例」の更新(新セットの発表に伴って更新されるもの)などです。これらは以下に簡単に列記してあります。変更には、もう少し複雑なものもあります。

 四半期ごとに更新される主なイベント・ポリシー文書は3つあります。

マジック:ザ・ギャザリング・イベント規定(閲覧はこちらから

 これはマジックのイベントを管理する上で中心になるルール文書で、以下のようなことを定義しています。

  • イベントの基本部分
  • 参加者の様々な立場や責任
  • イベントの構造
  • イベントでのプレイに伴う違反行為
  • イベントでプレイする様々なフォーマット
  • 認定規定

違反処置指針(閲覧はこちらから

 この文書は、ルール適用度が競技あるいはプロで開催されるイベント中に起こったルール違反行為について、ジャッジに、適切な懲罰と処置、さらにその下敷きになっている理念を教えるためのものです。

 この文書を保守しているのは、ベテランのジャッジであるトビー・エリオット/Toby Elliottです。彼のブログ(リンク先は英語)で、この文書の更新ごとの解説を読むことができます。

ルール適用度が一般の場合のジャッジ法(閲覧はこちらから

 この文書はほとんどのプレミア・レベルでないイベントでの懲罰や違反についての指針を示しています。

 イベントでのマジックに興味がある人は、これらの文書に目を通すことをおすすめします。これらはイベント運営のもとになる規定なので、これらの文書を理解することはより良いプレイヤーになる助けになります。場合によっては、マジック・イベント規定はマジックのゲームのルールよりも優先されることがあります。これらのルールを理解しておけば、奇妙な状況に迷い込むことがなくなることでしょう。

マジック:ザ・ギャザリング・イベント規定の更新内容

 これはマジック:ザ・ギャザリング・イベント規定の最新版更新に関する注記です。ルールの節番号ごとに列記されています。より詳しく知りたい場合、実際の文書を参照してください。

文書全体

 混乱を避けるため、RELという語を開いて「ルール適用度」に置き換えた。

はじめに

 ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのウェブサイトにある公式ファクトシートがイベント規定より優先だと明確化した。

2.5(マッチ終了時の手順)

 イベントのシングルエリミネーション部分でのマッチの勝者は、時間終了後の延長5ターン終了時にチェックすると明確化した。

2.7(デッキ登録)

 デッキリストをイベントのスタッフに提出する期限を明確化した。構築フォーマットのイベントでは第1ラウンドの開始前まで、リミテッド・フォーマットのイベントでは、そのプレイヤー個人が不戦勝を持っていない最初のラウンドまで。

2.11(記録を取ること)

 ルール適用度が一般のイベントでは、プレイヤーは、少しの戦略的情報が含まれていても、マジック・カード・データベース(Gatherer)を参照できる。

3.3(真正カード)

 『異界月』の合体カードのペアの一部であるカードについての記述を追加した。

3.7(新製品の発売)

 新しく発表されたセットの『カラデシュ』と『霊気紛争』についてイベントで使用できる日付を記載した。

3.11(区別できるカード)

 まったく同じ代替カードを用意できなかった場合にデッキ内のカードを置き換えられる基本土地を明確化した(氷雪基本土地や《荒地》はダメ)。

3.15(サイドボード)

 他のプレイヤーのターンをコントロールしても、そのサイドボードを見ることはできなくなった。これは明確化ではなく、ルールの変更である。マジック開発部が求めたもので、マジック開発部上席ディレクターのアーロン・フォーサイス/Aaron Forsytheによる理由は以下の通り。

 ゲーム中に他のプレイヤーのサイドボードを見ることはかなりの時間を無駄にし、かなりの記録を取ることになり、ほとんどの場合は得るものは多くありません。そのため、そしてルールを可能な限り単純に保つため、我々は他のプレイヤーのサイドボードを特別視することにしました。サイドボードを見られなくても、他のプレイヤーをコントロールすることで得られる情報は多く、大打撃を与えることはできます。


4.2(イベントでの手順省略)

 「マリガン後の占術」を慣習的省略の一覧内の占術の省略に含めた。

7.2(リミテッドのイベントでのカードの使用)

 シールド・デッキやドラフトのイベントで、主催者が基本土地を準備している場合にもプレイヤーは自分の基本土地を使うことができると明確化した。

7.5(シールドデッキのカード・プール登録)

 プレイヤーは登録時にカードをソートしなければならないと明確化した。

6.3(スタンダード・フォーマット・デッキ構築)

 新しく発表されたエキスパンションと、それらのこのフォーマットで使用可能になる日付を追加した。

6.4(モダン・フォーマット・デッキ構築)

 新しく発表されたエキスパンションと、それらのこのフォーマットで使用可能になる日付を追加した。

8.4(共同デッキ構築規定)

 チーム構築フォーマットのイベントの共同デッキ構築規定(ここで告知済み)に関する公式更新。基本という特殊タイプを持つカード(あるいはそう明記されているカード)を除いて、チーム内の複数のデッキに同じカードを入れることはできない。

付録D(リミテッドにおいて推奨されるブースターの組み合わせ)

 新エキスパンションの発表に伴うさまざまな更新と追加。

付録F(各プログラムのルール適用度)

 グランプリ・トライアルのルール適用度が競技から一般に変更になった。この変更によって、グランプリ・トライアルに必要なジャッジはレベル1となり、デッキリストは不必要になる(ジャッジや主催者の判断でデッキリストを求めてもよい)。


 これで今回の更新は全てです! マジック・イベント規定に関する質問がある場合、以下のような問い合わせ先をおすすめします。

  • ジャッジに尋ねる。ジャッジはイベント規定関連の質問に関して、喜んで答えてくれることでしょう。
  • ジャッジ・プログラムにはルールの質問をするためのチャット・フォーラムがあります(英語)。
  • ウィザーズ・オブ・ザ・コーストのゲーム・サポートに問い合わせることもできます。詳しくはこちら

スコット・ララビー/Scott Larabee @ScottLarabee

店舗・イベント検索

イベント情報