マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

  • HOME
  • 競技用ルール
  • マジック:ザ・ギャザリング・プレミア・イベント招待ポリシー

競技用ルール

競技用ルール

マジック:ザ・ギャザリング・プレミア・イベント招待ポリシー

 2016年04月24日更新

 2016年12月31日まで有効

はじめに

 この「マジック:ザ・ギャザリング・プレミア・イベント招待ポリシー」(以下「招待ポリシー」)は、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストLLC(「ウィザーズ社」)が本文書の更新日から2016年12月31日23:59(PT)に行うプレミア・マジック:ザ・ギャザリング・イベントならびにそれらへの招待や不戦勝を与える予選イベントへの招待基準と参加資格を表すものである。この文書の最新版は http://wpn.wizards.com/en/document/magic-premier-event-invitation-policy から確認できる。

 プレミア・イベントには以下のものが含まれる(「プレミア・イベント」)。

  • マジック:ザ・ギャザリング世界選手権
  • ワールド・マジック・カップ
  • ワールド・マジック・カップ予選
  • ワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選
  • プロツアー
  • プロツアー地域予選
  • 地域ラストチャンス予選
  • プロツアー予備予選
  • グランプリ
  • グランプリ予選
  • スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップ
  • スーパー・サンデー・シリーズ予選

 招待ポリシーは、複数の言語で公開されている。英語版とそれ以外の版の記述が異なっていた場合、英語版を参照して処理を行なうこと。

 招待ポリシーに関する具体的な質問は、表題に「Invitation Policy Inquiry」と明記してPremierPlay@wizards.comにメールすること。

 ウィザーズ社は、参加資格や招待基準など、招待ポリシーないしプログラムを予告なく停止し、修正し、あるいは変更する権限を専有する。

1. イベント参加資格/Tournament Eligibility

 現在資格停止を受けているプレイヤーが認定イベントに参加したり、プレインズウォーカー・ポイントによる招待や不戦勝を受けたりすることは認められない。

 雇用状況(ウィザーズ社、ハズブロー、その他の被雇用者であるなど)によって、特定の個人が認定イベントに参加することが認められない場合がある。

 イベントは、その参加資格や制限などによって、自由参加イベントと招待選手限定イベントに分類される。自由参加のイベントには、そのプレイヤーが資格停止中でなく、所属国による参加資格を満たしており、マジック・イベント規定に記されている一般のイベント参加資格を満たしており、その自由参加のイベントに関する制限に反していない限り参加が認められる。招待選手限定のイベントに参加できるのは、ウィザーズ社による招待を受け取ったプレイヤーだけである。

2. 招待規範/Invitation Regulations

 招待ポリシーで定められた方法で与えられた招待は、定められた形式でイベント主催者が提出しイベントの結果や報告がウィザーズに確認されたことによってのみ与えられる。

 招待ポリシーで定められた招待は、招待ポリシーに例外が明記されていない限り、他のプレイヤーに譲渡することはできない。招待はその適用されるイベントにのみ適用され、将来のイベントに繰り越すことは出来ない。ある特定のイベントにプレイヤーが参加できるかどうかは、招待ポリシーに定められた条件による。その一例に、そのイベントへの参加資格を満たしていることと、参加者同意書にサインしていることが挙げられる。

 特に招待ポリシーに規定されていない限り、招待は拒否できない。プレイヤーが招待を使用できない(あるいはしない)イベントに関して、その招待が他のプレイヤーに割り当てられることはない。

 招待を受けた場合、当該イベントのイベント招待者リストにおいて名前が掲示されることを理解し、許諾したものとする。イベント招待者リストは、マジック:ザ・ギャザリング公式ウェブサイトにおいて、当該イベントのファクト・シートに記載される。

 招待、不戦勝、それに関連するその他の賞は、完全なイベント結果がウィザーズ社に報告され、受理され、確認されてから与えられる。イベント・スタッフが不正あるいは不正確に招待を発表した場合、ウィザーズ社はその招待や不戦勝その他の賞を差し止める独占的決定権を留保する。調査の結果によって、DCIは招待を取り消すこともあり得る。この種の決定は最終決定であり、上告は認められない。

 この文書に定められた招待資格の中には、プレイヤーがプロツアー・プレイヤーズ・クラブの会員であることを条件とするものがある。プロツアー・プレイヤーズ・クラブに関する情報は、プロツアー・プレイヤーズ・クラブの情報ページから参照すること。この文書に定められた招待資格の中には、プレイヤーがプロツアー殿堂顕彰者であることを条件とするものがある。プロツアー殿堂に関する情報は、プロツアー殿堂の情報ページから参照すること。

 ウィザーズ社は、適宜、他の招待や不戦勝を与える独占的決定権を持つ。

3. 受賞資格/Prize Eligibility

 プレミア・イベントやプロツアー・プレイヤーズ・クラブ会員資格によって、賞金、航空券、宿泊権利(以下「トラベル賞」)という形の賞が与えられることがある。それらの賞は招待ポリシーの規定、またウィザーズ社の定めるその他のポリシーや同意に基づいて与えられる。

 プレイヤーがトラベル賞を与えられた後、当該イベントの前または当該イベント中に資格停止処分を受けた場合、そのプレイヤーは、(1)そのイベントに参加できず、(2)そのトラベル賞は失効する。

 プレイヤーがトラベル賞を受けるには、以下の条件などを満たす必要がある。

  • 特定のプレミア・イベントに参加し、ウィザーズ社あるいは認定されたそのプレミア・イベントのイベント主催者が公表したファクトシートに基づいてそのような賞が与えられる最終成績を収める
  • プロツアー・プレイヤーズ・クラブでそのような賞を得る会員レベルを持つ

 以下のプレミア・イベントにおいて得られる賞金およびトラベル賞は、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社アメリカ本社より贈られる。

  • プロツアー
  • マジック:ザ・ギャザリング世界選手権
  • ワールド・マジック・カップ
  • ワールド・マジック・カップ予選
  • プロツアー地域予選
  • グランプリ
  • スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップ
  • スーパー・サンデー・シリーズ予選

 注:上記の各プレミア・イベントの賞金は、アメリカドル建てである。

 プロツアー・プレイヤーズ・クラブによる賞金および航空券は、ウィザーズ社より贈られる。

 賞金に関して、以下の追加の条件が科せられる。

  • 全ての税金は賞金を受け取った個人の責任である。
  • 賞金を得る前に、受領資格者は以下のものをウィザーズ・オブ・ザ・コースト社に提出しなければならない。

(1)署名済みのConsent and Release Agreement (2)該当する税金に関する書類 (3)本人証明書類 (4)その他ウィザーズ社が求める書類

 受賞権利を持つプレイヤーは、その賞を得たプレミア・イベントの日から数えて1年以内に賞金について主張しなければならない。

 トラベル賞受領資格のあるプレイヤーは、その件について当該プレミア・イベントの開始30日前までにウィザーズ・オブ・ザ・コースト社またはその代理人と連絡し、手配しなければならない。この期日までに手配されなかった航空券は失効する。

 トラベル賞に関して、以下の追加の条件が科せられる。

 賞金に関するあらゆる問い合わせは、 PremierPlay@wizards.com に連絡すること。

 プロツアー・プレイヤーズ・クラブ会員資格で賞金および航空券を受け取ることに関する情報は、プロツアー・プレイヤーズ・クラブの情報ページに記されている。

 プレミア・イベントによってトラベル賞を得ることに関する情報は、トラベル賞FAQに記されている。

 

 ウィザーズ社は、賞金その他の賞の構成を変更したり、交換したりする権限を専有する。

 トラベル賞は以下の条件に従う。

  • 全てのトラベル賞は、ウィザーズ社の決定以外によっては贈与、売買、他のトラベル賞への交換、換金などすることはできない。
  • プレイヤー1人が1回のプレミア・イベントに対して受け取れるトラベル賞は1組だけである。トラベル賞を得ているプレイヤーがさらにトラベル賞を得た場合、その2つめ以降のものは失効する。
  • 税金に関しては、賞金、賞を受け取った個人の責任に帰する。
  • トラベル賞を得る前に、受領資格者は以下のものをウィザーズ・オブ・ザ・コースト社に提出しなければならない。

(1)署名済みのConsent and Release Agreement (2)該当する税金に関する書類 (3)本人証明書類 (4)その他ウィザーズ社が求める書類

  • 航空券は、エコノミーの往復航空券で、ウィザーズ社またはその指定した代理人が選定した航空会社の、プレイヤーの最寄りの国際空港から大会が行なわれる都市までのものであり、日程はそのイベントに従う。
  • トラベル賞を得たプレイヤーは、ウィザーズ社の説明に従い、ウィザーズ社またはその指定した代理人と協力して航空券を予約することに同意したものとする。
  • ウィザーズ社またはその代理人は、該当する大会の日を含むように、航空券の予約を行なう。
  • 宿泊費、食費、チップ、陸上交通、航空便の予約変更手数料など、その他必要な費用は、勝者の自己負担となる。
  • ウィザーズ社の指定した日時に移動しなかった場合、トラベル賞は失効する。
  • ウィザーズ社の書面による事前の許可なく、航空券の日程を変更することは認められない。
  • 具体的な日時、行程については、状況に応じて判断される。
  • トラベル賞を得たものが未成年者(18才未満)の場合、航空券を得ることはできない。その代わりに、ウィザーズ社の算定する、そのプロツアー開催地までの往復航空券の代金に相当する現金を受け取る。この「未成年通過者航空券費」は、そのプレイヤーがそのプロツアーの会場に行って参加した場合にのみ受け取ることができ、その支払いはそのプロツアーにおける他の賞金支払いと一緒に、プロツアーの終了後に行なわれる。

4. 所属国による参加資格/Nationality Eligibility

 招待ポリシーにおいて定める様々なイベントには、そのイベントに参加する、あるいはそのイベントへの招待権利を得るにあたって、所属国による参加資格が定められているものがある。所属国によって制限される参加資格/招待は、以下の物がある。

  • 地域別プレインズウォーカー・ポイント合計によるマジック:ザ・ギャザリング世界選手権への招待
  • 当該国のワールド・マジック・カップ予選への参加資格または招待
  • 当該国のワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選への参加資格
  • ワールド・マジック・カップの当該国代表チームの一員となる資格

 所属国によって制限される参加資格/招待(上記)を決定するにあたって、プレイヤーはその国の市民であるか、前年の1月1日から当該イベントが開催されるかその招待が行われる日まで継続して居住していなければならない。

 プレイヤーのその年の所属国はプレインズウォーカー・ポイント・ウェブサイトでそのプレイヤーのアカウントに登録されている。

 プレイヤーが自身の所属国を変更したい場合、そのプレイヤーは審判請求に関する招待ポリシーの規定(第6節)に従うこと。所属国に関する審判請求は当該イベントの行われる年の3月1日までに受理されなければならない。

 プレイヤーは、1シーズンに1つの国のワールド・マジック・カップ予選、ワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選にしか参加できず、ワールド・マジック・カップでは1つの国の代表チームにしか所属できない。

 訂正のため、ウィザーズ・オブ・ザ・コーストはプレイヤーの所属国をいつでも変更できる。プレイヤーが入賞し、特定国の一員として招待〈その他)を受けた後でそのプレイヤーの所属国上その国を代表する資格を有しないことが判った場合、そのプレイヤーの招待は取り消され、次の有資格プレイヤーに与えられることがある。

 ウィザーズ・オブ・ザ・コーストは所属国別の参加や招待のためにプレイヤーの所属国を決定する最終権限者である。

5. プレインズウォーカー・ポイントによる招待と不戦勝/Planeswalker Points-Based Invitations And Byes

 一部のプレミア・イベントにおいて、プレインズウォーカー・ポイントによる招待や不戦勝が提供されている。プレインズウォーカー・ポイント、プレインズウォーカー・ポイントのカテゴリー、どのイベントがどのカテゴリーにポイントを与えるのかについての詳細は、プレインズウォーカー・ポイント・ウェブサイトのインフォメーション部分を参照のこと。

 招待ポリシー内で(以下で)示す期間の定義は、定期的に更新される。

 プレミア・イベントの招待や不戦勝に関連するプレインズウォーカー・ポイントには2つのカテゴリーが存在する。

i.年間ポイント

 年間ポイントは、ワールド・マジック・カップ予選への招待や同予選での不戦勝を決めるためと、グランプリでの不戦勝を決めるために用いられる。

 年間ポイントのシーズンは、下記に示すシーズン期間内に行われる全ての競技イベント(カジュアル・イベントを含まず、プロツアー、ワールド・マジック・カップ、マジック:ザ・ギャザリング世界選手権を除く)からなる。

 各年間ポイント・シーズンにおいて、必要なだけの年間ポイントを貯めたプレイヤーは、特定年のその国のワールド・マジック・カップ予選への招待を得、あるいは当該予選での不戦勝を得る。

年間ポイント・シーズン期間招待される年
2016年シーズン2015年6月1日~2016年5月29日2016年ワールド・マジック・カップ予選
2017年シーズン2016年5月30日~2017年5月28日2017年ワールド・マジック・カップ予選

 各年間ポイント・シーズンにおいて、必要なだけの年間ポイントを貯めたプレイヤーは、そのシーズンの残りの期間ならびに次の年間ポイント・シーズンに開催される全てのグランプリにおいて、1回戦あるいは2回戦の不戦勝を得る(下記参照)。

年間ポイント・シーズン期間招待される年
2015年シーズン2014年6月2日~2015年5月31日2015年シーズン、2016年シーズン
2016年シーズン2015年6月1日~2016年5月29日2016年シーズン、2017年シーズン
2017年シーズン2016年5月30日~2017年5月28日2017年シーズン、2018年シーズン
ii.プロ・ポイント

 プロ・ポイントは(a)マジック:ザ・ギャザリング世界選手権への招待 (b)ワールド・マジック・カップに招待される国別代表チームの選抜 (c)プロツアー・プレイヤーズ・クラブの会員資格(特定のイベントに関しては以下の表を参照) を決めるのに用いられる。

 プロ・ポイント・シーズンは下記に示すシーズン期間内に行われる全てのプロツアー、グランプリ、ワールド・マジック・カップ、マジック:ザ・ギャザリング世界選手権からなる。2014-2015年プロ・ポイント・シーズンから、プレイヤーの合計に加算されるグランプリは当人の成績上位6イベントだけである。

プロ・ポイント・シーズン期間得られる特典
2014-2015年シーズン2014年8月4日~2015年8月2日2015年世界選手権、2015年ワールド・マジック・カップ、2014-2015年プレイヤーズ・クラブのシーズン中昇格、2015-2016年プレイヤーズ・クラブのシーズン開始時のレベル決定
2015-2016年シーズン2015年8月3日~2016年8月7日2016年世界選手権、2016年ワールド・マジック・カップ、2015-2016年プレイヤーズ・クラブのシーズン中昇格、2016-2017年プレイヤーズ・クラブのシーズン開始時のレベル決定
2016-2017年シーズン2016年8月8日~2017年7月30日2017年世界選手権、2017年ワールド・マジック・カップ、2016-2017年プレイヤーズ・クラブのシーズン中昇格、2017-2018年プレイヤーズ・クラブのシーズン開始時のレベル決定

 プロ・ポイントが与えられるのは、各イベントの最終日、最終順位が決定した後であるが、招待が発生する場合はその前である。特定のイベントで実際にプレイしたプレイヤーだけが、そのイベントのプロ・ポイントを得る。プロ・ポイントは付録Bのプロ・ポイント表に基づいて与えられる。

6. 審判請求/Appeals

 プレイヤーが、招待や不戦勝に悪影響を与えるようなマッチ記録の誤りがあると確信した場合、以下の方法でウィザーズ社に公式に審判請求をすることができる。

i.プレインズウォーカー・ポイントに関する審判請求

 プレインズウォーカー・ポイントによる招待や不戦勝に関する審判請求のための申請は、当該イベントの開始する4週間前までにウィザーズ社に届いていなければならない。

 プレインズウォーカー・ポイントに関する審判請求の詳細については、マジック・イベント審判請求ポリシーに記載されている。

 プレインズウォーカー・ポイントに関する審判請求は、プレインズウォーカー・ポイント・イベント審判請求フォームから行なう。当該フォームにアクセスするためには、プレインズウォーカー・ポイント・アカウントへのログインが必要である。

ii.プロツアー・プレイヤーズ・クラブ・レベルに関する審判請求

 プロツアー・プレイヤーズ・クラブ・レベルによる招待や不戦勝に関する審判請求は、その大会が開始する10日前までに書面で届いていなければならない。

 プロツアー・プレイヤーズ・クラブ・レベルに関するプレイヤーからの審判請求は、ウィザーズ社のカスタマー・サービス(http://wizards.custhelp.com/)から(英語で)行なうことができる。その場合、表題に「Pro Tour Playeres Club Inquiry」と明記すること。

iii.所属国による参加資格に関する審判請求

 (第4節に規定されている)所属国による参加資格に関して、プレイヤーが現在の所属国を変更する場合、その変更が影響するイベントが行なわれる年の3月1日までに書面で届いていなければならない。

 プレイヤーはその変更を請求する理由について詳細に示すべきである。

 所属国に関する審判請求のためには、プレイヤーは、その国の市民であるか、その国に前年の1月1日から当該イベントに参加するか招待を受けるかする日まで居住しているかのどちらかでなければならない。

例:アメリカ合衆国の国籍(と市民権)を持つプレイヤーが日本に引っ越すとする。そのプレイヤーが日本で2016年のワールド・マジック・カップ予選に参加できるように所属国を更新するためには、そのプレイヤーは2015年1月1日から継続して日本に居住していなければならない。また、その審判請求が有効になるためには、2016年3月1日までに請求が行われなければならない。

 所属国による参加資格に関する審判請求は、ウィザーズ・ヘルプ・システム(http://www.wizards.com/customerservice )から(英語で)行なうことができる。その場合、表題に「Nationality Eligibility Appeal」と明記すること。

 その請求が通った場合、変更は永続的なものとなる。

 これらの審判請求に関するウィザーズ社の決定は最終決定であり、上告は認められない。認定イベントに参加することにより、プレイヤーは、ウィザーズ社が独占的に決定するそれらの決定に従うことに同意したものとする。

7. 最優秀選手賞と最優秀新人賞/Player of the Year and Rookie of the Year

 プロ・ポイント・シーズンを通して最も多くのプロ・ポイントを得たプレイヤーは、最優秀選手賞を得る。2人のプレイヤーが同点であった場合、最優秀選手賞を定めるための1マッチによる決勝戦が行なわれる。

 それまでのプロ・ポイント・シーズンに一度もプロツアーやワールド・マジック・カップ、マジック:ザ・ギャザリング世界選手権に参加したことのないプレイヤーの中でプロ・ポイント・シーズンを通して最も多くのプロ・ポイントを得たプレイヤーは、最優秀新人賞を得る。2人のプレイヤーが同点であった場合、最優秀新人賞を定めるための1マッチによる決勝戦が行なわれる。

8. マジック:ザ・ギャザリング世界選手権/Magic: the Gathering World Championship

 マジック:ザ・ギャザリング世界選手権は、招待選手限定のイベントである。マジック:ザ・ギャザリング世界選手権への招待を受けるには、以下の基準を満たさなければならない。

招待基準

 2016年のマジック:ザ・ギャザリング世界選手権の招待選手は、以下の基準を満たしたプレイヤーである。

  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズンの4つのプロツアーの優勝者
  • 2015年マジック:ザ・ギャザリング・世界王者
  • 2015年Magic Online王者
  • 2015-2016年最優秀選手
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズンの第2プロツアー直後の時点で(2015年マジック世界選手権で得た点数を除く)最大のプロ・ポイントを得ていたプレイヤー。複数のプレイヤーが同点だった場合、以下のタイブレーカーに従う。
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン直後の時点で、プロツアーでトップ8に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン直後の時点で、グランプリでトップ8(チーム戦ではトップ4)に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン直後の時点で、プロツアーでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン直後の時点で、個人戦グランプリでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン終了時のプロ・ポイントにおける、北米地域上位4名、ヨーロッパ地域上位3名、アジア太平洋地域上位3名、南米地域上位2名。複数のプレイヤーが同点だった場合、以下のタイブレーカーに従う。
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでトップ8に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリでトップ8(チーム戦ではトップ4)に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内の個人戦グランプリでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2016年年間ポイント・シーズン終了時の年間ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリで得たプロ・ポイントが最も多いプレイヤー。複数のプレイヤーが同点だった場合、以下のタイブレーカーに従う。
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリで優勝した回数が多い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリでトップ8(チーム戦ではトップ4)に入賞した回数が多い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン終了時の全世界ランキングが高い
  • 2016年年間ポイント・シーズン終了時の年間ポイントが高い
  • プロツアー殿堂顕彰者のうちで2015-2016年プロ・ポイント・シーズン終了時のランキングがもっとも高いプレイヤー。複数のプレイヤーのプロ・ポイントが同じだった場合、以下のタイブレーカーに従う。
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでトップ8に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリでトップ8(チーム戦ではトップ4)に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内の個人戦グランプリでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2016年年間ポイント・シーズン終了時の年間ポイントが高い
  • 2015-2016年シーズンのプロツアーの、構築・スイス式ラウンドにおいて得たマッチ・ポイントが最も多いプレイヤー。複数のプレイヤーが同点だった場合、以下のタイブレーカーに従う。
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズンの終了時点でプロ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでトップ8に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリでトップ8(チーム戦ではトップ4)に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内の個人戦グランプリでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2016年年間ポイント・シーズン終了時の年間ポイントが高い
  • 2015-2016年シーズンのプロツアーの、ドラフト・スイス式ラウンドにおいて得たマッチ・ポイントが最も多いプレイヤー。複数のプレイヤーが同点だった場合、以下のタイブレーカーに従う。
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズンの終了時点でプロ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでトップ8に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリでトップ8(チーム戦ではトップ4)に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内の個人戦グランプリでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2016年年間ポイント・シーズン終了時の年間ポイントが高い

 注:上記の複数の基準を満たしたプレイヤーがいる場合も、招待は繰り下がらない。複数の基準を満たしているプレイヤーが属する招待基準の分は、以下に定める全体代表の枠が追加される。

  • 上記の基準に当てはまらないプレイヤーのうち、2015-2016年プロ・ポイント・シーズン終了時の全世界におけるプロ・ポイント最上位プレイヤーを、2016年マジック:ザ・ギャザリング世界選手権招待選手が合計24人になるまで。この招待枠を全体代表と呼ぶ。複数のプレイヤーが同点だった場合、以下のタイブレーカーに従う。
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでトップ8に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリでトップ8(チーム戦ではトップ4)に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内の個人戦グランプリでの最多マッチ・ポイントが高い
  • 2016年年間ポイント・シーズン終了時の年間ポイントが高い

注:マジック:ザ・ギャザリング世界選手権ならびにワールド・マジック・カップは、プロツアーではない。

 各地域に属する国の一覧は、付録Aを参照のこと。

9. ワールド・マジック・カップ/World Magic Cup

 ワールド・マジック・カップは招待選手限定のチーム戦イベントである。招待選手は各国代表の4人チームを編成して対戦する。参加資格を有する国の一覧は、付録Cを参照。

所属国による参加資格

 特定国のワールド・マジック・カップの国別代表チームに参加する資格を有するプレイヤーは、プレインズウォーカー・ポイント・ウェブサイトにおいてその国を所属国としていると記されているプレイヤーだけである。詳細については、第4節「所属国による参加資格」を参照のこと。

招待基準

 2016年ワールド・マジック・カップの国別代表チームは、以下のプレイヤーによって構成される。

  • その国で行なわれた3つの2016年ワールド・マジック・カップ予選の優勝者
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズンの終了時の、その国のプロ・ポイント最上位プレイヤー(その国の「2016年国別王者」と呼ぶ)。2人以上のプレイヤーが同点だった場合、以下のタイブレイカーに従う。
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでトップ8に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のグランプリでトップ8(チーム戦の場合トップ4)に多く入賞している
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内のプロツアーでの最多獲得マッチ・ポイントが多い
  • 2015-2016年プロ・ポイント・シーズン内の個人戦グランプリでの最多獲得マッチ・ポイントが多い
  • 2016年年間シーズン終了時の年間ポイントが高い

注:マジック:ザ・ギャザリング世界選手権ならびにワールド・マジック・カップは、プロツアーではない。

 2016年国別王者が所属国上でその国を代表する資格を持たないと判明した場合、そのプレイヤーの招待は2015-2016年プロ・ポイント・シーズン終了時にその次の順位であったプレイヤーに与えられる。

 ワールド・マジック・カップ予選の優勝者が所属国上でその国を代表する資格を持たないと判明した場合、そのプレイヤーの招待はそのワールド・マジック・カップ予選で次の順位であったプレイヤーに与えられる。

招待の繰り下げ

 ワールド・マジック・カップ予選の優勝者が国別代表チームの国別王者になった場合、そのワールド・マジック・カップ予選において次点であったプレイヤーにワールド・マジック・カップへの招待が与えられる。ワールド・マジック・カップ予選の優勝者がワールド・マジック・カップに参加できない場合、そのプレイヤーの得るべき招待はそのワールド・マジック・カップ予選における次の順位のプレイヤーに与えられる。

 201年国別王者がワールド・マジック・カップに参加できない場合、そのプレイヤーの得るべき招待は2015-2016年プロ・ポイント・シーズン終了時の次の順位のプレイヤーに与えられる。

 2016年ワールド・マジック・カップへの招待の繰り下げについては、2016年10月17日までにウィザーズ・オブ・ザ・コーストに提出されなければならない。

10. ワールド・マジック・カップ予選/World Magic Cup Qualifier

 ワールド・マジック・カップ予選は招待選手限定のイベントである。このプレミア・イベントは、ワールド・マジック・カップに代表チームを参加させる資格を持つ国においてのみ開催される。

参加資格

 すでにワールド・マジック・カップへの招待を受けているプレイヤーは、その年のワールド・マジック・カップへの招待選手を決めるワールド・マジック・カップ予選には参加できない。

所属国による参加資格

 特定国のワールド・マジック・カップ予選に参加する資格を有するプレイヤーは、プレインズウォーカー・ポイント・ウェブサイトにおいてその国を所属国としていると記されているプレイヤーで、条件を満たしているプレイヤーだけである。ワールド・マジック・カップ予選やワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選に参加したプレイヤーは、その年の間、他の国でワールド・マジック・カップ予選やワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選に参加することは(ワールド・マジック・カップの代表チームに参加することも)できない。詳細については、第4節「所属国による参加資格」を参照のこと。

招待基準

 各国の2016年ワールド・マジック・カップ予選への招待者は、以下の条件による。

  • 2016年年間ポイント・シーズンで、その国ごとに定められた必要最低点を得ているプレイヤー。国ごとの必要なポイントは付録D参照。
  • そのワールド・マジック・カップ予選開催日に、プロツアー・プレイヤーズ・クラブのシルバー、ゴールド、プラチナ・レベルを持つ、その国のプレイヤー。
  • その国のプレイヤーであるプロツアー殿堂顕彰者。
  • そのワールド・マジック・カップ予選直前のワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選の優勝者。

 2016年ワールド・マジック・カップ予選が開かれる予定の国および各国の必要最低点については付録C参照。

ワールド・マジック・カップ予選の不戦勝資格

 以下の条件を満たすプレイヤーは、ワールド・マジック・カップ予選で不戦勝を受けることがある。

  • そのワールド・マジック・カップ予選開催日に、プロツアー・プレイヤーズ・クラブのゴールド、プラチナ・レベルを持つ、その国のプレイヤー。
  • その国のプレイヤーであるプロツアー殿堂顕彰者。
  • 十分な量の年間ポイントを得ているその国のプレイヤー。
ワールド・マジック・カップ予選の不戦勝の制限

 プレイヤーは、ワールド・マジック・カップ予選において1~2回戦の不戦勝を得ることがある。不戦勝はそのワールド・マジック・カップ予選でも、他のワールド・マジック・カップ予選にも累積されない。不戦勝の繰り下げはなく、また譲ることも認められない。不戦勝は次のワールド・マジック・カップ予選に持ち越すことはできない。複数の理由によって不戦勝を得る場合、そのもっとも大きい数字の不戦勝だけが有効となる。

 プレイヤーが不戦勝を受けた場合、各ラウンドで3点のマッチ・ポイントを得る。そのプレイヤーのオポネント・マッチ・ウィン・パーセンテージの計算には含まない。不戦勝を得ているプレイヤーは、そうでないプレイヤーに比べてタイブレイカー上有利になることになる。

ワールド・マジック・カップ予選の不戦勝

 ワールド・マジック・カップ予選におけるプレインズウォーカー・ポイントによる不戦勝は、そのワールド・マジック・カップ予選が開かれている年の年間ポイントにもとづいて与えられる。詳細な情報については、第5節「プレインズウォーカー・ポイントによる招待と不戦勝」を参照。

ワールド・マジック・カップ予選年不戦勝決定に用いられるシーズン
20162016年年間ポイント・シーズン
20172017年年間ポイント・シーズン

 各年間ポイント・シーズン中に、必要な年間ポイントに達したプレイヤーは、その年に開催される各ワールド・マジック・カップ予選において1不戦勝を得る。各国で1不戦勝を得るために必要な点数は、付録Cを参照。

 また、プレイヤーは、(ワールド・マジック・カップ予選開催日の)プロツアー・プレイヤーズ・クラブのレベルに基づく不戦勝を得る。

不戦勝プロツアー・プレイヤーズ・クラブのレベル
ゴールド
プラチナ

 プロツアー殿堂顕彰者は、各ワールド・マジック・カップ予選で1回戦の不戦勝を得る。

11. ワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選/World Magic Cup Qualifier Last Chance Qualifier

 ワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選は、自由参加のイベントである。

 ワールド・マジック・カップ予選の直前には、ワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選(「WMCQラストチャンス予選」)と呼ばれる一連のイベントが行われる。各ワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選の優勝者は、予選への招待を得る。

参加資格

 既にそのワールド・マジック・カップやそのワールド・マジック・カップ予選への参加資格を有するプレイヤーは、ワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選には参加できない。

所属国による参加資格

 各国のワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選は、プレインズウォーカー・ポイント・ウェブサイトにおいてその国を所属国としていると記されているプレイヤーだけが参加できる。ワールド・マジック・カップ予選やワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選に参加したプレイヤーは、その年の間、他の国でワールド・マジック・カップ予選やワールド・マジック・カップ予選ラストチャンス予選に参加することは(ワールド・マジック・カップの代表チームに参加することも)できない。詳細については、第4節「所属国による参加資格」を参照のこと。

12. プロツアー/Pro Tour

 プロツアーは、招待選手限定のイベントである。

招待基準

 プロツアーへの招待は、以下の基準による。

  • 当該プロツアーの地域予選(参加人数128人以下)の上位4名(2016年8月8日までに開催されるプロツアー)
  • 当該プロツアーの地域予選(参加人数129人以上)の上位8名(2016年8月8日までに開催されるプロツアー)
  • 当該プロツアーの地域予選の上位4名(2016年8月8日以降に開催されるプロツアー)
  • 当該プロツアーのMagic Online Regional Pro Tour Qualifierの上位8名
  • 当該プロツアーへの招待を与える、Magic Online Qualifier Finalの優勝者
  • 当該プロツアーへの招待を与える、Magic Online Championship Series(MOCS) tournamentの優勝者
  • 当該プロツアーへの招待を与える個人戦グランプリでの上位8人と、マッチ・ポイント39点以上を得た、上位8人に入らなかったプレイヤー。
  • 当該プロツアーへの招待を与えるチーム戦グランプリでの上位4チームのメンバー各3人と、マッチ・ポイント36点以上を得た、上位4チームに入らなかったチームのメンバー各3人。
  • 当該プロツアーへの招待を与える、当該「シリーズ式」イベントの優勝者
  • 直前のプロツアーで、マッチ・ポイント33点以上を得たプレイヤー
  • ワールド・マジック・カップにおいて8位までに入賞した国別代表チームのメンバー各4人(ワールド・マジック・カップ直後の直後のプロツアーに限る)
  • プロ・ポイント・シーズンの開始後にプロツアー・プレイヤーズ・クラブのシルバー・レベルに昇格したプレイヤーは、そのプロ・ポイント・シーズン内に行われる昇格の次のプロツアーに招待される。そのプレイヤーが既にそのプロツアーへの招待を得ていた場合、あるいはそのプロツアーに参加しないことを選んだ場合、この招待はそのプロ・シーズン内の次のプロツアーに順延される。この招待は、プレイヤーがこの招待を得たプロ・シーズンの終わり以降には順延されない。
  • プロ・ポイント・シーズンをプロツアー・プレイヤーズ・クラブのシルバー・レベルとして始めたプレイヤーは、そのシーズンの最初のプロツアーへの招待を得る。そのプレイヤーが既にそのプロツアーへの招待を得ていた場合、この招待はそのプロ・シーズン内の次のプロツアーに順延される。この招待は、プレイヤーがこの招待を得たプロ・シーズンの終わり以降には順延されない。
  • そのプロツアーの日にプロツアー・プレイヤーズ・クラブのゴールド・レベルまたはプラチナ・レベルであるプレイヤー。プロツアー・プレイヤーズ・クラブのゴールド・レベルまたはプラチナ・レベルのプレイヤーがプロツアーに参加しなかった場合、そのプロツアーへの招待が次のシーズンに順延されることはない。
  • プロツアー殿堂顕彰者であるプレイヤー。

(注:上記のプロツアーへの招待基準において、繰り下がりは発生しない。)

13. プロツアー地域予選/Regional Pro Tour Qualifiers

 各プロツアーの前には、プロツアー地域予選と呼ばれる一連のイベントが行なわれる。プロツアー地域予選は、特定のプロツアーへの招待を賭けた、招待選手限定のイベントである。

 特定ラウンドのプロツアー地域予選への招待を得たプレイヤーは、そのプロツアー地域予選期間にはプロツアー地域予選1つでだけプレイできる。

プロツアー地域予選参加資格

 以下に示すプレイヤーは、当該プロツアーへの招待を与えるプロツアー地域予選(ならびにMagic Online Pro Tour Qualifiers Prelims、Finals)に参加することはできない。

  • 当該プロツアーへの招待を与えるプロツアー地域予選に既に参加したプレイヤー
  • 当該プロツアーへの招待を与えるMagic Online Pro Tour Qualifier Finalに優勝したプレイヤー
  • 当該プロツアーへの招待を与えるagic Online Championship Series(MOCS)tournamentで優勝したプレイヤー。
  • 当該プロツアーへの招待を与える個人戦グランプリで上位8位に入賞したか、マッチポイントを39点以上獲得したプレイヤー
  • 当該プロツアーへの招待を与えるチーム戦グランプリで上位4位に入賞したか、マッチポイントを36点以上獲得したチームのメンバー各3人
  • 当該プロツアーへの招待を与えるプロツアーで33点以上のマッチ・ポイントを獲得したプレイヤー
  • 当該プロツアー直前に開催されたワールド・マジック・カップにおいて上位8位に入賞した国別代表チームのメンバー
  • (そのプロツアー予選の日に)プロツアー・プレイヤーズ・クラブのゴールド・レベルまたはプラチナ・レベルのプレイヤー。ただし次のプロ・ポイント・シーズンのプロツアーへの招待を与えるプロ・ポイント・シーズンに開催されるプロツアー地域予選においては、現在のプロ・ポイント・シーズンにおけるプロ・ポイントが翌シーズンのゴールド・レベルの条件(プロ・ポイント33点)を満たしていない場合、プロツアー地域予選に参加してもよい。
  • プロツアー殿堂顕彰者
招待基準

 プロツアー地域予選への招待は、以下の基準による。

  • その時期のプロツアー地域予選への招待を与えるプロツアー予備予選で優勝したプレイヤー
  • 直前のプロツアー地域予選ラウンドに開催された参加者数が128人以下のプロツアー地域予選で5位~8位に入賞したプレイヤー(2016年6月6日までに開催されるプロツアー地域予選に関して)
  • 直前のプロツアー地域予選ラウンドに開催されたプロツアー地域予選で1位~8位に入賞したプレイヤー(2016年6月6日以降に開催されるプロツアー地域予選に関して)
  • そのプロツアー地域予選の直前に行われた地域ラストチャンス予選で優勝したプレイヤー
  • (そのプロツアー地域予選の日に)プロツアー・プレイヤーズ・クラブのシルバー・レベルのプレイヤー

(注:上記のプロツアー地域予選への招待基準において、繰り下げは行われない)

14. 地域ラストチャンス予選/Regional Last Chance Qualifier

 地域ラストチャンス予選は、自由参加のイベントである。

 プロツアー地域予選の直前に、地域ラストチャンス予選と呼ばれるイベントが開催されることがある。各地域ラストチャンス予選の優勝者は、その直後に開催されるプロツアー地域予選への招待を得る。

一般参加資格

 既に当該プロツアー地域予選への参加資格を持っているプレイヤーは、地域ラストチャンス予選には参加できない。

15. プロツアー予備予選/Preliminary Pro Tour Qualifiers

 各プロツアー地域予選ラウンドに先行して、プロツアー予備予選と呼ばれる一連のイベントが行われる。プロツアー予備予選は、特定ラウンドのプロツアー地域予選への招待を賭けた、自由参加のイベントである。

プロツアー予備予選参加資格

 以下に示すプレイヤーは、当該ラウンドのプロツアー地域予選への招待を与えるプロツアー予備予選に参加することはできない。

  • 当該ラウンドのプロツアー地域予選への招待を与えるプロツアー予備予選に既に優勝したプレイヤー
  • 直前のプロツアー地域予選ラウンドに開催された参加者数が128人以下のプロツアー地域予選で5位~8位に入賞したプレイヤー(2016年6月6日までに開催されるプロツアー地域予選への招待を与えるプロツアー予備予選について)
  • 直前のプロツアー地域予選ラウンドに開催された参加者数が128人以下のプロツアー地域予選で1位~8位に入賞したプレイヤー(2016年6月6日以降に開催されるプロツアー地域予選への招待を与えるプロツアー予備予選について)
  • (そのプロツアー予備予選の日に)プロツアー・プレイヤーズ・クラブのシルバー・レベル、ゴールド・レベル、プラチナ・レベルのプレイヤー。ただし次のプロ・ポイント・シーズンのプロツアーへの招待を与えるプロ・ポイント・シーズンに開催されるプロツアー地域予選への招待を与えるプロツアー予備予選においては、現在のプロ・ポイント・シーズンにおけるプロ・ポイントが翌シーズンのシルバー・レベルの条件(プロ・ポイント18点)を満たしていない場合、プロツアー予備予選に参加してもよい。
  • プロツアー殿堂顕彰者

 認定イベントに参加できる、それ以外のプレイヤーは、プロツアー予備予選に参加することができる。

16. グランプリ/Grand Prix

 グランプリは自由参加のイベントである。

グランプリにおける不戦勝基準

 以下の条件を満たすプレイヤーは、個人戦グランプリにおいて不戦勝を得ることがある。

  • グランプリ・トライアルで優勝したプレイヤー(Magic Online グランプリ・トライアルを含む)
  • 年間ポイントの高いプレイヤー
  • プロツアー・プレイヤーズ・クラブの特定のレベルを持つプレイヤー
  • プロツアー殿堂顕彰者
グランプリにおける不戦勝の制限

 プレイヤーは、個人戦グランプリにおいて1~3回戦の不戦勝を得ることがある。不戦勝はそのグランプリでも、他のグランプリにも累積されない。不戦勝の繰り下げはなく、また譲ることも認められない。不戦勝は次のグランプリに持ち越すことはできない。複数の理由によって不戦勝を得る場合、そのもっとも大きい数字の不戦勝だけが有効となる。

 プレイヤーが不戦勝を受けた場合、各ラウンドで3点のマッチ・ポイントを得る。そのプレイヤーのオポネント・マッチ・ウィン・パーセンテージの計算には含まない。不戦勝を得ているプレイヤーは、そうでないプレイヤーに比べてタイブレイカー上有利を得ることになる。

 チーム戦グランプリでチームが不戦勝を得ることはない。

個人戦グランプリにおける不戦勝

 プレインズウォーカー・ポイントによる不戦勝は、特定の時期に行なわれるグランプリ全ての不戦勝を与えることになっている年間ポイント・シーズンに基づいて与えられる。詳細については、第5節「プレインズウォーカー・ポイントによる招待と不戦勝に関する招待ポリシーの規定」を参照のこと。

グランプリの期日不戦勝を与えるために用いるシーズン
2015年6月1日~2016年5月29日2015年間ポイント・シーズン、2016年間ポイント・シーズン
2016年5月30日~2017年5月28日2016年間ポイント・シーズン、2017年間ポイント・シーズン

 各年間ポイント・シーズンにおいて、必要なだけの年間ポイントを貯めたプレイヤーは、そのシーズンの残りの期間ならびに次の年間シーズンに開催される全ての個人戦グランプリにおいて、1回戦あるいは2回戦の不戦勝を得る。

不戦勝必要な期間ポイント
11300
22250

 プレイヤーは、(当該グランプリ当日付の)プロツアー・プレイヤーズ・クラブのレベルに応じた不戦勝を得る。

不戦勝レベル
2シルバー
3ゴールドまたはプラチナ

 プロツアー殿堂顕彰者は、グランプリにおいて 3回戦の不戦勝を得る。

17. グランプリ・トライアル/Grand Prix Trials

 グランプリ・トライアルは自由参加のイベントである。

 各個人戦グランプリの前には、グランプリ・トライアルと呼ばれる一連のイベントが行なわれる。グランプリ・トライアルの優勝者には、当該グランプリにおける2回戦の不戦勝が与えられる。

 チーム戦グランプリのためのグランプリ・トライアルは行われない。

18. スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップ/Super Sunday Series Championship

 スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップは、招待選手のみによるイベントである。

招待基準

 スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップへの招待は、以下の条件による。

  • 当該スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップへの招待を与える、スーパー・サンデー・シリーズ予選の優勝者

19. スーパー・サンデー・シリーズ予選/Super Sunday Series Qualifier

 スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップに先行して、スーパー・サンデー・シリーズ予選と呼ばれる予選イベントが開催される。スーパー・サンデー・シリーズ予選は当該スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップへの招待を与える。スーパー・サンデー・シリーズ予選は自由参加のイベントである。

スーパー・サンデー・シリーズ予選参加資格

 以下のプレイヤーは、当該スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップへの招待を与えるスーパー・サンデー・シリーズ予選には参加できない。

  • 当該スーパー・サンデー・シリーズ・チャンピオンシップへの招待を与えるスーパー・サンデー・シリーズ予選に既に優勝したプレイヤー

20. その他のイベント/Other Tournament

 上記の他のマジックのイベントからは、招待ポリシーに定めた大会に関して、直接の招待、不戦勝、賞金、トラベル賞は発生しない。

付録A─各地区の国名リスト
アジア太平洋(APAC)

 オーストラリア、バングラデシュ、カンボジア、中国、香港、インド、インドネシア、日本、ラオス、マカオ、マレーシア、ミクロネシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム

ヨーロッパ

 アフガニスタン、アルバニア、アンドラ、アルメニア、オーストリア、ベラルーシ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ボツワナ、ブルネイ・ダルサラーム、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ共和国、デンマーク、イングランド、エストニア、フェロー諸島、フィンランド、フランス、フランス領ポリネシア、ドイツ、ジブラルタル、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、アイルランド、イスラエル、イタリア、カザフスタン、クウェート、ラトビア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルクセンブルク、マケドニア、マルタ、マイヨット、モンテネグロ、ナミビア、オランダ、オランダ領アンティル、北アイルランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、ルーマニア、ロシア連邦、サンマリノ、スコットランド、セネガル、セルビア、スラブ共和国、スロヴェニア、南アフリカ、スペイン、スワジランド、スウェーデン、スイス、トルコ、ウクライナ、アラブ首長国連邦、バチカン市国、ヴァージン諸島(イギリス領)、ウェールズ

中南米

 アルゼンチン、バルバドス、ボリビア、ブラジル、ケイマン諸島、チリ、コロンビア、コスタリカ、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドル、グアドループ、グアテマラ、ホンジュラス、ジャマイカ、メキシコ、ニカラグア、パナマ、パラグアイ、ペルー、トリニダード・トバゴ、ウルグアイ、ベネズエラ

北米

 アメリカ領サモア、バーレーン、バミューダ、カナダ、イラク、プエルトリコ、アメリカ合衆国、ヴァージン諸島(アメリカ領)

付録B―プロ・ポイント
個人戦グランプリ*
順位(トップ8)プロ・ポイント
18
26
3-45
5-84
マッチ・ポイント(9位以下)プロ・ポイント
39点以上4
36点-38点3
33点-35点2
30点-32点1
0点-29点0
チーム戦グランプリ*
順位(トップ4)プロ・ポイント
16
25
3-44
マッチ・ポイント(5位以下)プロ・ポイント
34点以上4
33点3
31点-32点2
30点1
0点-29点0

 * 各プレイヤーの参加したグランプリの中で成績が上位だったもの6つだけがプロ・ポイント合計に加算される。

プロツアー
順位(トップ8)プロ・ポイント
130
226
3-422
5-818
マッチ・ポイント(9位以下)プロ・ポイント
36点以上15
35点12
34点11
33点10
32点8
31点7
30点6
28点-29点5
27点4
0点-27点3
ワールド・マジック・カップ
順位得点
18
27
3-46
5-85
9-164
17-323
33-2
マジック:ザ・ギャザリング世界選手権
スイス・ラウンドで1マッチ勝つごとに1プロ・ポイント
トップ4の決勝ラウンドで1マッチ勝つごとに2プロ・ポイント
負けや引き分けの場合、プロ・ポイントは得られない
付録C―ワールド・マジック・カップ参加国

 2016年ワールド・マジック・カップに代表チームを出場させることができる国は以下の通りである。国名の後に記されている数字は、2016年ワールド・マジック・カップ予選に出場するため、あるいは不戦勝を得るために必要な2016年ポイントである。

 2016年5月2日までに、必要ポイントに到達したプレイヤーが50人に満たないか、WPNアドバンス・レベルの店舗が存在しない場合、その国はこの一覧から削除され、2016年ワールド・マジック・カップへの参加は認められず、2016年ワールド・マジック・カップ予選は開催されない。

国名招待必要点1不戦勝必要点
アルゼンチン3003000
オーストラリア3003000
オーストリア3003000
ベラルーシ1001500
ベルギー3003000
ボリビア1001500
ブラジル3003000
ブルガリア1001500
カナダ5004000
チリ2002400
中国3003000
台湾2002400
コロンビア1001500
コスタリカ1001500
クロアチア1001500
キプロス1001500
チェコ共和国3003000
デンマーク2002400
ドミニカ共和国1001500
エクアドル1001500
エルサルバドル1001500
イングランド3003000
エストニア1001500
フィンランド2002400
フランス5004000
ドイツ5004000
ギリシャ3003000
グアテマラ1001500
香港2002400
ハンガリー2002400
アイスランド1001500
インドネシア1001500
アイルランド1001500
イスラエル1001500
イタリア5004000
日本5004000
ラトビア1001500
リトアニア1001500
ルクセンベルク1001500
マケドニア1001500
マレーシア2002400
マルタ1001500
メキシコ3003000
オランダ3003000
ニュージーランド2002400
北アイルランド1001500
ノルウェー2002400
パナマ1001500
パラグアイ1001500
ペルー1001500
フィリピン3003000
ポーランド3003000
ポルトガル3003000
プエルトリコ1001500
ルーマニア1001500
ロシア連邦3003000
スコットランド1001500
セルビア1001500
シンガポール2002400
スロヴァキア2002400
スロベニア1001500
南アフリカ2002400
韓国2002400
スペイン5004000
スウェーデン3003000
スイス2002400
タイ2002400
トルコ1001500
ウクライナ2002400
アメリカ合衆国5004000
ウルグアイ1001500
ベネズエラ1001500
ウェールズ1001500
All trademarks are property of Wizards of the Coast LLC in the U.S.A. and other countries. (C)2016 Wizards.

店舗・イベント検索

イベント情報