マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト

読み物

ウィザーズプレイネットワーク通信


ご注意:本記事は掲載当時の情報をもとに制作されたものです。現在の制度・プログラムと異なる場合がありますので、最新の情報は ウィザーズプレイネットワーク 公式サイト を必ずご確認ください。

2013.03.27

WPN通信 #142:続々到着!新セット情報&『ダブマリ3キル』回答発表


 みなさんこんにちは。
 先週末にアメリカのボストンで開催された「PAX East」というゲームイベントにマジックが出展し、イベント内にて今秋に発売される大型セットや、5月に発売される『ドラゴンの迷路』について発表がありました。


■9月発売の大型セットは『テーロス』

テーロス ロゴ

 まずは今秋に発売される大型セットについてですが、以前はコードネーム「"Friends"」という呼び方をされていたセット名が『テーロス/THEROS』と発表され、同様にコードネームだった第2セット「"Romans"」が『Born of the Gods』、第3セット「"Countrymen"」が『Journey Into Nyx』と正式名称が発表されました。
 発表に伴い、アイルランドのダブリンで行われるプロツアーが、プロツアー"Friends"の仮称から、プロツアー「テーロス」と正式名称に変わり、同様にプロツアー予選も正式名称に変更になります。

 『テーロス』ブロック発表

/

 公開された画像にもいろいろ想像が膨らみますが、今後の発表に期待しましょう!


■『ドラゴンの迷路』新情報

 もうひとつの発表は、5月3日に発売される『ドラゴンの迷路』についてのものです。
 WPN通信 第134回にて『ドラゴンの迷路』ブースターパックには基本土地カードが入る枠にギルド門や「ショックランド」が入るとご紹介しましたが、『ドラゴンの迷路』に収録されるギルド門のイラストは、『ラヴニカへの回帰』と『ギルド門侵犯』の各ギルド門のイラストをズームアウトしたものになると発表されました。

/

 ギルド門のイラストが新しくなり、それが以前のギルド門のズームアウトしたものだと、わざわざイベントで発表するのは何か理由が...?

/

 以前にはフレーバーテキストに秘密が隠されていた「ギルド門」なので、なにか勘ぐりたくなってしまいますね。
 ただの勘ぐりで終わるのか、本当に仕掛けがあるのかは謎ですが、まだまだ目が離せそうにないのは事実なようです。続報があり次第、WPN通信でもお伝えしますのでお待ちください!


■ワールド・マジック・カップ予選、参加権利獲得者

/

 各地で行われるワールド・マジック・カップ予選に参加するためのプレインズウォーカー・ポイントの集計が締め切られ、予選参加権利獲得者一覧が発表されました。

 ワールド・マジック・カップ予選権利獲得者一覧(長大なページのため、読み込みに時間がかかります)

 日本の予選には、2012年4月2日~2013年3月17日の間にプレインズウォーカーポイントを500ポイント以上貯めた方のみが参加できます。ワールド・マジック・カップ予選に参加をお考えの方は、ご自分のお名前があるかご確認ください。
 計算上は権利を獲得しているはずでも、ご自分のお名前が一覧にない方は予選に参加できないことがあります。
 まずはご自分の対戦記録をプレインズウォーカー・ポイントのページで確認し、参加したイベントが記録されているかご確認ください。参加したのに記録がない場合には、その店舗のイベント担当者にお問い合わせください。その後、ログイン後のページ右下にある「審判請求フォーム」からご連絡ください。

/

 獲得したはずのポイントが間違っているなど、そのほかの理由の場合にも「審判請求フォーム」からご連絡ください。

 予選は来週末から開始されます。事前予約を開始している会場もあるので、ワールド・マジック・カップ予選特設ページにて詳細をご確認ください。

開催日開催地会場主催店舗(リンク)主催者店舗問合せ電話
4月7日 新宿区 ベルサール西新宿 カードショップ晴れる屋 メール 03-6233-9444
4月20日 大阪市 大阪商工会議所 BIG MAGIC大阪日本橋店 メール 06-6633-7338
6月1日 名古屋市 名古屋中小企業振興会館(吹上ホール) ホビーステーション名駅店 メール 052-452-8577

 ワールド・マジック・カップ予選特設ページ(外部サイト)


■リーグ戦

/

 ギルド門侵犯リーグが各地の店舗で開催中です。今回のリーグ用賞品は兵士クリーチャー・トークンです。
 リーグの内容は店舗によって様々で、通常のシールドデッキ戦で運営されているところもあれば、少ないパックで始めているところや、ブースターバトルパックでスタートするところ、スタンダードで開催しているところもあるようですので、お店にお問い合わせの上、ぜひご参加ください!
※開催期間、開催フォーマットについては店舗にご確認ください。


■今月のフライデー・ナイト・マジック

 3月のフライデー・ナイト・マジックのプロモカードは《遥か見/Farseek(M13)》!

/

 金曜夜はフライデー・ナイト・マジックに参加してプロモカードをゲットしよう!
 大会概要、実施店舗などについては以下の記事をご参照ください。
※配布枚数は店舗ごとに限りがあります。どのイベントで配布されるかは店舗にご確認ください。

 フライデー・ナイト・マジック


■5月のフライデー・ナイト・マジックと発売記念ウィークエンド

/

 5月のフライデー・ナイト・マジックの申し込みが開始しております。
 開催をお考えのコア以上の店舗の方はウィザーズイベントレポーターにてお早めにお申し込みください。締め切りは4月7日(日)となっております。

 また、『ドラゴンの迷路』発売記念ウィークエンドの申し込みも開始しております。
 5月3日のフライデー・ナイト・マジックをウィザーズイベントレポーターで申請するだけで、その週末は特別なプロモカードを配布できるイベントになりますので、ぜひ5月3日のフライデー・ナイト・マジックの開催をご検討ください。
 配布されるプロモカードについては、発表され次第WPN通信でもお伝えしますので、今しばらくお待ちください。

 詳細につきましては「セールス配布文書」にてご確認ください。



bnr_testing.png

『ダブマリ3キル』回答発表

 前回の『ダブマリ3キル』問題の回答、ならびに解説を行います。

/

クリックで拡大します

 あくまで回答は一例です。頂いたカードの組み合わせとは異なる場合があります。
 が、キーとなるカードの組み合わせは応募していただいたものから選択しています。

 また、出題のために、土地に関しては適当に混ぜてあります。
 例えば、送られてきた答えのカードのうち、《山/Mountain》と《森/Forest》が書かれていたとしても、《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》と《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》というように変えていたりします。(もちろん、アンタップ状態で戦場に出せるかどうかは考慮済みです)

 それでは、答となる方針別に紹介しましょう。


1)二段攻撃を利用する

 《ボロスの魔除け》または《銀刃の聖騎士》を使って二段攻撃を持たせ、《巨大化》などを使ってパワーを増やして20点に届かせる、という考え方です。

 4割ほどはこの方針を使用していました。比較的簡単にパワーが増やせるので、思いついた方が多かったのだと感じます。

 その中でも、採用したのは以下の組み合わせの7枚でした。

手札:《アヴァシンの巡礼者/Avacyn's Pilgrim》、《巨大化/Giant Growth》、《踏み鳴らされる地》、《血の墓所/Blood Crypt》、《陽花弁の木立ち/Sunpetal Grove》
1枚目:《野生の抵抗/Wild Defiance》
2枚目:《ボロスの魔除け》

 パワーの値を上げるために《野生の抵抗/Wild Defiance》を使用しているところに感心しました。ちょっと前には感染デッキで使われていたので、このカードがミラディンの傷跡ブロックだと思い込んでいた自分がいます。反省。


2)《投げ飛ばし》を利用する

 二段攻撃はつまるところパワーの値ぶんのダメージを2回叩きつけることと同じですので、パワー分のダメージを与えることができる《投げ飛ばし》でも同じように考えることができます。

 ただ、3ターン目にパワー10のクリーチャーを作成するのが少し難しいので、1ターン目にクリーチャーを出し、2ターン目に攻撃し、3ターン目に攻撃+《投げ飛ばし》で20点のライフを削る作戦になります。

 採用したのは以下の組み合わせの7枚でした。

手札:《秘密を掘り下げる者》、《幽体の飛行》、《繁殖池》、《蒸気孔》、《平地/Plains》
1枚目:《投げ飛ばし》
2枚目:《殺戮角/Slaughterhorn》

 2ターン目に《投げ飛ばし》を公開して《秘密を掘り下げる者》を《昆虫の逸脱者》に変身させ、《幽体の飛行》をつけて5点、3ターン目に《殺戮角/Slaughterhorn》で強化して8点、その後《投げ飛ばし》でさらに8点、都合21点となります。


3)奇跡を使う

 ライブラリーから好きなカードを引ける、という規則ですので、自然と奇跡能力を思いつくことでしょう。上に挙げた3枚はよく使用されていました。いずれも支払うマナに対して効果があまりに大きく、替えが効かないものばかりです。

 採用したのは以下の組み合わせの7枚でした。

手札:《ドライアドの闘士/Dryad Militant》、《向こう見ずな技術/Madcap Skills》、《寺院の庭/Temple Garden》、《山/Mountain》、《根縛りの岩山》
1枚目:《ゴーア族の暴行者》
2枚目:《狩られる者の逆襲》

 2ターン目に《向こう見ずな技術/Madcap Skills》のついた《ドライアドの闘士/Dryad Militant》で5点。
 3ターン目に《狩られる者の逆襲》を奇跡で唱え、《ゴーア族の暴行者》の湧血能力を使用するとパワーは15となってぴったり20点与えられます。


4)奇跡を使った無限コンボ

 奇跡を使うのは同じですが、なんとこの条件での無限コンボが送られてきました。

手札:《円環の賢者/Gyre Sage》、《力の噴出》、《願い事/Make a Wish》、《生き返り》、《シミックのギルド門》
1枚目:《森/Forest》
2枚目:《自然の祝福/Blessings of Nature》

1ターン目:《シミックのギルド門》をプレイ。
2ターン目:《森/Forest》をプレイして、《円環の賢者/Gyre Sage》を唱える。

3ターン目:
 《自然の祝福/Blessings of Nature》を奇跡能力を用いて唱えて、《円環の賢者/Gyre Sage》の上に+1/+1カウンターを4個置く。
 残りの土地と《円環の賢者》をタップして{G}{G}{G}{G}{G}を出し、うち{G}{G}で《生き返り》を唱える。墓地の《自然の祝福/Blessings of Nature》が手札に戻る。
 残りの{G}{G}{G}から{G}を使い、《力の噴出》を唱える。《円環の賢者》の上の+1/+1カウンターが4つから5つになり、アンタップする。
 《円環の賢者》をタップして{G}{G}{G}{G}{G}を出し、《願い事/Make a Wish》を唱える(先ほど2マナ残っているので、残りは{G}{G}{G})。墓地にある《生き返り》と《力の噴出》が手札に戻る。

 後は、

  • 「《生き返り》で《願い事/Make a Wish》を手札に戻す。」
  • 「《力の噴出》で《円環の賢者》に+1/+1カウンターを置いてアンタップする。」
  • 「《円環の賢者》からマナを出して《願い事》を唱えて、《生き返り》と《力の噴出》を手札に戻す。」

 を延々と繰り返すことができるので、適当な大きさになった《円環の賢者/Gyre Sage》で攻撃し、あなたは勝利することができます。

 この回答は H.N. "kegawamatoi" さんからいただきました。 脱帽です。


5)《精神叫び/Mindshrieker》

 H.N. "おがくず" さんから送られてきた回答を参考にしました。

 ライブラリーの上にあるカードがわかっているので、《精神叫び/Mindshrieker》で落とせるカードが確定できる、という着目したところが素晴らしいです。
 《無限への突入》を落とすと+12/+12できますので、3ターン目に13点は稼げます。あと7点をうまく稼ぎましょう。

手札:《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler》、《夜の衝突/Bump in the Night》、《湿った墓/Watery Grave》、《島/Island》、《沼/Swamp》
1枚目:《精神叫び/Mindshrieker》
2枚目:《無限への突入》

 2ターン目、3ターン目は解鎖した《ラクドスの哄笑者/Rakdos Cackler》で攻撃して通算4点、最後に《夜の衝突》で3点与えて、13+4+3=20点のダメージを与えることができます。


6)《屋根職人の反乱》

 速攻を持つトークンが一気に増える《屋根職人の反乱》を使用した回答も寄せられました。その中でも、《小村の隊長》を使用した H.N. "serra" さんの回答もなかなか良かったです。

 採用した組み合わせは以下の回答でした。H.N. "akihito" さんです。

手札:《無謀な浮浪者/Reckless Waif》、《業火への突入》、《聖なる鋳造所/Sacred Foundry》、《神聖なる泉/Hallowed Fountain》、《神無き祭殿/Godless Shrine》
1枚目:《黄金夜の指揮官》
2枚目:《屋根職人の反乱》

 2ターン目に4マナ稼いで《黄金夜の指揮官》を唱えるため、《無謀な浮浪者》を使い捨てるという発想が面白いです。

 2ターン目に変身して《無慈悲な捕食者》になり、これで3点。さらに、これを生け贄にして《業火への突入/Infernal Plunge》を唱え、出たマナを使用して《黄金夜の指揮官》を唱えます。
 3ターン目に《屋根職人の反乱》を唱え、あなたの全てのクリーチャーは+3/+3の修整を受けます。
 つまり、5/5, 4/4, 4/4, 4/4 が攻撃できるので、17点。都合20点ピッタリとなります。


7)《血の座の吸血鬼》

 さて、ここまで7枚の組を6つ紹介しました。最後に残った6枚は以下のカードです。

《東屋のエルフ》
《血の座の吸血鬼》
《若き狼》
《草むした墓》
《処刑者の要塞》
《ガヴォニーの居住区》

 最後の1枚を合わせた組み合わせを送ってきたくれたのは、H.N. "ヒースと化した先輩" さんでした。全ての回答の中から、この方のみがこのカードを使用し、そして奇跡、二段攻撃、《投げ飛ばし》を使わず、純粋にパワーを20以上に上げることができるということに感動しました。

 最後の一枚は・・・

 最後の7枚の組み合わせで、どうやって勝つかは、皆さんにお任せします。


 今回はここまでです。

ライター:testing

 愛知在住のレベル 2 ジャッジ。ルールに造詣が深い氏のブログ closet belief 2 では、おもにルールにまつわる役立つコラムが掲載されることが多く、毎週金曜日に掲載される Friday Magic Quiz を毎週楽しみにしているファンも多い。
 本コラム Formal Magic Quiz は、氏のブログで連載されている Friday Magic Quiz への氏によるオマージュであることは疑いようがない。どちらも略称 FMQ としてお楽しみいただければ。



WPN からのお知らせ

 WPN プログラムならびにイベントの申請は、ウィザーズイベントレポーターから行えます。ウィザーズイベントレポーターは WPN サイトからダウンロードをお願いします。

 現在受付中の WPN プログラムについては、WPN 公式サイトに掲載されていますのでご確認ください。

 また、それぞれのイベント案内ならびにプロモーション案内は、セールス配布文書一覧から取得することができます。

 WPN プログラムの申請方法について、ご不明な点は wpnjapan@wizards.com へお気軽にご相談ください。


 WPN プログラム、各種プレミアイベントのイベント案内は以下のリンクからご覧いただけます。

 プロツアー予選など、日本国内の注目のイベントの日程はイベント情報ページでお届けしております。


 日本語のルール文書は以下のページからご覧いただけます。

 マジック総合ルールや違反処罰指針、イベント規定から、基本ルールブック、プレインズウォーカーのルールやよくある質問集などを掲載しています。


 ウェブサイトをデコレーションしたり、あるいは店頭ポップを華やかにするための画像素材の詰め合わせ、ロゴキットがダウンロードできます。

 使用許諾に同意いただいたうえで、許諾内容の範囲内で自由にご利用ください。

前の記事: 第141回:「ティーチングキャラバン」開催決定! | ウィザーズプレイネットワーク通信一覧に戻る | 次の記事: 第143回:新生活をマジックと!&ワールド・マジック・カップ予選開幕

店舗・イベント検索

  • プレインズウォーカー・ポイント
  • 壁紙ダウンロード
  • ウィザーズプレイネットワーク